働き方の新しい形「ワーケーション」とは?家族みんなでしてみませんか~妙高戸隠連山国立公園~

公開日:2020 / 06 / 28
最終更新日:2020 / 07 / 08

火打山

「ワーケーション」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。「ワーク(仕事)」と「バケーション(休暇)」を組み合わせた造語で、リゾート地などで仕事をしながら、休暇を取得する仕組みです。働き方改革の一つとして登場し、JALが導入したことで話題になりました。

仕事はオフィスでという人も多いでしょう。せっかくの休暇、仕事を忘れてリフレッシュしたいという人も多いでしょう。でも、少し想像してみませんか。

家族と一緒にリゾート地へ、テレワーク環境の整ったキャンプ場へ。子供は日中、現地で体験教室やアクティビティに参加し、自然を満喫。その間に、大人は仕事に集中。人が少なく、空いている平日に、自然の中で。仕事を終え、子供と合流したら、焚き火を囲んでの夕食タイム。星空の下で大人も子供も楽しみながら…。

日常的な仕事に非日常の休暇を組み合わせた、働き方の新しい形。そんな「ワーケーション」が今、新型コロナウイルス対策の一つとして、地方創生の一つとして、期待されています。

国立公園内にあるキャンプ場など、感染リスクが低い環境でリフレッシュし、クリエイティブな仕事をする場として、注目されているのです。

妙高戸隠連山国立公園

いもり池
妙高戸隠連山国立公園は、平成27年3月に誕生した比較的新しい国立公園です。新潟県と長野県の県境にあり、糸魚川市・妙高市・長野市・小谷村・信濃町・飯綱町と2県6市町村にまたがっています。

初心者から上級者まで楽しめる名峰があり、登山者に人気でお馴染みのエリアです。戸隠富士とも呼ばれる高妻山、雪形「跳ね馬」が春の風物詩となっている妙高山や、紅葉の名所として有名な鎌池がある雨飾山は、日本百名山にも含まれています。
妙高高原スカイケーブル
春から秋は登山、自然体験、紅葉、冬はスキー。温泉を求め年間を通して多くの旅行者が訪れます。都内からのアクセスも良く、パウダースノーを求める外国人観光客にも人気のエリアです。
妙高高原のパウダースノー

おすすめのキャンプ場

笹ヶ峰キャンプ場

笹ヶ峰キャンプ場
笹ヶ峰キャンプ場は、キャンプ初心者の方にオススメのキャンプ場です。「手ぶらでキャンプパック」があり、必要なものはすべてそろっています。初めてのキャンプ、初めてのワーケーションにオススメです。

子供達には昼間の沢遊びが人気。体験プログラムも用意されています。昼間にホテル内で仕事をした後、夜は標高1300mの高原ならではの満点の星空が待っています。

施設紹介
公式サイト:https://www.qkamura.or.jp/myoukou/camp//
新潟県妙高市杉野沢3178-5 ▶MAP
問合せ先:0255-82-3168
設備
Wi-Fi(館内のみ) / 電源付サイト / レンタル / シャワー / ゴミ捨て場 / ランドリー / 自動販売機 / 炊事棟

戸隠キャンプ場

戸隠キャンプ場
戸隠キャンプ場は、長野県の標高1200mの高原にあります。広く開放的なサイトが人気で、コテージやキャビンに宿泊することもできます。

動物広場があり戸隠牧場が併設されていて、子供も飽きずに自然を満喫できます。パワースポットとして全国的に人気のある戸隠神社へも、キャンプ場から遊歩道がありハイキング感覚でアクセスできます。

施設紹介
公式サイト:https://www.togakusi.com/camp/
長野県長野市戸隠3694 ▶MAP
設備
電源付サイト / レンタル / シャワー / ゴミ捨て場 / ランドリー / 炊事棟 / 給湯

雨飾高原キャンプ場

雨飾高原キャンプ場
雨飾高原キャンプ場は「自然の中で、自然を感じ、自然を大切にする」を、テーマとしたキャンプ場です。

「星空の見えるキャンプ場」という通り、晴れた日は満点の星空を堪能できます。

施設紹介
公式サイト:https://www.amakazari.com/
長野県北安曇郡小谷村中土18926-1 ▶MAP
問い合わせ先:0261-85-1045
設備
レンタル / シャワー / ゴミ捨て場 / ランドリー / 自動販売機 / 炊事棟

キャンプ場周辺の温泉

気軽に温泉でリフレッシュできることは、ワーケーションの大きな魅力の一つ。キャンプ場からアクセスの良い温泉をご紹介します。妙高高原温泉、小谷温泉は温泉利用の効果が十分に期待できる、国民保養温泉地に指定されています。

妙高高原温泉郷
妙高高原温泉郷の燕温泉
妙高高原温泉には、7つの温泉地があり、5つの泉質、3色の温泉が楽しめます。登山はもちろん、スキーなどの利用拠点としても利用されています。燕温泉は、上杉謙信の隠れ湯ともいわれています。
戸隠神告げ温泉戸隠神告げ温泉戸隠神告げ温泉は、戸隠地区で唯一の日帰り温泉施設です。キャンプ、スキー利用者にも親しまれています。湯上りには、名物の手打ちそばがオススメ。地元で採れる旬の野菜や果物なども購入できます。
小谷温泉
小谷温泉小谷温泉は川中島の合戦時、武田信玄の家臣に発見されたと伝えられています。1555年から万病に効く名湯として、秘境の湯治場として親しまれています。

