【DOD】ワイドな新型「ザ・ワンタッチテント」&「ビートルタープ」登場!フックを引っ掛けるだけの簡単連結も!

公開日:2019 / 10 / 22
最終更新日:2019 / 10 / 22

ユニークでお洒落なキャンプ用品を数多く展開するアウトドアブランド「DOD」から、新たなワンタッチテントと大型タープが登場。

キャンプ初心者でも扱いやすい設営システムに注目です!

DODから「ザ・ワンタッチテント」と「ビートルタープ」が新登場

「DOD」から新たに発売されたのは、「ザ・ワンタッチテント」と「ビートルタープ」の2商品。

どちらの製品も2019年10月11日より、発売が開始されています。

「ザ・ワンタッチテント」はMとLの2サイズの展開で、設営時の時間を大幅に短縮できるシステムが採用されています。

「ビートルタープ」もテントとの連結が考慮されたアイディア満載のアイテムです。

詳しく見ていきましょう!

ワンタッチかつ機能的「ザ・ワンタッチテント」

まさしくワンタッチ!設営時間を大幅短縮

「ザ・ワンタッチテント」はインナーテントと骨組みが一体化しており、前室もスリーブにポールを通すだけ。

この仕組みにより、まるで傘を広げるかのように簡単にテントを建てることができます。

部品も少ないため、テント設営に不慣れな初心者キャンパーでも気軽に扱えるはず。

ゆったりとした居住空間

ワンタッチテントでも、その快適さは他の大型テントに引けを取りません。

このテントは床面積が広く、天井も高いため、Mサイズでは2~3人、Lサイズでは4~5人が広々と過ごせます。

別売りのタープポールを併用してキャノピーを建てれば、前室よりも大きめのリビングスペースを作り出すことも可能。

インナーテント内の窓は前後左右に4箇所ついています。夏場は通気性がよく、秋冬キャンプではフルクローズして熱が逃げにくい状態にすることもできます。

グランドシートが付属しているのも嬉しいポイント。

収納すればコンパクトに

「ザ・ワンタッチテント」は骨組みが一体化しているにも関わず、収納時のサイズはコンパクト。

Mサイズ・Lサイズともに、大人が一人で運べる大きさなので、保管や運搬時の負担も減ります。

フック連結で簡単接続「ビートルタープ」

ワンタッチで連結完了

「ビートルタープ」の最大の特徴は、複雑な手間がかからず「ザ・ワンタッチテント」と連結できるところでしょう。

「ザ・ワンタッチテント」のフロントポール部分にフックを引っ掛けるだけで、リビングスペースを大幅に拡大できます。

タープにはフラップがついているので、連結部から雨が入り込んでくる心配もありません。

ポールとペグは別売りとなっています。自分のキャンプスタイルに合わせて選びましょう。

厚手生地でタープ単体としての機能も◎

もちろん、「ビートルタープ」はタープ単体としても使用可能。

シチュエーションに合わせて、ポールを組み合わせれば、多彩なスタイルに適合します。

生地は150デニールと厚く、しっかりと日陰をつくってくれます。

女性でも楽々持ち運びできるサイズ感

収納時の重量は約1.7キロ。

収納袋の直径も約36cmと小さいので、積み込みや撤収時も邪魔になりません。

ザ・ワンタッチテントM・L

カラー:タン/カーキー
展開サイズ:M(約)W220×D450×H180cm L(約)W310×D510×H215cm
インナーサイズ:M(約)W215×D215×H165cm L(約)W300×D270×H200cm
収納サイズ:M(約)W75×D22×H22cm L(約)W90×D24×h24cm
重量:M(約)8.4kg L(約)11.5kg
収納可能人数:M 大人3名 L 大人5名
最低耐水圧:フライシート 2000mm、フロア 5000mm

ビートルタープ

カラー:タン
展開サイズ:(約)W450×D380cm
収納サイズ:(約)W36×D13×H13cm
重量:(約)1.7kg
最低耐水圧:2000mm
付属品:ロープ(短)×6本、ロープ(長)×4本、キャリーバッグ※ペグ、ポールは別売り

翻訳アウトドアライター KON

アウトドア派な翻訳ライター。留学先で訪れたカリフォルニアでキャンプに目覚める。
学生時代から万年金欠。格安キャンプ術を考えることが趣味。

海外経験を活かしたアウトドア情報や金欠キャンパーに向けた情報を発信中。

twitter:@KON_camp

KONの記事一覧