「白馬つがいけWOW!」大解剖!巨大な三層構造ネット(網)型アドベンチャー「アミダス」ほか国内初登場アクティビティに注目

公開日:2019 / 11 / 01
最終更新日:2019 / 11 / 01

白馬エリア(長野県小谷村)の注目アウトドアアクティビティ「Xtrem Aventures 白馬つがいけWOW!」を、LANTERN編集部が取材。

フランス生まれ・国内初登場のアドベンチャー施設の魅力をたっぷり紹介します。

夏も冬も楽しめる!白馬の注目アドベンチャー施設

「Xtrem Aventures 白馬つがいけWOW!」は、栂池高原スキー場内に、2018年夏に登場したばかりのアドベンチャー施設です。

栂池高原は、ウインターシーズンはスキー場として、グリーンシーズンは、国内有数の高層湿原「栂池自然園」散策や、白馬乗鞍岳を始めとする北アルプストレッキングの拠点として賑わっていますが、新たに魅力的なスポットが登場しました。

白馬・小谷村「栂池自然園」園内の絶景&見どころ、アクセス方法、持ち物、注意点 徹底ガイド

春〜秋は栂池高原の気持ちのよい自然の中で身体を動かせるほか、スキー場として賑わう冬も営業しており、スノーアクティビティが限定登場するなど、1年を通して楽しむことができます。

白馬エリアには、LANTERNが企画・運営をサポートする「雨飾高原キャンプ場」をはじめ、白馬村や青木湖周辺などに、たくさんの自然豊かなキャンプ場があり、キャンプと組み合わせて遊びに行くのもおすすめです。

最大の目玉!三層構造のネット型アドベンチャー「アミダス」

様々なアクティビティがあり、季節によっても楽しみが変わる「Xtrem Aventures 白馬つがいけWOW!」ですが、ほぼ1年を通して遊べ、なおかつ最大の目玉と言って過言ではないのが、「アミダス」です。

1階・2階・3階の三層構造になっている、巨大なネット(網)型アドベンチャーで、50種類以上の障害(遊具や仕掛け)があります。

特徴は、全面がセーフティネットで覆われているため、ハーネスなどの安全器具が必要なく、身長制限も一切ない点です。

対象年齢(本質的な楽しみを味わえる年齢)は、

  • 1層目:3歳〜7歳とその保護者
  • 2層目:8歳以上
  • 3層目:8歳〜大人

となっており、親子はもちろん、学生や大人でも、本気で楽しめる、遊びごたえのある施設になっています。

※小さな子どもも、大人同伴であれば、すべてのフロアで遊べます。

注意点の説明を受けてスタート!

アミダスは、2時間ごとの入れ替え制になっています。

受付で、同意書にサインし、料金を支払ったら、時間帯ごとに異なる色のリストバンドを受け取ります。

時間になったら、アミダスの前で、注意点などの説明を受けてから、スタートです。

入り口は、1層・2層・3層でそれぞれ別になっており、目的の階を決めてから登っていきます。

足場のネットは非常に弾力性があり、体重のある大人のほうが、より大きく沈み込み、揺れます。

タイミングよく踏みしめて、上半身もしっかり使って登っていきますが、3層目ともなるとかなりの高さなので、登るだけでも息が切れます。

1層目:親子でも楽しめる!でも侮るなかれ

1層目は、対象年齢が「3歳〜7歳とその保護者」となっているとおり、比較的に難易度も低く、小学校入学前の幼児でも、気軽にチャレンジできる仕掛けが中心です。

とはいえ、公園にある遊具レベルとは、一線を画します。

最大の理由は、広大な床面がすべてネットであるため、ただ歩くだけでもバランスを取り、筋力を使わなければならない点です。

単純な仕掛けのようでも、常に体幹が鍛えられるような状態で、大人でもすべての障害をクリアして一周すると、なかなかの遊びごたえ。

2層目:難易度UP!よりクリアが楽しく

2層目の対象年齢は、8歳以上。

1層目より難易度は上がるものの、難しくてクリアできないというものではなく、よりバランスを取るのが難しくなったり、筋力を使ったりしながらクリアする障害が増えるイメージです。

もし1層目が簡単すぎると感じたら、こちらで遊ぶのがおすすめです。

3層目:巨大トランポリン!

3層目は、1層・2層とはガラッと変わり、広大なネットの広場です。

さながら、巨大トランポリンで、飛び跳ねてみたり、一抱えもある大きなボールで遊んだり、自分から転がってみたりと、思いのままに遊ぶことができます。

なお、3層目は最も高い位置にありますので、眺めも最高で、飛び跳ねる爽快感が味わえますよ。

空中10m!池の上を自転車で散歩「コギダス」

国内初登場、世界でも2例目という希少さで注目を集めているのが、地上10mの高さを、自転車で空中散歩できる「コギダス」。

池の上に張られたワイヤー片道約140mを往復できます。

スリルがあるだけでなく、白馬三山の眺めもよく、気分は爽快。

26インチ自転車に一人で乗車できることが条件になり、おおむね身長140cm以上が対象になります。

間違いなく印象に残る体験になるはずですので、ぜひチャレンジしてみてください。

高さのスリルを味わえる「トビダスタワー」

飛び降り系のアクティビティなど、高さのスリルを思う存分に味わえる、複合施設「トビダスタワー」。

5階の高さまで階段で上がり、エアチューブで巨大スライダーを滑り降りる「トビダスエア」は、スタート地点に立つと、思わず身がすくんでしまう人も少なくないでしょう。

加速をつけて大ジャンプすると、まるで空を飛んでいるような浮遊感。

着地するのは、大きなエアバッグの上です。

「トビダスタワー」側面には「カベダス」があり、ボルダリングの壁のぼり競争「バトルクライム」に挑戦できます。

かなりの高さがありますが、ハーネス着用のため、たとえ手足が滑ってしまっても安心です。

ホールドの間隔は、大人向けに設置されているので、小学校低学年くらいの子どもでは、まだ少し登りにくいケースがあるかもしれません。

むしろ、大人同士で本気の対決が楽しめます。かなり盛り上がりますよ!

季節によって変わるアクティビティの数々!

その他、「Xtrem Aventures 白馬つがいけWOW!」は季節によって様々なアクティビティが登場します。

たとえば夏は、水上アスレチック「ポチャダス」。

池に浮かぶ巨大フロートの上で、飛んだり跳ねたり、バランスを取りながら派手に遊べます。

冬は、「白馬つがいけ SNOW WOW!」と題して、「スノーチュービング」や「スノーレーサー」など、雪上ならではのアクティビティが出現。

ぜひ訪れる前に、今はどんなアクティビティで遊べるのか、ホームページでチェックしてくださいね。

Xtrem Aventures 白馬つがいけWOW!

長野県北安曇郡小谷村 MAP

オフィシャルサイト:https://hakubawow.jp

寄金 佳一

フリーランス。「LANTERN(ランタン)」企画編集ディレクター。

自身でもキャンプ&アウトドア事業を手がけるほか、「asobi基地・関東 アウトドア部」代表など、親子向けのアウトドア活動を様々に展開する。親子キャンプ&アウトドア引率のべ約1,000名。

寄金 佳一の記事一覧