【snow peak 2020年新商品まとめ】人気テントの進化版や新作が目白押し

公開日:2020 / 03 / 28
最終更新日:2020 / 04 / 13

上質で、洗練されたデザインと機能性が人気なsnow peak(スノーピーク)。
ロングセラーの定番テントからキッチンツールまで、2020年も新作や進化したギアが目白押しです。
簡単にまとめたので、一気に見ていきましょう。

進化したランドブリーズ Pro.シリーズ

snow peakのテントの中でも、長年愛されて続けているランドブリーズシリーズ。アウトドアらしいフォルムと機能性を兼ね備えた同モデルがさらに進化して登場。

サイズは全部で3種類で、キャンプスタイルによって選ぶことが出来ます。

ランドブリーズPro.1


伝統的なうお座型デザインの1~2人用のテント。耐風性に優れており、4シーズン通して使用できるソロキャンプにも心強いモデルです。

snow peakらしいカラーリングで、ファンには嬉しい設計です。

重量:6.1kg
本体サイズ:240×265×140cm

ランドブリーズPro.3

3人~4人用の汎用性に優れたランドブリーズPro.3。前室と寝室のバランスがよく、少人数でのキャンプで重宝するテントです。

仕組みもシンプルで、悪天候化でも所要時間少なく、設営できるのもグッドポイント。

重量:9.2kg
本体サイズ:430×260×155cm

ランドブリーズPro4

4人~6人用のドーム型モデル。ファミリーキャンプに最適なデザインで、サイズが大型なものの使い勝手に優れています。

前室がしっかりと確保されているので、プライベート感を保ちながら、広々として室内を満喫できます。

重量:11.9kg
本体サイズ:510×325×175cm

ミニッツドーム Pro.air 1

ソロキャンパーに嬉しい「軽さ・簡単さ・快適さ」の三拍子が備わったテント。

重量が4kg未満にも関わらず、全室がしっかりと確保されており、キャンプのお供としての機能性は抜群。インナーテントは吊り下げ式で、設営時間が短いのもポイントです。

重量:2.95kg
本体サイズ:230×235×116cm

焚き火台SR

焚き火と調理を同時に楽しめるソロキャンプ用の焚き火台。

設置が簡単なだけではなく、上部のブリッジにグリルプレートを置くことが可能で、焚き火を眺めながら料理もできる一台二役の優れもの。

スポットほおずき

個性的なフォルムと風になびく姿が可愛いLEDランタンほおずき。そんな同シリーズにスポットライト機能が追加されたモデルが新登場。

手元を照らしたい時や、ピンポイントで明かりを向けたいときに活躍するランタンです。

1 / 5

LANTERN編集部

キャンプの楽しさを伝えるLANTERN編集部です。
旬な情報からキャンプスタイルまで、キャンプに役立つ情報を幅広く発信します!

LANTERN編集部の記事一覧