【SOTO 2022年新製品情報】大人気テーブルランタン「Hinoto」が専用ケース付に! 折りたためるホットサンドメーカーも新登場

公開日:2021 / 11 / 21
最終更新日:2021 / 12 / 06

SOTO 2022新製品情報

SOTO(新富士バーナー)の2022年新製品内覧会が開催され、来年発売される新商品が明らかになりました。

人気のレギュレーターストーブには兄弟モデルとなる新作が登場し、入手困難となっているテーブルランタン「Hinoto(ひのと)」は単体販売から専用ケースが付いたセット販売に切り替わり、安定感を高めてくれるオプションも発売されます。

折りたためる携行に便利なホットサンドメーカーも登場するSOTOの2022年新製品情報を、発売予定日と合わせてご紹介します。
※1.ご紹介する2022年の新製品は、デザインやスペック、価格、発売予定日が変更になる可能性があります。
※2.発売予定価格は、すべて税込み表記です。

レギュレーターストーブ Range(レンジ)

SOTO 2022新製品情報レギュレーターストーブレンジ(st-340)
従来の「レギュレーターストーブ ST-310」の兄弟モデルである「レギュレーターストーブ Range ST-340」です。

ST-310との違いは、火口部分が約Φ21mm 拡張されていること。大口径火口となったことで径が大きい調理器具も、均等に加熱できるようになりました。

画像左:新発売のST-340 画像右:ST-310

従来の ST-310 は火口中心に加熱するのに対し、新作の ST-340 はより広範囲へ、均等に加熱することができるようになっています。
SOTO 2022新製品情報レギュレーターストーブレンジとミニマルワークトップ
サイズは変わらないので、ミニマルワークトップなど ST-310 のオプションのほとんどと互換性があります。一方で火力は従来モデルからアップし、点火アシストレバーが標準搭載となっています。

「レギュレーターストーブ Range」は、ソロだけでなくデュオやファミリーキャンプにも使えるので、キャンプの幅を広げてくれるガスバーナーです。

「レギュレーターストーブ Range ST-340」製品情報

・発売予定価格:8,800円
・発売予定日:2022年4月15日
・サイズ
使用時:約幅166×奥行142×高さ110mm
収納時:約幅140×奥行70×高さ110mm
・重量:360g(暫定)
・使用時間:約1.4時間

マイクロレギュレーターストーブ FUSION Trek(フュージョントレック)

SOTO 2022新製品情報マイクロレギュレーターストーブフュージョントレック
シングルバーナー「マイクロレギュレーターストーブ FUSION Trek SOD-330」」のアップデートモデル、「マイクロレギュレーターストーブ FUSION Trek SOD-331」も登場します。

従来モデルでは、3つのノズルからガスを噴射するトリプルジェットが採用されていましたが、アップデートモデルの「SOD-331」ではシングルジェットになりました。

この変更は大鍋や冬山での使用を考慮したためで、シングルジェットへのアップデートにより、耐風性能、重量はそのままに火力アップを実現しています。

2021年内の発売予定となっています。

「マイクロレギュレーターストーブ FUSION Trek SOD-331」製品情報

・発売予定価格:9,900円
・発売予定日:2021年12月21日
・サイズ
使用時:約幅430×奥行140×高さ100mm
収納時:約幅110×奥行60×高さ100mm
・重量:約182g
・発熱量:3,000kcal/h

Hinoto(ひのと)

SOTO 2022新製品情報 hinoto セット
2021年に登場した大人気のテーブルランタン「Hinoto」。これまでは単体での販売でしたが、2022年から専用の収納ケースが付いたセット販売へ切り替わります。

移動時の衝撃からHinoto 本体を守ってくれることに加え、別売のHinoto 専用のスタビライザーや充てん式フィルアダプターと一緒に持ち運ぶことができるようになりました。なお、専用ケースのみを購入することもできます。
SOTO 2022新製品情報 hinoto スタビライザー
Hinoto では、専用のスタビライザーも新たに登場します。円柱型でデザイン性の高いHinoto ですが、その形状ゆえに転倒の不安がありました。

その不安を解消するために生まれたのがスタビライザーです。折りたたんでコンパクトになり、収納ケースに同梱できるので、保管場所に困ることもありません。

「Hinoto SOD-260」製品情報

・発売予定価格:8,500円
・発売予定日:2022年4月15日

「Hinoto 収納ケース SOD-2601」製品情報

・発売予定価格:2,000円
・発売予定日:2022年4月15日
・サイズ:約幅205×奥行55×高さ50mm
・重量:90g(予定)

「Hinoto スタビライザー SOD-2602」製品情報

・発売予定価格:2,000円
・発売予定日:2022年4月15日
・サイズ
使用時:約Φ115×高さ23mm
収納時:約幅70×奥行15×高さ15mm
・重量:16g(予定)

