LOGOS×Sengoku Aladdin第3弾!衝撃と熱からアラジンストーブを守る。専用キャリーケース「ヒーターガードキャリー」11/1より発売

公開日:2019 / 11 / 10
最終更新日:2020 / 01 / 20

「アラジン ブルーフレーム」や「アラジン グラファイトトースター」などが人気の「Sengoku Aladdin」と、大手アウトドアブランド「LOGOS」がコラボした、アウトドアヒーター専用のキャリーケースが登場しました。

今回、発売されるのは「LOGOS×SENGOKU ALADDIN ヒーターガードキャリー」 と「LOGOS×SENGOKU ALADDIN ヒーターガードキャリー・ポータブル」の2種類。

どちらの製品も、2019年11月1日より全国のロゴス直営店及びロゴス取扱い店舗、アラジン公式オンラインショップにて、順次販売が開始されます。

Sengoku Aladdin×LOGOSコラボシリーズ第三弾!

 

「Sengoku Aladdin」は、「アラジン」が2018年10月に立ち上げた新たなブランドです。

「アラジン」のクラシカルなデザインと、その中に灯される美しい青い炎「ブルーフレーム」を受け継ぎながら、利便性とコンパクト性をより追求した製品が人気を博しています。

そんな「Sengoku Aladdin」と有名アウトドアブランド「LOGOS」のコラボレーション第3弾として登場するのが、「ヒーターガードキャリー」 シリーズです。

本シリーズは全2種類。

「LOGOS×SENGOKU ALADDIN ヒーターガードキャリー」は「Aladdin ブルーフレーム」に、「LOGOS×SENGOKU ALADDIN ヒーターガードキャリー・ポータブル」は「Sengoku Aladdin ポータブルガスストーブ」に対応しています。

第1弾の「プチパン」や第2弾の「ストーブテーブル」同様に、キャンプシーンでの利便性と安全性と配慮した商品です。

キャリー表面には難燃性生地を採用

「LOGOS×SENGOKU ALADDIN ヒーターガードキャリー」 と「LOGOS×SENGOKU ALADDIN ヒーターガードキャリー・ポータブル」の表面には難燃性生地が用いられています。

火傷など、お子さんを連れたファミリーキャンプでの事故のリスクを軽減してくれます。

衝撃を和らげる全面フォーム

「ヒーターガードキャリー」シリーズのケースには全面フォームが入っており、外部からの振動や衝撃を和らげます。

秋冬キャンプなど、荷物が多くなる時期に、荷物同士の衝突からストーブを守ってくれるのは安心ですよね。

キャリーの持ち手もしっかりしているので、ストーブを裸で運ぶより、運搬時のストレスが軽減します。

ベルクロテープで固定して省スペース収納

本製品はどちらも、ベルクロテープで固定して折り畳むことが可能です。

ヒーター使用時は、テントやタープの端に置いておけるので、ケース本体の収納性も優れています。

このように、「LOGOS×SENGOKU ALADDIN ヒーターガードキャリー」 と「LOGOS×SENGOKU ALADDIN ヒーターガードキャリー・ポータブル」はキャンプで重宝する機能が詰まったコラボ製品なのです!

製品概要

LOGOS×SENGOKU ALADDIN ヒーターガードキャリー


総重量:約1.55kg
サイズ:約42.5×42.5×59cm
収納サイズ:約44×59×10cm
価格:12,000円(税別)

LOGOS×SENGOKU ALADDIN ヒーターガードキャリー・ポータブル


総重量:約1.15kg
サイズ:約35.5×35.5×40cm
収納サイズ:約37×43×10cm
価格:10,000円(税別)

翻訳アウトドアライター KON

アウトドア派な翻訳ライター。留学先で訪れたカリフォルニアでキャンプに目覚める。
学生時代から万年金欠。格安キャンプ術を考えることが趣味。

海外経験を活かしたアウトドア情報や金欠キャンパーに向けた情報を発信中。

twitter:@KON_camp

KONの記事一覧