初めての家族キャンプは「川遊び」がおすすめ!3つのメリット&川遊びができるキャンプ場まとめ

公開日:2019 / 07 / 09
最終更新日:2019 / 09 / 11

夏休みに家族で行くファミリーキャンプの場所選びに迷っていませんか?

家族で行くなら「シャワーいらず」で「冷たい綺麗な水を楽しめる」、川のあるキャンプ場が一番です。

特にシャワーいらずというのは、子供の世話もしなければいけない親にとって労力を減らすことができます。

これまで各地の海・山・川…色々なキャンプ場に出かけ、アウトドア系YouTuberとして活動している私が、子供たちの面倒を見ながら感じた、子供と行く場合のキャンプ場の選び方を解説します。

キャンプ場選びのポイント:子供の体力は底なし!親の体力も考えよう

家族キャンプを考えている方は、「子供に自然を感じさせたい!」と考えていると思います。

色々なキャンプ場を見比べていることでしょう。

自然や設備も重要ですが、家族で行くキャンプでは「親の体力」も大切です。

子供たちの面倒を見ながら、出来るだけ体力の消耗が少ない場所を選んだ方が無難です。

キャンプ場に着いた途端に、解放感で走り回る子供たちの姿って微笑ましいものです。

でも、炎天下の中子供たちを追いかけるだけで、親の体力は一気に消耗していきます。

遊び疲れた後に、晩ご飯の準備をして一泊するわけですが、慣れない内は結構大変です。

家に帰った頃には、思った以上に疲れ切ってしまって「キャンプって疲れる…」となってしまいがちです。

設備やロケーションも大切ですが、親の体力を考えて場所を選ぶ事も、実は重要なんですよ。

海・山のキャンプ場で起きる問題

海水浴が出来る海のキャンプ場では、砂浜は日差しを避ける物が何もありません。

広い砂浜を延々と、子供と貝殻を拾って歩くのは想像以上に疲れます…。

子供たちは大喜びなんですが、疲れた後もキャンプすることを考えると大変ですよね。

一方、山のキャンプ場だと夏の街灯に集まって来る「虫」が嫌いな人も多いです。

特に山のキャンプ場では、灯りが点いているのはトイレだけだったりしますよね。

灯りのあるトイレに虫が群がってきて…そうです、虫だらけです。

トイレの壁が全て虫で覆われていたこともありました。

楽しみにしていたキャンプですが、虫嫌いな人にとっては辛い夜になるかもしれません。

山では野生動物の怖さもあるので、注意も必要です。

「家族で初めてキャンプに行く!」という場合などは、虫や野生動物が少なさそうな場所を選ぶことも重要かもしれませんね。

下流~中流の開けた場所にあるキャンプ場がおすすめ

僕は川を一番おすすめしています。

川の流れている山もありますが、以上の理由から、木々に囲まれた上流ではなく、できるだけ下流~中流の開けた場所にあるキャンプ場を選ぶことをおすすめします。

川があるキャンプ場の3つのメリット

夏の水遊びって最高に気持ちいいですよね。

川のあるキャンプ場の一番のメリットは3つ。

「川で遊べる」「水が冷たい」「海水浴と違ってシャワーを浴びる必要がない」ことです。

メリット1:川で子供と一緒に水遊びを楽しめる

キャンプ場に子供を連れて行くと、夢中になって遊んでくれます。

夏の暑い時期、いつの間にか汗だくになっているのが子供ですよね。

「暑いから泳ごう!」と気軽に入れるのが川の良さですし、川遊びって普段できない遊びの1つです。

浅瀬でも、水の中を覗いてみると魚が泳いでいるのを見ることができたりもします。

お父さんお母さんがたくさん遊んでくれた場所!という思い出も残りますし、きっとまた「キャンプに行きたい!」と言ってくれるはずです。

メリット2:水が冷たい

海水浴をしたら、海の水がぬるかった。

そんな経験はありませんか?

上流から流れてくる川の水は、流れによって常に冷たい状態を保っています。

暑い中、顔を真っ赤にして遊んでいた子供たちをしっかりクールダウンできる水温の場所が多いです。

冷たい水の中に入って遊ぶのは、大人も子供もすごく楽しいですよ!

(海水浴よりも体温を奪われてしまう時間が早いので、川遊びをする時は体温の変化にも気を付けてあげてください。)

メリット3:シャワー不要で繰り返し遊べる

海水浴に行くとシャワーの手間って想像以上に大変です。

キャンプ場の中にあるシャワーの場所まで連れて行って、子供にシャワーを浴びさせて…。

シャワーの場所が離れていると疲れますし、料金もかかります。

ようやくサイトに戻ってゆっくりしたくても、しばらくすると「また水遊びがしたい!」と言われるはずです。

「遊ばせたら、またシャワーに行かないといけない…」と、悲鳴をあげるお父さんお母さん。

「今日はもうおしまいだよ!」と言ってしまうかもしれません。

川であれば水遊びをしたあと、そのままサイトに戻れます。

暑くなってきたら、また一緒に川に入って気軽に遊べる。

この差は親にとって大きいですよ。

暑い中でも涼みながら、思う存分一緒に遊んであげられるのは川ならではだと思います。

家族で行くなら絶対オートキャンプ場

これからキャンプを始める方は「オートキャンプ場」という言葉を知らないかもしれません。

オートキャンプ場というのは、車をサイトに横付けできるキャンプ場の事です。

荷下ろしをした後もそのまま車を置いておけるのは本当に助かります。

家族で行くキャンプは、必ず荷物が増えます。

たくさんの荷物の積み下ろしを炎天下の中でするのは大変…。

車を横付けすることで、荷下ろしの手間、撤収作業の手間を少なくできます。

川遊びの後、車の中で着替えが出来るのも嬉しいですよね。

急な悪天候に見舞われた時も、車は緊急避難の場所として使えます。

家族でキャンプに行く場合は、オートキャンプ場を選ぶことをおすすめします。

安全第一で家族キャンプを楽しもう

川のキャンプ場の良さをお話してきました。

海でも川でも「水遊び」をするのであれば安全第一です。

夏の時期は水難事故が増えますし、他人事と思って気を抜くわけにはいきません。

川で遊ぶ時も海水浴も、我が家では必ずライフジャケットを着用させています。

ライフジャケットを着用することで「もしも」の事故を未然に防げます。

川ではいきなり水深が深くなったりすることもよくありますし、必ず安全対策をした上で遊んでくださいね。

今年の夏は川のあるオートキャンプ場に出かけて、涼しく楽しいキャンプを楽しみましょう。

川遊びに関する記事

http://www.lantern.camp/?p=47826
http://www.lantern.camp/?p=48550
http://www.lantern.camp/?p=47828

かの地から しーまん

山口県在住の女の子2人、男の子1人の3児の父。キャンプ歴2年のまだまだ初心者マークの外れない、主に山口県でキャンプをしているキャンパー。家族全員を連れて行くファミリーキャンプ、子供1人だけを連れて行く2人キャンプ、ソロキャンプと、いろんなキャンプを楽しむ。

1.高価な道具は使わない
2.物でなく時間を楽しむ
3.使える物は使う
4.出来るだけ少ない荷物で行く

というシンプルなキャンプがモットー。

Youtubeチャンネル「かの地から」
https://www.youtube.com/channel/UCrNOmFDXkUY3j7wbAdZg23g

Yahoo!クリエイターズ「かの地から」
https://creators.yahoo.co.jp/kanochikara

Twitter「かの地から」
https://twitter.com/kanochikara

かの地から しーまんの記事一覧