【福島県天栄村】都心から約2時間半「羽鳥湖畔オートキャンプ場」体験レポート

公開日:2019 / 10 / 19
最終更新日:2019 / 10 / 22

静かで豊かな自然が広がる福島県天栄村。

プライベート感のある区画サイトや、湖の外周を囲むサイクリングロードなど、ゆったりとした時間を楽しめる「羽鳥湖畔オートキャンプ場」をレポートします。

都心から約2時間半、安定感のある福島県の穴場キャンプ場


都心から約2時間半、自然豊かな羽鳥湖の湖畔にあるキャンプ場です。

このキャンプ場は市街地から遠く、高速道路を降りてからもしばらく山の中を走るため、キャンプ場付近は静かで落ち着いた雰囲気があります。


今回、このキャンプ場に実際に宿泊して感じたのが、その安定感。

あっと驚くようなアクティビティや豪華なグランピング施設はありませんが、中規模程度の規画と綺麗に区画分けされたサイトや水回り、目の前に広がる羽鳥湖など、キャンプ場に求められるポイントをしっかりと押さえています。

プライベート感のある区画

羽鳥湖畔オートキャンプ場には、40区画のオートサイト、5区画の電源サイト、フリーサイト、3棟のコテージが完備されています。

どのサイトも綺麗に清掃されており、キャンパーが気持ちよく利用できるよう気配りがされています。


それぞれの区画サイトには段差と生垣があり、プライベート感が保たれているのも大きな特徴。


フリーサイトでは自由にテントを張ることができるものの、それぞれの位置に番号が割り当てられています。

これにより他のキャンパーと一定の距離感を保って、自分のサイトを利用できます。

1 / 2

翻訳アウトドアライター KON

アウトドア派な翻訳ライター。留学先で訪れたカリフォルニアでキャンプに目覚める。
学生時代から万年金欠。格安キャンプ術を考えることが趣味。

海外経験を活かしたアウトドア情報や金欠キャンパーに向けた情報を発信中。

twitter:@KON_camp

近藤 巧の記事一覧