【焚き火台】クラフトマンの誇りとこだわり!既存品の弱点に正面から取り組んだ「SATELLITE FIREBASE」

公開日:2019 / 07 / 10

新鋭ファクトリーブランド「muraco(ムラコ)」がリリースした初の焚き火台「SATELLITE FIREBASE」。

総重量わずか1,790gでありながら、重量のある薪にもしっかり耐える堅牢性を備え、設営も簡単、コンパクトに収納できる注目アイテムです。

矛盾を高レベルで解決する、クラフトマンシップ

既存の焚き火台の多くは、携帯性の良いものは安定感や堅牢性に問題を抱え、頑丈なものは重く持ち運びにくい、など、根本的に弱点を抱えている、との思いから、「muraco(ムラコ)」では、独自に焚き火台の設計に着手。

0.01mm の誤差が品質を左右する世界で磨かれたファクトリーの技術をベースに、念入りな基礎設計、数十枚もの図面設計、さらには0.1mm単位の組立設計を繰り返したそう。

結果、「携帯性の良さ」「説明書不要のセッティング」「重量のある薪に対応する頑丈さ」のすべてが、高次元でバランスの取れた、「SATELLITE FIREBASE」が誕生します。

直感的なセッティング

収納時には、わずか直径10cm、長さ38cmの細長い筒状の「SATELLITE FIREBASE」。

両端のステンレス製ボトルを緩め、アームとレッグを起こし、両端のボルトを締め込みます。

これだけで、アームとレッグが固定され、土台が完成。

耐熱ステンレスのマイクロメッシュの四隅のカラビナを、アームの切込みに引っ掛ければ、もう焚き火台として使用できる状態になります。

撤収も楽々

ボルトを緩めアームとレッグが交差する位置でたたむだけ。

マイクロメッシュは、非常にしなやかなので、本体と一緒に丸めて、スタッフサックに収納できます。

もし、いま使っているコンパクトサイズの焚き火台に、物足りなさを感じているなら、検討してみる価値はありそうですね。

muraco(ムラコ)「SATELLITE FIREBASE」詳細

¥17,000(+税)

セット内容:本体、マイクロメッシュ、取扱説明書、スタッフサック
総重量:1,790g
収納サイズ:直径10cm、長さ38cm
使用時の寸法:縦43cm × 横46cm × 高さ24cm
素材:本体(ARM、LEG、Stable bolt / ステンレス304)、(メインフレーム / アルミニウム合金)、(マイクロメッシュ / 耐熱ステンレス)、スタッフサック(ポリエステル)