【換気しっかり】アルペンアウトドアーズから待望のオリジナル2ルームテント!夏にはブランドが本格展開

公開日:2021 / 03 / 19
最終更新日:2021 / 04 / 09

株式会社アルペンが展開する体験型アウトドアショップ「Alpen Outdoors(アルペン アウトドアーズ)」から、ついにオリジナルブランドが誕生します。

2021年夏の本格展開に先駆け、まずは2ルームテント「AOD-1(エーオーディーワン)」が200張限定で先行販売されます。この情報は見逃せません!

夏に最適!“涼しさ”追求テント

従来のテントは熱を逃がしにくい構造になっているものが多く、夏キャンプの暑さや寝苦しさに課題がありました。

AOD-1は「暑い夏でも、快適にキャンプを楽しみたい」というニーズに応えたテント。最大の特長は“涼しさ”です。

長年、アウトドアと向き合ってきたアルペンが満を持して送り出す、独自機能満載のハイスペックテントとなっています。

超大型天井窓


まず目を引くのが天井。スペースいっぱいに設けられた天井窓で、内部の熱気を上部から逃がします。また、大きな天井窓は快適な室温を提供してくれるだけでなく、テント内からの星空鑑賞にもぴったりでしょう。

開放感と快適性


インナーテントはフルメッシュ。入り口の形は、一般的なテントで多々見られるD型ではなく逆T型を採用していて、開口部の広さをより体感できる仕様です。

フライシートは通気性の良いメッシュ、インナーテントは虫の侵入を防ぐメッシュにそれぞれ分けられていて、快適性も重視されています。

3カ所のベンチレーター


サイドとリアの計3カ所に大型ベンチレーターを搭載。このおかげで通気性が格段に向上しています。

ベンチレーターはフラップを装備していて、雨の日でもしっかり換気ができるようになっています。

ファンポケットで熱気排出


AOD-1の珍しいポイントとして挙げられるのがファンポケットです。インナーとアウターの随所に配置されています。

風がない日でも、ファンの力で強制的に熱気を外へ排出することができるシステム。「どんな夏でも涼しいテント内に」というアルペンの姿勢が伝わってきますね。

実際に店頭で試してみよう

家族4人が余裕で入れるAOD-1。3月から全国のアルペンアウトドアーズ・アルペンマウンテンズ14店舗と、公式オンラインストアで販売がスタートしています。

限定200張はまさに即完の予感。週末、家族で店頭に行って試したくなるテントです!

「AOD-1」概要

販売価格:¥89,980(税別)
限定数:200張
定員:4人
使用時サイズ:約幅3400×奥行6700×高さ2150mm
インナーサイズ:約幅3200×奥行2300×高さ1600mm
材質:フライシート・75Dポリエステル、インナー・68Dポリエステル、インナーフロア・210Dポリエステル、ルーフ・TC210g/㎡ 耐水圧:3,000mm
付属品:ペグ、引き縄、ヒサシポール、収納袋
重量:約24kg

販売店舗

全国14店舗
アルペンアウトドアーズフラッグシップストア札幌発寒店、柏店、ららぽーと愛知東郷店、福岡春日店、アルペンアウトドアーズ港北ノースポートモール店(3月19日オープン)、ららぽーと横浜店、ららぽーと沼津店、イオンモール浜松市野店(3月26日オープン)、春日井店、京都宇治店、明石大蔵海岸店、宇多津店、フレスポジャングルパーク店、アルペンマウンテンズ練馬関町店、公式オンラインストア

アルペンで確認

佐藤 翔一

趣味はキャンプ、ドライブ、自転車、登山、釣り、エアガン、ゴルフ、映画、読書、ゲーム、猫。
つまりガレージハウスに住みたいフリーライターです。

アウトドアサークル【タキビーズ】:
https://www.instagram.com/takibis.since2019/

ブログ:http://s1-thats-write.boy.jp

佐藤 翔一の記事一覧