キャンプ初心者必見!!アクティブ系スノーボード女子がキャンプにハマるわけとは?

公開日:2022 / 07 / 09
最終更新日:2022 / 07 / 26

今もなおキャンプ人気は衰え知らず。年齢、性別、様々なスタイルでキャンプを楽しむ方が増え続けています。

もちろん、女性が一人で旅をしながらソロキャンするというのも珍しくありません。

本記事では、冬場にウィンタースポーツに勤しむアクティブ系女子「194channel」さんが、キャンプにどっぷりハマる理由について伺ってきました。

194channel

自然豊かな奈良県で育ち、大阪の社会に揉まれたのち、岐阜県奥美濃に移住して12年、雪山での生活を継続しながら、夏はサーフィン、スケートボードや、ロードバイクなど幅広くアウトドアアクティビティにも挑戦しているアクティブ系女子。現在は野沢温泉村を活動拠点としてスノーボードを中心にInstagramで楽しい日常を配信中。

キャンプとの出会いについて


——スノーボードを中心にアウトドアアクティビティを楽しむ194channelさんが、キャンプと出会った経緯を教えてください。

「アウトドアな遊びって共通してる所がたくさんあると思うんです。アウトドアスポーツを楽しむ中で、サーフィンの休憩時間に座る椅子、トリップ先での車中泊で使用するマットやシュラフ、そしてチルタイムに楽しむコーヒーセットなど、気がつけば少しづつだけどキャンプにも使えそうな道具が色々揃っていて、なんとなくキャンプっぽいなと思っていました。」

↓ こちらもオススメ ↓


キャンプ用品レンタルショップおすすめ8選!キャンプをはじめるならネットでレンタル!

——キャンプをやったことない人でも、他の趣味でキャンプ道具に触れていることはよくありますよね。

「同時にアクティビティを通して出会う仲間が、キャンプ好きばかりだったんです。それでそんな仲間と自然にキャンプを一緒に楽しむようになっていました。」

キャンプにはまるワケは?

自然豊かな環境で遊ぶ


——キャンプの魅力はどんなところですか?

「なんといってもキャンプの魅力はロケーションです。ウィンタースポーツの醍醐味、雪山の景色も最高なんですが、グリーンシーズンの魅力はまたさらに最高です。緑に囲まれた中で過ごす一日は最高に気持ちよくて、心が安らぎます。気持ちいいって感じられる空間って幸せな時間ですよね。

冬は日が暮れるのが早いけど、この季節は夕日を充分に楽しめるんです。その中で色んなことを考えて、これからがさらに楽しみになったり、時々反省したり、そんな風に自分と向き合う時間を大切にしたいんです。」

キャンプ料理

——アウトドアでの食事をキャンプの楽しみに挙げる人も多いですよね。
「わかります!外で食べるのって本当に美味しいんですよね。カップ麺一つでも家で食べるのと同じ味のはずなのにものすごく美味しく感じるんです。」

——キャンプ場で料理はしますか?

「もちろん!何作ろうかなって考えるだけでもワクワクするし、家で食べるよりも彩り豊かな盛り付けをして、見ることでも楽しんだりしちゃいます。
一人でも仲間とのグルキャンでも、どちらであってもそれぞれのキャンプ飯を楽しめるのが醍醐味です。中でも私のお気に入りはアヒージョです。毎回中に入れる具材はその日の気分で変えるんです。そしてパンは欠かせません。」

焚き火


——キャンプの醍醐味に焚き火を挙げる人も多いですか、194channelさんはどうですか?

「私も焚き火を楽しむことが多いです。火ってずっと見ていられますよね。よく聞くフレーズですがほんとに癒やされます。ゆらゆらと揺れる炎、パチパチと燃える木の音、薪が焦げる香り、全てが最高のひとときを演出してくれます。」

——キャンプ仲間の皆さんとも焚き火を囲んだりするんですか?
「そうですね。焚き火をみんなで囲っておしゃべりを楽しんだり、一人で物思いにふけったり、グルキャンでもソロキャンでも焚き火をしている間は特別な時間になります。デザートにマシュマロ焼いたりなんて楽しみも広がります。
楽しんだ一日をゆっくりしめくくる時間が焚き火。キャンプならではの楽しみなので欠かせません。」

自分が重宝しているキャンプ用品レンタルサービス


——キャンパーといえばお気に入りのアイテムを集める人も多いですよね。194channelさんはどうしてますか?

「アクティビティで多少のアイテムはあると言っても、まだまだキャンプ初心者の私には、キャンプ道具が揃い切ってないんです。
正直、どれを買えばいいのか分からないほどに色々なメーカー、ギアなど種類が豊富ですし、たくさんお金も掛かるので大変なんですよね。」

——たしかにブームもあって、様々なブランド、製品があって、キャンプ初心者さんにとっては何を買ったらいいか迷ってしまいそうですね。

「他にもネックなのが、収納スペースです。家ではスノーボードギア、サーフボードの道具だけでも置き場所に困っているのに、それ以上のスペースがないんです。なので、最近は置き場所や出費がおさえられるキャンプ用品レンタルサービスを利用しています。」

——なるほど、レンタルサービスなら収納の問題を気にしなくていいですよね。利用するきっかけをおしえてください

「私が利用しているのはウィンタースポーツ業界ではよく知られているタナベスポーツさんのキャンプ用品レンタルサービスです。日頃からよく知っている企業ということもあり、安心して利用させてもらっています。」

——今日は何をレンタルしたんですか?

「今回はソロキャンプだったので『おすすめセット』と、オプションでコールマンの焚き火台とSOTOのレギュレーターストーブをレンタルしました。利用したい日に申し込むと、前日までに自宅まで届けてくれるので、急遽キャンプに行こうと思ってもスケジュールが組みやすいんです。使い込んだキャンプアイテム特有の嫌な臭いもなく、メンテナンスが行き届いている感じがするのも重宝している理由の1つですね。」

今回194channelさんがレンタルした『ソロキャンプおすすめセット』はこちらです。
『快適なソロキャンプをしたい方におすすめ!快適性重視したソロキャンプセット!』

タナベスポーツキャンプ用品レンタルサービスについて


タナベスポーツキャンプ用品レンタルは、業界最安値に目指して、補償料がなんと無料で財布に優しい価格設定。
キャンプする人数によって対応できないテントやギアがある時は、レンタルもおすすめです。
またレンタルするとタナベポイントが貯まり、次のキャンプ用品のレンタルやウィンタースポーツ道具の購入にも使えるので、冬場もアクティブに活動する方には嬉しいサービスです。

タナベスポーツ キャンプ用品レンタルはこちらより

今後のキャンプ活動について


——これからますますアクティブに活動できそうですね。

「キャンプはまだまだ初心者ですが、便利なレンタルサービスを利用しながら、もっともっとキャンプにハマっていきたいですね。
そして、これからキャンプを愛する皆さんへ、スノーボードやサーフィンなど、アウトドアで遊ぶ楽しさを伝えていけたら嬉しいなと思いました。大自然の中で日常のストレスもリフレッシュができますし、SNS映えする写真も撮れて楽しめることばかりなので、興味のある方は気軽にチャレンジしてみてほしいです。
今後のキャンプの活動はInstagramにバシバシ投稿していくので『@194channel』をぜひ覗いてみて下さいね。」

——本日はありがとうございました!

おすすめ記事