周辺観光

休暇日は、キャンプ場の周辺観光を楽しんではいかがでしょうか。四季折々に違った魅力を見せてくれる自然、全国的にパワースポットとして有名な戸隠神社、日本列島の誕生を学べるフォッサマグナミュージアムなど、家族で楽しむことができます。

戸隠神社
戸隠神社の中社
創建以来二千年余りに及ぶ歴史を刻む全国的にも有名な神社。奥社、中社、宝光社、九頭龍社、火之御子社の五社からなります。奥社参道の500メートルにわたり続く杉並木は、圧巻の美しさです。
鎌池
雨飾高原の鎌池雨飾高原の紅葉の名所として有名です。シーズンには多くのカメラマンが絶景を求め訪れます。一周約2km、40分の遊歩道があり、美しい景色を全身で堪能しながらハイキングを楽しめます。
高谷池高谷池高谷池は、火打山の山頂手前にあります。アメリカCNNに「日本の美しい場所31選」に選ばれました。9月下旬~10月上旬がシーズンとなっていて、秋の紅葉は登山客を魅了しています。
フォッサマグナミュージアム
フォッサマグナミュージアム
フォッサマグナは、日本列島が大陸から離れたときにできた大地の裂け目のことです。フォッサマグナミュージアムには、6つの常設展示室があり、日本列島の誕生や国石のヒスイを学ぶことができます。
野尻湖ナウマンゾウ博物館
野尻湖ナウマンゾウ博物館野尻湖ナウマンゾウ博物館では、実物大のナウマンゾウやオオツノジカの復元像を目にすることができます。4万年前の野尻湖人の暮らしを学べ、石器作りの体験会なども開催されています。
苗名滝苗名滝日本の滝百選の一つに選ばれています。雪解けで水量の多い春、秋の紅葉の時期が人気です。妙高高原自然歩道のスタート/ゴール地点にもなっているので、自然探索と同時に迫力満点の名瀑を味わえます。

名物・特産品

ニホンライチョウニホンライチョウ火打山周辺に生息していて、特別天然記念物に指定されています。地球温暖化の影響や個体数が少ないため、絶滅が危惧されています。
戸隠そば戸隠そば日本三大そばに数えられる戸隠そば。「ぼっち盛り」と呼ばれる一口大のそばを、5束ほどざるに並べた独特の盛り付けが一般的です。
高原野菜高原の気候を生かして栽培され、直売所などで購入できます。スーパーなどで売っていない珍しい野菜も地元の人に調理法を聞いて挑戦してみませんか。

子供と楽しめるアクティビティ

妙高戸隠連山国立公園内には、子供と思いっきり遊べるアクティビティも豊富です。ウォータースポーツが充実している野尻湖など、外遊びを満喫し大人も子供もリフレッシュできます。

家族でカヌー遊び
野尻湖でカヌー遊び
野尻湖で、ファミリーで楽しめるカヌー遊び。おすすめは1家族に1人、インストラクターがカヌーの乗り方を教えてくれるプラン。家族みんなで、夏を満喫しましょう。
ポレイロ戸隠自然学校
自然学校インストラクターの指導の下、野生動植物の調査を体験できます。グループに分かれ、無線を使っての調査は、都会では味わえない貴重な経験となるでしょう。
戸隠民俗館戸隠民俗館戸隠民俗館に戸隠流忍法資料館と忍者からくり屋敷が併設されています。からくり屋敷はリアル脱出ゲーム感覚で、子供だけでなく、大人も楽しめると評判です。
赤倉温泉スキー場赤倉温泉スキー場赤倉観光リゾートスキー場には、日本有数の豪雪地帯の上質な雪を求め、毎年多くのスキーヤーが訪れます。キッズスノーパークは、小さい子専用。雪遊びデビューにピッタリです。

少し足を伸ばして

ロッテアライリゾート
ロッテアライリゾート
笹ヶ峰キャンプ場から車で1時間ほど。国内最大規模のツリーアドベンチャーやジップラインなど、親子で楽しめます。
善光寺
善光寺の本堂戸隠キャンプ場から車で40分ほど。長野県を代表する名刹。「遠くとも一度は参れ善光寺」と、江戸時代から語り継がれています。
川中島古戦場史跡公園川中島古戦場史跡公園武田信玄と上杉謙信の戦いで有名な川中島古戦場にできた公園です。戸隠キャンプ場から1時間ほどです。

日本の美しい自然を後世にも

日本には現在、34か所の国立公園があります。国立公園指定の目的は、自然の風景地を保護し利用の促進を図るため。ただ保護するのではなく、日本の美しい自然を後世に残していくためです。

「新しい生活様式」にも対応する働き方の新しい形。ニューノーマルの時代にこれまでと変わらぬ生産性を維持し、これまでと違った様式でどのように暮らしていくのか。

ウィズコロナ、アフターコロナのこれから、一度家族揃ってのワーケーションを実践してはいかがでしょうか。

画像提供(順不同):環境省、妙高観光局、信州しなの町観光協会、戸隠神社、戸隠観光協会、新潟県観光協会、善光寺、フォッサマグナミュージアム、野尻湖ナウマンゾウ博物館、ながのフィルムコミッション

LANTERN編集部

キャンプの楽しさを伝えるLANTERN編集部です。
旬な情報からキャンプスタイルまで、キャンプに役立つ情報を幅広く発信します!

LANTERN編集部の記事一覧