波の音が聞こえる森の中のキャンプ場「表浜ほうべの森キャンプ場」太平洋から昇る朝日ときれいな星空に感動

公開日:2022 / 01 / 05
最終更新日:2022 / 03 / 07

海沿いの切り立った崖の上、海抜50mの森の中に「表浜ほうべの森キャンプ場」はひっそりと佇んでいます。

表浜ほうべの森キャンプ場があるのは、愛知県田原市の太平洋に面した谷ノ口海岸のすぐ近くの崖の上。


心地よい波の音や海岸線から昇る朝日を見たり、照葉樹からこぼれる木漏れ日や緑の芝生、満天の星空などあらゆる自然を楽しめるキャンプ場です。

そんな「表浜ほうべの森キャンプ場」をご紹介します。

いろんなロケーションを楽しめるフリーサイト


キャンプ場内は、すべてフリーサイト。

キャンプ場の中央には芝生がきれいなサイトが広がります。


キャンプ場の奥にも芝生のフリーサイトスペースがあります。


海沿いは林間サイトになっています。


木々の中にひっそりと佇むキャンプサイトは秘密基地のようです。


林間サイトの一部から海が見える高台があり、この場所は一番の人気スポットです。この高台から朝日を見ることもできます。


天気が良ければ満天の星空に出会うこともできます。

利用方法・設備紹介

まずは電話かFAXで予約をします。
【電話】0531-24-8901(9時~17時)
【FAX】0531-24-8902

キャンプ場に到着したら、管理棟でチェックインを行います。

サイト使用料は4m×4mを1区画として2,000円。大型2ルームテントや、テントとタープを使用する場合は、2区画分必要となり4,000円。さらに、土日祝など曜日やシーズンによって料金は変わらないのでとてもリーズナブル。デイキャンプに関しても費用は同じです。

サイトへ直接車の乗り入れはできません。駐車場から荷物を運びます。
リヤカーが置いてあり自由に使うことができます。平坦なので荷物の運搬も苦にはなりません。


シャワー室
1回3分100円のコインシャワーが男女各3台あります。利用は24時間使用が可能です。


トイレ
男女用の各トイレがあり、とてもきれいです。多目的トイレもあり、おむつ交換代やベビーチェア付きなのは小さなお子様連れにはうれしいポイントですね。


炊事棟
炊事棟は場内に1つあります。大型シンクに蛇口もついていて、ステンレス製の調理台もあります。
シンクの向かいには炉(利用料700円)もありますので、調理や炭起こしも可能です。


そのほかに、ピザ窯やかまど、コイン湯販売機などの設備もあります。


また、レンタルコミュニティー施設として、会議室や多目的ホール、研修棟などが併設されており、イベントや研修などで利用することも可能です。

詳しくはホームページでご確認ください。

その他注意・禁止事項を確認

・ゴミはすべて持ち帰りです。
・直火はNG。焚き火台を必ず使用しましょう。
・21時以降はサイレントタイムです。
・オートキャンプは禁止です。
・キャンプ場内は禁煙です。
・ペットの同伴はできません。(盲導犬、介助犬を除く)
・使用したサイトは、必ず原状回復してください。
・管理事務所は17:00~翌9:00までは不在です。

表浜ほうべの森キャンプ場 詳細

所在地:〒441-3424 愛知県田原市南神戸町南中島1 MAP
電話番号:0531-24-8901
営業期間:通年営業
受付時間:9:00~17:00
定休日:毎週月曜日(休日の場合は翌平日。ただし、7月の第3月曜日に当たる海の日から8月末日までの月曜日は営業します。)年末年始(12月28日~1月4日)
チェックイン:13:00~16:30
チェックアウト:~11:00
デイキャンプ:9:00~16:00
料金:1泊1サイト2,000円(※1サイトは4m×4m)
ホームページ:http://yanokuchikouen.com/

