あたたかみがあるデザインのLEDランタン「メノーラ」はインドアでもハマる

公開日:2020 / 05 / 13
最終更新日:2020 / 05 / 22

QUICKCAMP(クイックキャンプ)は、LEDランタン「メノーラ」を発売しました。

メノーラは、インドアでも映えるデザインが魅力。アウトドアとインドアの境目をなくし、純粋にギアと向き合い合いたい!そんなあなたにぴったりです。

アウトドアでもインドアでも活躍


「燭台」という意味を持つメノーラは、まさに燭台のようなあたたかみのあるフォルムが特徴。竹や麻をあしらっているので、自然素材のあたたかみもプラスされています。

アウトドアでキャンプサイトを彩ってくれるだけでなく、そのやわらかな佇まいでインテリアとしても楽しめますね。

光量調節も充電も可で便利さ広がる


デザイン面以外では、本体下部のつまみを回すだけで好みの光量に調節できることもうれしいポイントです。

明るさは20~370ルーメンの範囲で調整可能。明るさが欲しい食事や読書のひとときから、薄暗くしたいリラックスタイムなど、利用シーンに応じて使い分けることができます。

さらに充電は付属のケーブルを接続するだけと簡単。緊急時の携帯の充電にも対応してくれます。

一度の充電で最長約75時間点灯できるので、災害時などいざというときにも役立ちますね。

製品情報


サイズ:約260×φ125mm(紐部分含めた高さ:約310mm)
重量:約600g
明るさ:20~370ルーメン
連続点灯時間:約3.8時間(High)、約75時間(Low)

矢野竜広

ビアエッセイスト。1980年生まれ、東京都出身。広告制作会社勤務のコピーライター、事務所所属の放送作家を経て2013年、妻の故郷である鳥取県に移住しフリーランスに。

著書に『ビールの図鑑』(マイナビ)、『山陰クラフトビール』(今井出版)がある。ブログ「ビアエッセイ・ドットコム」(http://beeressay.com/)運営。TwitterIDは@beeressayist。BBQからキャンプに覚醒、“camp for beer”を追求中。

矢野竜広の記事一覧