【参考キャンプスタイル】こだわりギアやレイアウト!テント内スタイル特集

公開日:2020 / 06 / 01
最終更新日:2020 / 06 / 01

外から見える部分だけをこだわるのはもったいない。

よりプライベートな空間だからこそ、思い切りわがままに自分だけのスタイルにしたい。

寝具や収納、過ごし方まで、テント内にこだわりを持つキャンパーのみなさんがいます。

理想のテント内スタイルを見つけるには、他のキャンパーさんを参考にすることが近道になるかもしれません。そこでこの【参考キャンプスタイル】では、現地取材で撮影してきた参考になるテント内のレイアウトや過ごし方をご紹介していきます。

テント内のこだわりが伝わるキャンプスタイル6選


ポールを中心にバランスよく寝具やクッションを並べていますね!

このキャンパーさんの他のスタイルはこちらから


バランゲルドームの愛嬌のあるフォルムに合ったシンメトリーなレイアウト。コットスタイルがいいですね!

このキャンパーさんの他のスタイルはこちらから


ソロキャンパーさんのコットスタイルです。地面とコットの間にシートを挟んでるんですね!

このキャンパーさんの他のスタイルはこちらから


タケノコテントの中です。エアーベッドを置く余裕があるので子供たちもついはしゃいでしまいますね!

このキャンパーさんの他のスタイルはこちらから


こちらもタケノコテント。収納ボックスや棚をナチュラルカラーの素材やギアで統一。窓面に寄せることでとてもスッキリした印象ですね!

このキャンパーさんの他のスタイルはこちらから


テント内にスクリーンを設置してプロジェクターで投影。動画サイトの映像はもちろん、その日撮影したキャンプの動画を流すなんてことも可能ですね。

このキャンパーさんの他のスタイルはこちらから