【雨キャンプ対策】知っておいて損なし16のアイデアと雨キャンプ4つのメリット

公開日:2020 / 06 / 15
最終更新日:2020 / 07 / 10

ナイスキャンパー!

梅雨ですね。

雨キャンプと雨なしキャンプどちらがしたい?と聞かれたら?

そりゃ雨なしキャンプですよね。

私も雨なしキャンプに一票です。

なぜなら雨のキャンプは大変だから。

雨が降ればいつもより準備が必要で手間も掛かります。キャンプ中も濡れないように気を遣うし、外にだって気軽には出れません。

そして何よりも大変なのが撤収時と帰宅後。雨の中の撤収もさることながら、家に帰ってテントやキャンプ用品を干したり拭いたりしてカビやサビを発生させないようにしなければなりません。

キャンプ好きの立場から贔屓目に言っても、やっぱり雨なしのほうがいいのです。

だからお世辞にも“雨キャンプも楽しいですよー”とは言えません。

それでも、やっぱりキャンプが好きでキャンプに行きたい!とか、何か月も前から楽しみにしてたんだ!とかあるじゃないですか。

そんな人には、雨キャンプの大変さを少しでも軽減する雨キャンプ対策のアイデアをリストアップしてみました。

そして雨キャンプはすべてが嫌なことばかりではありません。雨キャンプならではのメリットも合わせて紹介します。

雨キャンプの大変さを少しでも軽減するアイデア

・オートキャンプ場を利用する

車が横付けできるオートキャンプ場なら、雨でも荷卸しや積込が簡単。いざという時も車に逃げ込めるので、オートキャンプ場がおすすめです。

・木の多いオートキャンプ場を選ぶ

木は自然が与えてくれた傘。木の下にテントを張ったりタープを張ったりすれば、雨の影響を最小限に抑えることができます。

・一番高い場所にテントやタープを張る

水は高いところから低いところに流れ込みますので、キャンプサイトの中で一番高くなっている場所にテントやタープを張りましょう。

・設営が簡単なテントやタープを持って行く

設営に時間の掛かるテントやタープは、雨の中で作業する時間も増えます。雨ならばシンプルな構造のドーム型テントや自立式で開くタイプのタープなど、設営撤収が簡単なものをチョイスしましょう。

・まずはタープを張る

タープを先に張る理由は、車から出した荷物を置く場所の確保と、雨宿りできる場所を作ることです。効率的に雨の影響を最小限に抑えながら設営することができます。

・テントやタープをレンタルに切り替える

撤収後のことを考えると思い切ってテントやタープをレンタルに切り替えるのも負担を軽減するアイデア。自宅に帰ってからのメンテナンスの手間とレンタル費用を天秤にかけて、判断してみてください。

・ペグは長めをチョイス

雨で地面がぬかるんだ場合、短いペグではテントやタープをしっかりと支えられない可能性があります。そんな時のために、30cm以上の鋳造ペグを何本か持っておくと安心です。

・ブルーシートはテントの中に

え?テントの外でしょと思うかもしれませんが、雨が多い時はテントの中にブルーシートを敷きます。テントの下にブルーシートを置くと、そこに雨水が流れ込み水溜まりになる可能性があります。こうなると、雨水の逃げ場がなくなりテントの中に水が浸透する可能性が高くなります。テントの中に敷いて、地面からの湿気を防ぐのが正解です。

・カッパなど両手が使える雨具をちゃんと用意する

雨の日の設営は時間との勝負。手早く設営するために両手が使えるカッパなどの雨具を用意しましょう。

・防水性のある靴かサンダルを用意する

足元の防水性はとても大事。長靴を用意するか防水性の高い靴が理想ですが、いっそのこと濡れても気にならないサンダルという手もあります。

・着替えは多めに用意する

子ども達は遊びの天才。雨を楽しんだ後は汚れたり濡れたりした服が残ります。お子さんがいるファミリーキャンプの場合には着替えは多めが必須です。

・地面に荷物を置かない工夫

雨の日に地面にブルーシートを敷いても、雨の跳ね返りなどが気になり荷物を置くのにはちょっと抵抗があります。そんな時はコットやベンチタイプの椅子がおすすめ。雨水の跳ね返りも気にせず一時的な荷物の逃げ場として重宝します。

・いらなくなったタオルなどわりとたくさん持って行く

ドロドロになったチェアやテーブルの脚を拭いたり、とにかく汚れを拭き取るのに重宝します。使った後はそのままポイ!これで車が汚れるのを防ぐことができます。

・大きいゴミ袋を多めに持って行く

大きいゴミ袋は絶対に持って行くべきアイテムの一つです。雨を避けるためのカバーになったり、濡れたテントや衣類を入れたりと、アイデア次第でいろいろ助けてくれます。

・天気予報をこまめにチェック

天気予報のアプリを活用して、当日の天気をチェックしておきましょう。最近の天気予報アプリは雨雲の流れをリアルタイムで確認できます。雨の合間を探したり、設営・撤収しやすいタイミングを見極めましょう。

・キャンプ飯は家で下準備を済ませておく

雨だとキャンプサイトと炊事場を行き来するのも大変。ご飯の下準備は家で済ませるのが負担軽減になります。

雨キャンプのメリット

ネガティブばかりではない!雨キャンプにはこんなメリットもあります。

・人気のキャンプ場に行くチャンス

人気のキャンプ場は予約開始数分ですべて予約が埋まるほど。普段はなかなか予約できない人気キャンプ場も雨だと急遽キャンセルが出て空きがあるかもしれません。

・キャンプ場がいつもに比べて空いているかも

キャンプ場に行ってみたら広々快適!雨で急遽キャンセルが入りキャンプ場を広々使えたり、いつもより気兼ねなく楽しめたりするかもしれません。

・虫が圧倒的に少ない

蚊やブヨなどキャンプに付き物の羽がある虫たち。雨にはめっぽう弱く、ほとんど活動していません。虫嫌いは、雨キャンが意外といいかも。

・暑さが和らぐ

日差しが少しでもあると、テント内はすぐに暑くなりますが、雨ならば日中でもテント内は暑くなりません。

雨でもキャンプしたーい!

梅雨は降る。梅雨なので降りますよ雨は。この時期は雨の降らないキャンプを願ってもなかなか思い通りにはいきません。

だけどキャンプは諦めたくない!という方は参考にしてみてください。

そしてキャンプは無理して行うものでもありません。自然が相手のキャンプですから安全を最優先に楽しんでくださいね。

ナイスキャンプマン

消しゴムはんこキャンパーPIRIHANKOの作品から飛び出したキャンプを愛する妖精。

2018年4月に青川峡キャンピングパークで発見され楽しいキャンプを未来へツナグために、
キャンプ場やイベントに出没してナイスキャンパーを育成中。

ナイスキャンプマンの記事一覧