• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

一緒に作ってあたたまろう♪キャンプで肉まんのススメ

2018 / 12 / 15

寒い日が続いていますが、いかがお過ごしですか?Campeenaの安井直子です。

「冬のキャンプはお休み」という方も多いと思いますが、今年は首都圏近郊のキャンプ場がとれなくなるほど、この時期も、多くの方がキャンプを楽しまれているようですね。
温か定番メニューといえば「鍋」ですが、今日はみなさんにあえて「肉まん」をオススメしたいと思います。

ふっくら系パンピザと同じ生地!?


タイトルで「え!?」と思われた方、これ、本当なのです。ベーキングパウダーとドライイーストを両方使うこのレシピなら、肉まんにも、ピザにもできちゃいます。

<材料>小ぶり5個分

薄力粉:150g
強力粉:50g
ドライイースト:5~6g(大さじ1/2程度)※
ベーキングパウダー:5~6g(大さじ1/2程度)※
砂糖30g
オリーブオイル6g(大さじ1/2)
塩少々
ぬるま湯100cc


※キャンプ場で作ることを想定しているので、イーストとベーキングパウダーの量に幅があり、分かりにくくてすみません。

というのも、どちらも市販の小分けタイプのものを使うから少し多めなんです。自宅で作るときには大さじで計るかもしれませんが、アウトドアではできませんものね。正確に作るのならどちらも「5g」が正解です。

粉類だけは、自宅で測って袋に入れて来ると手早くできるのでオススメ!出発前に余裕のある方は、自宅でこねて発酵させながら移動→チェックイン後のお昼ご飯orおやつに作ることも出来ますよ♪

親子で作れば2倍楽しい。


よく手を洗ってから、お子さんと一緒に作ってください。同じ具材で作っても、見た目がいろいろ並んで、それだけでも楽しいですよ♪生地の端に中身がついてしまうと、閉じにくくなってしまうのでご注意を!

幼稚園児には…ちょっと難しい作業でしたが、ワアワア言いながら作業するのが楽しいので(笑) もちろん、形にならなかった肉まんも、ちゃんと食べてもらいましょうね。

「具」はなんでもOK!


中に包む「具」はなんでも構いません。本来はひき肉と野菜をこねて包むのですが、それだと準備が大変。「包んだら美味しそうなもの」を考えて、選んでみましょう♪

具材選びのポイントは、加熱済みのものを使うこと。蒸し時間も短縮できますし、中まで火が通らなくてお腹を壊す心配もありません。どんな味になるのか、ドキドキ食べてみるのも楽しいですよ!

欲張って入れすぎ注意!


「具材たっぷりの肉まんが食べたい」と思う気持ちは良く分かりますが、くれぐれも入れすぎにはご注意ください。まず、具を入れずぎると、うまく包めません。写真のように、手がベタベタになります。(笑)


なんとか上手くいって、「包めた!」と思っても安心できません。蒸している間に破裂…なんて事態も発生します。生地の薄かった部分から破れたり、閉じたはずの部分から漏れ出して…中身なしの「空っぽまん」になることもありますので、皮の厚さには注意してくださいね。

オススメの具材<TOP3>

「ピザまん」


市販のボロネーゼソース(1人前)、ピザ用チーズ(1掴み)、ピーマン(1個)

ピーマンの香りと歯ごたえが美味しい

「格安焼き鳥まん」


焼き鳥缶(1缶)、わけぎ(適量)

ネギがない場合は、香味野菜をアクセントに追加してくださいね。
こねぎで作ると「和風のテリヤキチキンまん」になります。

「肉まんの味がする?残り物まん」


BBQで残りがちな野菜。ちょっとだけお肉も確保しておいたら、立派な具材になりますよ!
今回の包んでみたのは、豚ロース(ハーブソルト味)、しいたけ、エリンギ、玉ねぎ。
細かく刻んで、焼肉のたれでさっと味付けしました。


出来上がりは、こんな見た目になりました。ゴロッとお肉が硬めですが、味は立派に肉まんでした。市販のものよりも優しいお味の肉まん。大人は、生姜を加えても美味しいと思いますよ!

photo by tomokko107

まとめ

加熱済みのものを具にしているから、10~15分程度ですぐに蒸しあがります。生地が蒸しあがればOK。ベチャッとしてしまうので、蒸しすぎには注意しましょう。

クッカーで蒸すときには、蓋にフキンやペーパータオルを挟むと、蓋から水滴が落ちるのを防ぎ、ふっくら美味しくできあがります。ぜひお試しくださいね。

Campeena 安井 直子

整理収納アドバイザーとして働くかたわら、母と子のためのアウトドアイベントCampeenaを主宰し、乳幼児連れのファミリーキャンプデビューをサポートする活動をしている。自身も3児の母。日本オートキャンプ協会公認インストラクター。

Campeenaブログ:http://campeena.com

「別冊ランドネvol.3親子でアウトドア」(枻出版社)に掲載
「母と子のためのハイキング&キャンプ」(地球丸)キャンプ同行、掲載
「LDK2017年6月号」アウトドア(公園デビュー用品)監修

Campeena 安井 直子の記事一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る