ミニマルグリル

SOTO 2022新製品情報 ミニマルグリル
2022年に登場する「ミニマルグリル」は、ミニマルワークトップ専用に開発された鉄板。鉄板が焦げ付いていて食材がはがれない…、シーズニングが簡単にはがれる…、使用後はきれいに洗って片づけたい…。そんな鉄板に対する悩みを解決してくれる「鉄板界の革命児」です。

鉄板の表面は、縞模様の凹凸になっているので食材がくっつきにくくなり、特殊加工とカーボンが油分と密着するため、中性洗剤で洗ってもシーズニングがはがれにくくなっています。使用後は金タワシや金属ヘラでこすっても問題ないので、先に挙げた鉄板の悩みを解決してくれます。
SOTO 2022新製品情報 ミニマルグリル
ミニマルワークトップ専用のアイテムなので、鉄板がズレるという心配もありません。鉄板は火口から距離をとる設計になっているので、調理時の火加減調整がしやすい仕様になっています。

販売時には、調理時の油受けが追加される予定です。

「ミニマルグリル ST-3100」製品情報

・発売予定価格:6,600円
・発売予定日:2022年4月15日
・サイズ(鉄板単体):約幅150×奥行135×高さ8mm
・重量(鉄板単体):1.1kg(予定)

ミニマルホットサンドメーカー

SOTO 2022新製品情報 ミニマルホットサンドメーカー
ホットサンドメーカーは便利だけど、ハンドル部分を折りたためないから、持ち運びがちょっと…。そんな方にピッタリなのが「ミニマルホットサンドメーカー」です。

ミニマルホットサンドメーカーは、ハンドル部分を取り外さずに折りたたむことができるので、持ち運びに便利です。
SOTO 2022新製品情報 ミニマルホットサンドメーカー
熱伝導率が高い素材でフッ素樹脂コーティング加工が施されています。一般的な食パンにフィットするサイズ感で、分割して一つのフライパンとして使うこともできます。
SOTO 2022新製品情報 ミニマルホットサンドメーカー
さらにレギュレーターストーブ ST-310 とも相性が良く、ズレ、転倒を防ぎ調理がしやすい設計になっています。

「ミニマルホットサンドメーカー ST-952」製品情報

・発売予定価格:6,600円
・発売予定日:2022年4月15日
・サイズ
(使用時):約幅136×奥行310×高さ36mm
(収納時):約幅136×奥行173×高さ42mm
・重量:約600g

ナビゲーターフライパン

SOTO 2022新製品情報 ナビゲーターフライパン
「ナビゲーターフライパン」は、軽量のアルミフライパンです。別売りの使い分け自在のクッカーセット「ナビゲーター クックシステム SOD-501」にスタッキングできるのが最大のポイント。
SOTO 2022新製品情報 ナビゲーターフライパン
素材は軽く、熱伝導率の高いアルミニウム製。リフターは含まれていないので、別売りのトングにもなる「デュオハンドル SOD-50001」と一緒に使用してください。

「ナビゲーターフライパン SOD-503-18」製品情報

・発売予定価格:2,000円
・発売予定日:2022年4月15日
・サイズ:約Φ190×高さ25mm
・重量:約110g

エアロボトル 200/300

SOTO 2022新製品情報エアロボトル
超軽量のボトル「エアロボトル」、2サイズ展開です。

軽くて丈夫なチタン製のダブルウォール構造で、高い保温と保冷効果を発揮してくれます。

「エアロボトル 200(ST-AB20)/300(ST-AB30)」製品情報

・発売予定価格(200/300):8,800円/9,900円
・発売予定日:2022年4月15日
・サイズ(200/300):約Φ62×高さ168mm/約Φ62×高さ214mm
・重量(200/300):約126g/約151g
・容量(200/300):200ml/300ml

スライドガストーチもリニューアルモデルが

今回の2022年SOTO新製品内覧会では見ることができませんでしたが、名作「スライドガストーチ」が2022年秋にリニューアルされる予定です。

価格は2,600円予定で、ケースセット(4,400円)とともに発売予定となっています。
※ケースセットは2022年夏、数量限定で発売予定。

SOTO 2022年新製品、発売をお楽しみに!

「最大限のワクワクを最小限のギアに」をテーマに、開発されたSOTOの2022年新製品。既存製品の良いところはそのままに、さらに使いやすくなるようユーザーの意見を反映しアップデートされます。

Hinoto であれば収納ケース付へと切り替わり、持ち運びに便利になりスタビライザーで安定感を高められるようになり、レギュレーターストーブは改良に加えて、より幅広いキャンプスタイルに対応できるように進化します。他の新作も、発売時までにさらに改良が加えられる可能性があります。

どのような最終形となって送り出されるのか、来年の発売がますます楽しみになりますね。

おすすめ記事

LANTERN編集部

キャンプの楽しさを伝えるLANTERN編集部です。
旬な情報からキャンプスタイルまで、キャンプに役立つ情報を幅広く発信します!

LANTERN編集部の記事一覧