• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【コールマンキャンプ場ミーティング取材】コールマン直伝の知識と体験でキャンパーをサポート!

2017 / 08 / 10

アウトドアブームの中、キャンプを初めて楽しむ家族や、個性的で洗練されたキャンパーなど、様々なキャンプスタイルを目にするようになりました。しかし、快適かつ安全にキャンプを楽しむためには、基本的なキャンプの技術や知識を得ることが重要な要素のひとつ。
特にキャンプ初心者にとっては、キャンプ熟練者が一緒にいない限り、その技術や知識を習得するのは難しいですよね。そんな時、頼りにしたいのがキャンプ場のスタッフ!

コールマンがキャンプ場を対象とした講習会をスタート!

そこで日本のアウトドアシーンの火付け役ともいえるコールマンは、多様化するキャンパーを受け入れるキャンプ場のスタッフに対して、「コールマンキャンプ場ミーティング」を全国各地で実施することをスタートさせました。その一泊二日のリアルな講習の様子をご紹介します!

講習1日目

コールマンブランドの歴史を実際の商品開発者とレジェンドから教授

この講習をメインで進行担当されるコールマン ジャパンの竹島さん。なんとコールマンの最高峰マスターシリーズ ワイド2ルーム コクーンの企画設計など、様々なコールマン商品の開発に携わって来られた方。

さらには、Mr.コールマンこと、山村さんもご参加!レジェンドとも呼ばれるほどの方!コールマンの歴史や知識を得るには、最高のお2人が講師です!テントの開発秘話などがクイズ形式で組み込まれ、参加者の方も興味津々でした。

テントの設営〜撤収のポイントを徹底体験

屋内で商品の歴史と特性を学んだあとは、実際に外に出てテントの設営撤収時の重要なポイントのレクチャーを受けます。

テントの設営方法はコールマン公式WEB動画での閲覧回数も多い反面、撤収方法の閲覧は少ないと、コールマンの竹島さん。それだけテントの撤収方法への意識は低く、簡単かつ綺麗に収納する方法も含め、意外と認知されていないということ。


キャンプ場のレンタルテントとしても多く扱われているコールマンのタフワイドドーム。キャンプ場のスタッフとしての設営知識はもちろん、メーカー直伝の簡単な撤収方法と綺麗に収納する知識を得ることで、次のお客様にも気持ちよくスムーズに貸し出すことができますね。

「それではみなさんでコクーンを設営してみましょう!」コクーンの開発者ご本人を目の前にしつつ、参加者のみなさんでの設営が始まります。レクチャーを受けながらも、さすがキャンプ場のスタッフ達です。キャンプで重要な協力精神が抜群で、抑えておきたい重要なポイントを吸収して設営撤収が完了です!

初日の講習終了、そして飲みニケーション!

ここからは参加キャンプ場のスタッフとコールマンの懇親会がスタートです!コールマンとの意見交換や、キャンプ場同士の情報交換の貴重な時間です。
さらにお酒が入ることで、ぶっちゃけトークも?キャンプ場運営の悩みや課題を共有することで、更なるサービス向上に繋がること間違いないですね!


2日目は燃焼器具から
【次へ】

1 2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る