【体験レポ:THE NORTH FACE編 #1】テントとしてもシェルターとしても使える「エバベース6」を設営してみた!

公開日:2022 / 11 / 19
最終更新日:2022 / 11 / 24

本企画は、各メーカーから最新モデルや人気のテントをレンタルし、カタログやWEBで見ただけでは分からない、実際に設営したからこそ感じるその製品の魅力や違い、設営のワンポイント等をお伝えする体験企画です。

今回は、「THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)」の大型シェルター「エバベース6(Evabase 6)」を、当メディアが運営するキャンプ場「LANTERN CAMPING FIELD MORIYA(茨城県守谷市)」で設営してきました。

実際に設営したことで感じた、この商品の人気の秘密を考察してみたいと思います。

更に、この商品の購入方法をメーカーに聞いてみました。購入をお考えになられている方は、記事を最後までチェックしてください!

公式サイトを確認すると「在庫なし」(※2022年11月19日時点)。

エバベース6の設営方法

  1. スタッフバッグから全ての商品を取り出します。

    付属品は、

    • フライシート
    • インナーテント
    • ポール(オレンジ)×2
    • ポール(グレー)×2
    • ポール(ブラック)×1
    • ペグ

    となっています。

  2. まずは、フライシートを広げ、組み立てたポールのグレーとオレンジをそれぞれ同色のスリーブに通していきます。


    ※設営の注意点:フライシートを広げた時に、ウェビングテープのバックルが止まっていることを忘れずに確認してください。

  3. グレーのポールを同色のグロメットに差し込み後、オレンジのポールも同様に差し込みます。

    ※設営のワンポイントアドバイス
    グロメットには2ヵ所の差し込み口があり、設営時に迷うこともあるかもしれません。その使い分けは、風が強い等でよりテンションをかけたい時は内側、それ以外は外側など、テンションを変える為となっています。

  4. 続いてフライシート上部のスリーブに、ブラックポールを通し同色のグロメットに差し込みます。
  5. フライシートに付いているクリップ(12個)をポールに引っ掛けます。また、オレンジポールとグレーポールの交差している4ヵ所は、面ファスナーをリングに通し折り返して固定。
    最後に設営位置を決めペグ打ちをします。

エバーベース6、スタッフが設営にかかった時間は、わずか5分でした。初心者の方でも迷わずに設営できる思いますが、慣れるまでは、2人で設営することをお勧めします。

テントを立ち上げる時は、釣り竿のようにポールだけに負荷をかけてしまうと破損の恐れがあるので注意が必要です。ポールと一緒にフライシートを手元に引くように立ち上げるようにしてください。

エバベース6の特長


カラーは一色で、ニュートープグリーン。写真のように、深緑の生地に2本のオレンジポールが映え、更にシンメトリーの造りで、前後左右すべてから出入り可能と使い勝手も良いです。フライシートの裾には、スノースカートが付いており、雨風時でも安心です。

設営したスタッフが感じた特長を挙げると、

  1. 軽くて広い!

    エバベース6の重量は、約9.55kg(本体、インナー、ポール、ペグ含)。一人でも容易に持ち運べるサイズ感です。

    また、フロアサイズは280cm×280㎝、天上高は約2mの空間。10kg以下の軽量ながら、充実の室内空間を確保することができることに驚きました!

  2. シェルターからテントへ
    シェルターとしても使用可能ですし、付属のインナーテントを装着すれば、簡単に約5畳の就寝スペースを確保できます。
  3. 「エバカーゴ4」や「エバカーゴ2」と合体し拡張可能!
    今回は試せませんでしたが、公式サイトを確認するとエバベース6は別売のエバカーゴ 2/4と連結して、プライベート空間を増設することができる、とあります。

    ユーザーの使い方にあわせ、拡張ができる多様性に富んだ仕様なので、子どもの成長に合わせトランスフォームしていく等、様々なニーズに応えることができます。
    公式サイトより

メーカーに聞く、エバベース6の購入方法

オンラインストアで在庫なし状態が続いているザ・ノース・フェイスのエバベース6、記事公開時点でどちらもオンラインストア、全国のザ・ノース・フェイス直営店ともに在庫なしの状態となっています。再入荷予定時期は、11月にオープンした恵比寿ガーデンプレイス店でのみ、年内の再入荷が予定されているようです。

入荷時期やエバベース6に関するお問い合わせは、下記THE NORTH FACE CAMP 恵比寿ガーデンプレイス店か、THE NORTH FACE CAMP のECサイトへお問い合わせください。

お問い合わせ

・THE NORTH FACE CAMP 恵比寿ガーデンプレイス店
所在地:東京都渋谷区恵比寿4-20-7 恵比寿ガーデンプレイス センタープラザ1F
電話番号:03-6432-5380
営業時間:10:00~20:00

・「THE NORTH FACE CAMP」ECサイト
https://www.goldwin.co.jp/tnf/camp/

↓ あわせて読みたい ↓


【体験レポ:THE NORTH FACE編 #2】「ランダー4」と「ランダー6」を設営比較&入手方法をメーカーに聞いてみた!

Evabase 6(エバベース6)の商品データ

エバベース6(Evabase6)
価格 ¥66,000(本体¥60,000)
収容人数 6名
フロアサイズ 280×280cm
ポール本数 5
収納サイズ 25×68×25cm
重量 約9.55kg(本体約3,270g、インナー約2,255g、ポール約3,270g、ペグ約560g)
立面図
※画像:公式サイトより
生地 <キャノピー>ポリエステルメッシュ
<フロア>150D ポリエステルオックス 10,000mmPUコーティング
<フライシート>75D ポリエステルタフタ 2,000mmPUコーティング

「エバベース6」「エバカーゴ4」「エバカーゴ2」

おすすめ記事