表浜ほうべの森キャンプ場に行くなら寄りたいスポット


表浜ほうべの森キャンプ場から太平洋沿いの道を西へ車で約15分のところにある「道の駅あかばねロコステーション」。全国でも珍しいサーフショップのある道の駅としても有名です。

というものここ赤羽根はサーフィンのメッカとして知られる太平洋ロングビーチに隣接する道の駅です。

生産量日本一、花の名産地として知られる田原の花々がたくさん並び、新鮮な果物や野菜も豊富に取り揃えられ海の幸を堪能することもできる道の駅です。

フルーツパラダイスマルカ農園


田原市の特産品メロンやいちごが産地直送で並ぶマルカ農園さん。


5月から夏場にかけてはメロンがお手頃価格で並び、冬から春にかけてはいちごが産地直送で店頭に並びます。


完熟メロンだけを使った生メロンジュースは、メロンの旨味と甘みをしっかりと感じられる1杯。絶品です。


フルーツだけでなく、契約農家さんから産地直送でおいしい野菜や珍しい野菜なども並びます。

釜揚げしらすの長栄


道の駅の目の前の太平洋で水揚げされたしらすは、道の駅のすぐ横にある赤羽根港に到着するとすぐさま釜で炊かれて店頭へ。

これだけ新鮮なしらすを購入できるのは、ここ道の駅あかばねロコステーション内の長栄さんだけ。


店員さんおすすめの食べ方は、炊き立てご飯に釜揚げしらすを山盛りにして刻んだ大葉をのせるシンプルなもの。しらすのうまさが引き立つ食べ方だそうです。


早速キャンプで作ってみました。メスティンでお米を炊き、釜揚げしらすを山盛りにして最後に刻んだ大葉をのせて完成!
こんなにふわふわしているしらすは今まで食べたことがありません。おいしい!

そのほかにもしらすを使った加工食品が多数あります。


しらすをアヒージョにした「今日は何にしらす?」。ガーリック、あおさ、大葉と3種類の味付けで、瓶詰になっているので、キャンプにピッタリです。


ビンの底を見るとしらすがたっぷり入っています。


これも早速作ってみました。焚き火で炙ったバゲットにガーリックの今日は何にしらす?をのせてみました!
これもうまい!瓶詰で手軽に食べられるのはありですね!

道の駅でレンタル自転車


あかばねロコステーションにはレンタル自転車もあります。
電動自転車で1時間500円ととってもリーズナブル。

目の前に広がるのは太平洋とくれば、海沿いをツーリングしないわけにはいきません。


早速自転車をレンタルして海岸線へLET’S GO!


サイクリングロードを発見!


どこまでも広がるビーチと太平洋!


波の音と見渡す限りの海。日常の悩みやストレスも吹っ飛ぶくらい気持ちのいい場所です。


高台を見つけました。ビーチ沿いもいいですが、上から見下ろす海岸線もじつに素晴らしい。最高のリフレッシュができました!

キャンプ場の近くには必ず何かしら楽しめるスポットがあります。キャンプ場を目的地として楽しむだけでなく、近隣の施設などを検索してキャンプの楽しみにプラスすれば、もっと思い出深くて楽しいキャンプになることでしょう。

次のキャンプは近隣の地域を検索して、必ずどこかに寄り道してキャンプに行くって決めてみてもいいかもしれませんね。

道の駅 あかばねロコステーション 詳細

所在地:〒441-3502 愛知県田原市赤羽根町大西32-4 MAP
電話番号:0531-45-5088
営業時間:9:00~18:00
定休日:年中無休
駐車場:バス3台、乗用車57台、身障者用2台
ホームページ:https://tahara-michinoeki.com/akabane

おすすめ記事

LANTERN編集部

キャンプの楽しさを伝えるLANTERN編集部です。
旬な情報からキャンプスタイルまで、キャンプに役立つ情報を幅広く発信します!

LANTERN編集部の記事一覧