三角がかわいいワンポールテント、LOGOSが語る最強のメリットは「簡単設営」

公開日:2016 / 08 / 16
最終更新日:2020 / 03 / 30

三角形のフォルムがかわいい、流行のワンポールテント。ポップなデザインが特徴のLOGOSからも、女性心をくすぐるキュートなアイテムが展開されています。今回は、かわいさだけではないワンポールテントの魅力とおすすめアイテムを、LOGOS東京店の店長であり、LANTERNのキャンプマスターを務める高橋岳さんに聞いてみました。

ワンポールテントの魅力とは?

「初心者の方でも設営が簡単」。その一言に尽きます。
一般的なドーム型のテントの場合、複数のポールを立ち上げますが、ワンポールテントは文字通り1本のポールを立ち上げるだけなので簡単です。
外側にペグを打ちつけたら、テント内の上部にポールを結合し、そのまま立ち上げるだけで完成。非常に簡単に設営できるため、フェスなどで女性が1人で組み立てることも増えています。
組み立て方がイメージしやすく、初心者の方も迷わずに作業を進められるアイテムです。

LOGOS ナバホ Tepee

P7150998
おすすめアイテムはこちら!
ナバホ柄が抜群に注目を集めます。一見、ファッショナブルなテントに思えますが、特徴的な柄を採用した理由は「目印として目立たせるため」。
キャンプ場はさまざまなテントであふれています。敷地が広いとテントを見失い、迷子になってしまうことも。特徴的な柄のテントなら、自分たちにとっても見つけやすく安心です。
Tepee 400_03
三角形の頂点の部分には、通気口がそなえられています。熱は上へと流れていく性質のため、空気の循環も計算済み。
おすすめなのは、テントの設営から5分間、玄関を開け放っておくこと。設営の直後は蒸し暑くなりがちなテント内も、しっかりと換気されます。
Tepee 400_02
ポールの頑丈さもピカイチ。7075超々ジュラルミンと呼ばれる、飛行機にも使われる素材を採用しています。ポールがわずかにしなるため、衝撃が与えられても力を吸収します。強靭で雨風に強く、軽くぶつかった程度ではテントの重心がずれてしまう恐れもありません。

製品の詳細はこちら

その他、併せて買いたいアイテム

Tepee マット

Tepeemat
テント内に敷くマット。上記製品にフィットするよう作られており、3層のクッションが地面から伝わる凹凸感を軽減します。

製品の詳細はこちら

Tepee グランドシート

Tepeeguran
テントの下に敷くグランドシート。テントをきちんと保護するためにも、マットと同時に使うのがおすすめです。防水性能に優れたポリエチレン製。

製品の詳細はこちら

LOGOS SHOP東京店 店長 高橋岳

学生時代に、仲間とキャンプを始め、アウトドアの魅力に惹かれる。LOGOS入社のきっかけは、「玄関を一歩でも出れば、そこはアウトドア!」というコンセプトに共感したこと。現在はキャンプ初心者の方から、ベテランユーザーまでが幅広く来店するLOGOS SHOP東京店の店長に就任。

株式会社ロゴスコーポレーション
<店舗情報>
LOGOS SHOP 東京店
東京都江東区豊洲2-4-9 アーバンドック ららぽーと豊洲 3F map
TEL:03-5859-0673
営業時間:午前10時~午後9時

LOGOS SHOP の記事一覧