• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

子供と一緒に楽しむ燻製づくり!SOTOのログハウス型の段ボールスモーカー「モクモグ」を使ってみた!

公開日:2017 / 04 / 22
最終更新日:2017 / 07 / 04

キャンプで手軽にできる料理というと何が思い浮かびますか?野外だからこそできるキャンプならではの料理のひとつに「燻製」があります。
今回は、燻製用品のラインアップが豊富なアウトドア用品メーカー「SOTO」から、子供と一緒に楽しみながら燻製が作れるスモーカー「モクモグ」が新発売!実際にどんなものか子供と一緒に作ってみました!

これ1つでOK!かわいいパッケージの燻製キット

ワクワクするパッケージデザインは、好奇心旺盛の子供ごころをクスグリます。早速あけてみると、本体の段ボールキットと、食材を置く網、さくらのスモークウッドと専用トレイが各1つ。

そして、目や口、アウトドア関連のイラストなど、本体を可愛くデコレーションしてくれる飾り付けシールセットが1枚入っています。

ログハウス作りからスタート!楽しいクラフトワーク

まずはスモーカーの本体となるログハウスを、段ボールのパーツで組み立てていきます。
スモークウッドを置くトレイを中にセットして、上部には食材を並べる網を乗せます。折り目がついた段ボールの板が1枚、これはなんだろう?と、子供が自分で考えながらドンドン組み立てていきます。

ポップな飾り付けシールで可愛くデコレーション!

スモーカー本体の完成!段ボールの板は、ログハウスの煙突でした。煙突を開閉することで食材のスモーク具合をお好みに調整できます。それでは子供の感性に任せてデコレーションのスタートです!付属のシール以外に、好きなシールを貼ったり、絵を描いても楽しめます。

ログハウス型スモーカー完成!さぁ燻製づくりを始めよう!

子供たちが一生懸命作った素敵なスモーカーができあがりました!それでは燻製づくりのスタートです。

キャンプで燻製を作るときは、事前に食材の準備をしておくと子供たちもスムーズに燻製づくりに進めます。今回準備した食材は、ゆで卵・チーズ・はんぺん・ベーコンの4種類。

子供が自分で網の上に食材を並べていきます。特に燻製づくりがはじめての子供にとっては、何ができあがるのか楽しみの瞬間です。

スモーカー本体の前部にある窓を開け、全体をムラなく着火させたスモークウッドをトレイの上に設置。ここは大人の出番ですね。

煙が逃げないように屋根のフタをしっかり閉じます。ログハウスの煙突を開けると煙がモクモク。あとは約1時間から1時間30分ぐらい待つだけ。

子供たちが楽しんで作った愛情たっぷりの燻製完成!

待つこと約1時間ちょっと。ログハウスの屋根を開けると、スモークの煙と香りがモワッと広がり、出来上がりました!

何かを作る楽しさと、出来上がったときの喜びは、子供も大人も嬉しいもの。子供たちと一緒に作ったこんがり色づいた燻製は、より一層おいしそうです!

編集部まとめ

燻製調理は野外で楽しむアウトドア料理にはもってこい!SOTOの新製品「モクモグ」は、燻製を作るために最低限必要なものが1つのパッケージになっている優れもの。子供だけでも簡単に組み立てができ、楽しみながら簡単においしい燻製が作れて一石二鳥。バーベキューだけではチョットもの足りないとき、子供を楽しませたいときなど、これ1つあると喜ばれること間違いなし!
燻製が出来上がるまでの時間、ログハウス型スモーカーの煙突からモクモクあがる煙を、まだかまだかとジ~っと見つめる子供たちの姿にも癒やされました。

SOTO ログハウス型 段ボールスモーカー「モクモグ」ST-116

<セット内容>
スモーカー本体:1式
金網:1枚
アルミ皿:1個
スモークウッド(さくら):1個
飾り付けシール:1枚
<外形寸法>
[組立時]幅455×奥行230×高さ450mm、[収納時]幅285×奥行235×高さ70mm
<重量>
470g
<材質>
スモーカー本体:段ボール
金網:鉄
※詳細はメーカーサイトでご確認ください。
Amazonで確認する

SOTO(新富士バーナー株式会社)

新富士バーナー株式会社が展開するアウトドアブランド。“青い炎”を生み出すために、安全性・耐久性も兼ね備え、常に完全燃焼することがモットー。デザイン性と機能性を両立させた使いやすさが魅力のひとつで、高品質なガスバーナー・ランタン及びステンレス製の調理器具等を中心に開発製造する国産メーカーです。

公式サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る