“お肉と塩胡椒だけ” 本物ジャーキー「JQ」を山に持って行ってみた

公開日:2019 / 06 / 07

ビーフジャーキーが「山でインスタ映え」って、なんかすごい。

お肉と塩胡椒だけで作られ、素材の旨味に徹底的にこだわった、本当に美味しいジャーキー「JQ -High Quality jerky-」。

「ジャーキー = おつまみ」という固定観念に縛られず、キャンプやトレッキングなどアウトドアシーンにもマッチする逸品を、実際に山に持っていって、実食レビュー。

ビーフジャーキー

グラスフェッドビーフと、塩胡椒だけで作られた、ビーフジャーキー。

調味料や、代用油脂、増粘剤等は一切使わず、素材の旨味だけで勝負します。

驚きなのは、その食感。

かじると、確かな歯ごたえとともに、かすかに「サクッ」と音がするんです。

余計な味はまったくせず、噛めば噛むほど、お肉本来の旨味がにじみ出てきます。

つまりお肉の鰹節

ビーフジャーキーの固定観念を覆す食感&味に、なんと表現すればいいのだろう、としばし考え込んだのですが、私の娘(小学4年生)が答をくれました。

「あーこれは鰹節(かつおぶし)だね。お肉の。」

そう!まさにそう!!

鰹節のかたまりを、鰹節削り器で削って食べると、うまいんですよね。

もちろん、風味こそまったく違いますが、ナチュラルな旨味を味わうスナック、という視点では、とてもよく似ている、と感じます。

チキンジャーキー

宮崎県産の鶏のムネ肉で作られた、チキンジャーキー。

おもしろいもので、ビーフジャーキーとは、食感も、味も、まったく違います。

歯ごたえは、ビーフよりも優しめ。

噛むと、口の中でほぐれていく感覚があり、同時に肉の旨味が染み出してきます。

また、鳥ムネ肉ですので、基本的には脂肪は少ないのですが、たまに周辺等に脂を感じられる部分が残っていることがあり、これがとてもジューシー。

よいアクセントになっています。

やはりチキンジャーキーも、文句なしにうまい。

トレッキングで分かった3つの事実

「ジャーキー = おつまみという概念を変えます。」とうたう、「JQ -High Quality jerky-」。

低脂肪・高タンパク、ミネラル成分も豊富で、栄養補給食品にも……ということで、さっそく愛鷹山(越前岳)トレッキングに持っていってみました。

標高1,504mの愛鷹山(越前岳)は、2時間ほどで登れる山ですが、高低差が約600mとそこそこあるため、山頂に到着すると、心地よい疲労感。

1. お洒落でワクワクする

なんと言っても、パッケージがお洒落。

ザックから取り出すだけで、ワクワクしちゃいます。

まさかこの中にビーフジャーキーが入っているなんて、初見では、夢にも思いませんよね。

2. ジャーキーなのにインスタ映えする

「JQ -High Quality jerky-」は、山々を見渡せる山頂からの素晴らしい景色に、映えます。

インスタ映えするジャーキーなんて、史上初では?

3. 美味しい&少量でも満足感が高い

実際に食べてみると、運動の直後ということもあって、ほどよい塩胡椒を身体が求めているのがわかります。

味が美味しいのはもちろんのこと、噛む回数が多くなるため(旨味がジュワー)、少量でも、満足感の高い食事ができた実感がありました。

糖質制限にも!

アクティブなアウトドアシーンの行動食というと、おにぎりを始めとする炭水化物が常識。

ですが、筋力トレーニングの観点からは、タンパク質も摂取したいですし、運動の際には、ミネラル補給も重要です。

栄養補給でき、手軽に食べられる「JQ -High Quality jerky-」は、とてもよい選択肢だと感じます。

また近年、糖質制限の考え方が一般的になり、(ダイエット目的でなく)ローカーボで運動やスポーツができるように、体づくりをする人も、増えてきた印象があります。

私もその一人ですが、低糖質食の選択肢の少なさは、本当に困るんです。

手軽に食べられるパッケージのものは特に!

「JQ -High Quality jerky-」とは、よいお友達になれそうです。

 

JQ -High Quality jerky-

2 packs set

  • GRASS-FED BEEF: 45g
  • Chicken BREAST: 45g

¥1,880- 税込、送料無料

購入 : オンラインショップ

寄金 佳一

フリーランス。「LANTERN(ランタン)」企画編集ディレクター。

自身でもキャンプ&アウトドア事業を手がけるほか、「asobi基地・関東 アウトドア部」代表など、親子向けのアウトドア活動を様々に展開する。親子キャンプ&アウトドア引率のべ約1,000名。

寄金 佳一の記事一覧