• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【スワンズのアイウェアが狙い目】度付きモデル多数でアウトドアフィールドがクリアに

2019 / 02 / 01

スポーツアイウェアを展開するスワンズから、フィールドの視界を変えるアイテムが続々登場中。目を適切に保護し視界を確保、さらに妥協ではなくコーデに合わせたくなるデザイン性の高いアイウェアも充実。

フィールドでの眼鏡やサングラスの悩みを解決したいなら、スワンズのアイウェアがいま狙い目。

スワンズのアイウェアがフィールドにハマる

紫外線に晒されるフィールドで、クリアな視界がほしいキャンプ&アウトドア。眼鏡やコンタクトユーザーにとってアイウェアの選択肢の少なさは悩みどころ。

スポーツアイウェアに触手を伸ばしてみると、デザインやカラバリがスポーティー過ぎてコーデに合わないとか、また度付きが選べないといった悩みに多くの方がぶつかります。そして解決策がないまま「コンタクト+サングラス」「眼鏡+オーバーグラス」「度付きサングラス」のいずれかでさまようことに。

該当のみなさん、ぜひいまのスワンズを一度チェックしてみてください。

度付きレンズ対応グラスがキャンパーの問題を解決

眼鏡、コンタクトユーザーのキャンパーから、フィールドでの視界の悩みをよく耳にします。動きのほか、コーデ的に街の眼鏡が合わない、コンタクトを良く無くす等。

また、コンタクトの場合、寒冷地では保存液に関するトラブルにも注意が必要に。そんなプレイヤーの悩みを解決するフィールドに対応した度付きグラスが続々登場中。

汎用性抜群なスポーツメガネ SWF-610

カラー:ディープブラック、ガンメタリック、スモーク、クリアブラウンetc

まずはフィールドでも街でも使用できるオールラウンドなタイプ。幅広いコーデにハマるニュートラルなデザインで度付きレンズ対応、偏光グラスにも可能。まさにフィールド向きなアイウェア。ドライブ用にも活躍してくれそう。

キャッツアイタイプのスポーツメガネ FCOP-0000

カラー:マットブラック、マットガンメタリック、マットオリーブ、マットネイビーetc

サングラスのフレームで人気のタイプながら、その湾曲からまず度付きが無いキャッツアイタイプですが、こちらは嬉しい度付き対応。横乗り系の方やストリートファッション好きのキャンパーなら待望の方もいるのでは? フィールドにとどまらず街でも使いたい一本。

汗にも強いスポーツメガネ SWF-601CP

カラー:マットブラック、ガンメタリック

幅広いアクティビティにハマるスポーティーなこのグラスも度付き専用。ミリタリーアイウェアに近いミニマルなデザインで扱いやすく、フレーム周辺が大きく解放されているタイプなので発汗の多いフィールドワークの際に役立ちそう。

高機能でコーデにも合わせやすいサングラス

夏になるとサングラス利用者は増えますが、キャンパーやさまざまなアクティビティを楽しむ場合、フィールドでは通年紫外線への注意が必要。夏に間に合わせで買ったサングラスをしてないでしょうか? 大切な目を保護し、時にフィールドでの多くの“成否”に関わる視界を確保するサングラスは確かな品質のアイテムを選んでおく必要があり。

STRIX Iシリーズ コンバーチブルで多用途なサングラス

カラー:ブラック、ガンメタリック、マットブラック、パールブラック、ホワイトetc

サイドのロックを外すだけでかんたんにアンダーリムが外せるコンバーチブル。フルフレームのグラスとして、ハーフフレームのグラスとして、用途やシーンに合わせて一つのサングラスで汎用性高く使用可能。

DF-Pathway PWシリーズ ベーシックスタイルでカラバリ豊富

カラー:ブラック、マットスモーク、ベージュクリスタル、ピンクetc

ベーシックなスタイルのフレームでシーンや用途を選びません。またフレームのカラバリが豊富なので幅広いコーデに合わせて楽しめるシリーズ。機能性カラーレンズも充実しているため、好みの一本に出会える可能性の高いグラスです。

スワンズのアイウェアがフィールドの視界を変える


視力の悪い私自身、「コンタクト+サングラス」「眼鏡+オーバーグラス」「度付きサングラス」このループを試行錯誤しつつさ迷ってきました。そしてレイテストの答えがスワンズのアイウェアです。

今までスポーツアイウェアではデザイン性と機能性が比例しないケースが多く、特に視力の低いユーザーには悩みのポイントでした。現在スワンズには、デザイン性と機能性が比例するアイウェアが多数ラインナップされています。

みなさんのニーズにハマる一本に出会えるかも。

アウトドアライター&クリエイター夏野 栄

山岳部出身のアウトドアライター。数多くの紙面やWEBなどの媒体で活躍。湘南の牛舎ガレージのアートディレクション廉プロデュース担当も務める。自転車ビルダーでもある。

夏野 栄の記事一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る