家でも外でも使える!QUICKCAMP発、ワンタッチテント&チェア最新作

公開日:2020 / 05 / 24
最終更新日:2020 / 06 / 12

「アウトドアとインドアの隔たりをなくす」という、新たなブランドコンセプトを掲げる「QUICKCAMP」から、新しいアイテム情報が到着しました。

アウトドア用品をインドアでも楽しみたい!というニーズに合う、最新のテントとチェアをご紹介します!

おうちキャンプも豊かにするワンタッチテント

まず紹介するのは、とにかく設置がカンタンな「ワンタッチテント3人用」。

これまでは「入口が狭くて入りにくい!」という声もあったワンタッチテントですが、QUICKCAMPの新作は入口が大きいのが特徴です。

また、前後どちらからも出入りできる仕様に変更となったことで、通気性がアップしているのも嬉しいですね。

さらに、従来のモデルはフライシートを後から付けなければならなかったですが、新作はフライシート一体型にシフトチェンジ!組み立て不要で、なんと15秒で設営できます。

おうちで手軽にテントをしたいけど、外でも積極的に使いたい。そんな方にぴったりですね。

ワンタッチテント3人用


カラー:カーキ、アイボリー、サンド
対応人数:2-3名程度
展開サイズ(目安):幅210×奥行190×高さ110cm
収納サイズ : 長さ102×幅17cm
重量:2.8kg
耐水圧:1,500mm

プライベート空間も確保してくれるサンシェード

夏場に海へいったときなどに大活躍するサンシェード。日除けの機能に加えて、プライベート空間を確保してくれるテント機能も求められています。

QUICKCAMPの「コンパクトサンシェード」は、室内でもしっかり自立するのでキャンプ気分が簡単に楽しめます。

子どもの遊び場としても活用してくれますね。

コンパクトサンシェード


カラー:アイボリー、ブルー
対応人数:2-3名程度
使用サイズ(目安):幅約200×奥行105+73×高さ108cm
収納サイズ:長さ95×幅14cm
重量:約1.9kg
耐水圧:400mm

また、後ろにも大型の窓があり、2本のフレームが天井を広く確保してくれる「2wayサンシェード」も用意。

キャンプや海だけでなく、初夏の公園デートやピクニックでも使えますね。

ちなみに、両アイテムともシートを上に持ち上げて、横面および天面とつなげることでプライベート空間を作ることが可能。

子ども連れで外に出かけたときは、子どもの着替えや授乳なども安心してできますね。

2wayサンシェード


カラー:アイボリー、ブルー
対応人数:2-3名程度
使用サイズ(目安):幅225×奥行130+125×高さ125cm
●収納サイズ:長さ108×幅15cm
●重量:3kg
●耐水圧:400mm

1人用の「ワンラブチェア」、2人用の「ラブソーシート」

最後に紹介するのは、おうちで使うことでキャンプ気分が味わえるチェア。

「One Love chair(ワンラブチェア)」は細部にこだわりを感じさせるチェアです。

一般的なチェアに比べて座面が低いため、ロースタイルのキャンプにぴったりです。

また、サイドのドリンクホルダーに間仕切りが付いており、ドリンクに加えてスマホなどを収納することも可能。

背面にもメッシュポケットが付いているので、雑誌などを入れることも可能です。

ワンラブチェア


カラー:カーキ、サンド、ブラック
展開サイズ(目安):幅52×奥行48×高さ70cm
収納サイズ :幅70×奥行20×高さ20cm
座面高:約33cm
重量:3kg
耐荷重:90kg

2人掛け用のベンチ「Love so sheet(ラブソーシート)」も新発売されます。

もちろん、カップルで仲良く座ることもできますし、眠ってしまった小さな子どもを寝かすこともできます。

ラブソーシート


カラー:カーキ、サンド、ブラック
展開サイズ(目安):幅52×奥行48×高さ70cm
収納サイズ :幅70×奥行20×高さ20cm
座面高:約33cm
重量:3kg
耐荷重:90kg

キャンプ愛も満たせそうな「One Love chair」と「Love so sheet」。

アウトドアでもインドアでも使ってみてはいかがでしょうか?

矢野竜広

ビアエッセイスト。1980年生まれ、東京都出身。広告制作会社勤務のコピーライター、事務所所属の放送作家を経て2013年、妻の故郷である鳥取県に移住しフリーランスに。

著書に『ビールの図鑑』(マイナビ)、『山陰クラフトビール』(今井出版)がある。ブログ「ビアエッセイ・ドットコム」(http://beeressay.com/)運営。TwitterIDは@beeressayist。BBQからキャンプに覚醒、“camp for beer”を追求中。

矢野竜広の記事一覧