【キャンプDE簡単和菓子レシピ集】食べて美味しい&作って楽しい♪

公開日:2019 / 03 / 31
最終更新日:2019 / 03 / 31

春はお花見キャンプの季節ですが、子ども達はやっぱり花より団子。キャンプのおやつをとても楽しみにしています。Campeenaの安井直子です。

焼き芋やスモアを楽しむのもいいけれど、せっかくですので、たまには趣向を変えて、和菓子のおやつも楽しいですよ。自宅で準備していけば、現地で簡単に作れるものもありますよ♪親子で一緒に作れるものを集めてみました。

おせんべい

【用意する物】
スライス餅 1袋
醤油や塩、砂糖などお好みの調味料

 
~作り方~

  1. 自宅にて:スライス餅を2〜3日陰干しする。
  2. キャンプ場にて:炭火(遠火)で乾燥したお餅を焼く。
  3. お好みで味をつけたら完成。
    (醤油の場合は刷毛で塗り、塩系の場合は紙袋に入れてガサガサ振ると味付けできます。)

フルーツ(いちご・バナナ)大福

【用意する物】10個分
切り餅 6個
いちご 5個
バナナ 1/2本
ねりあん 1缶
お湯 80cc
砂糖 小さじ1

 
~作り方~

  1. バナナといちごをねりあんで包む。
  2. 切り餅を 1/4 サイズにカットし、お湯に入れて柔らかくし、木べらで良くこねる。
  3. 手を水で濡らし、お餅でフルーツとあんを包む。(ちょっと熱いので注意!)
  4. 丸め終わったら、周りに片栗粉をまぶして完成!
  5. (我が家では、バナナの方が好評!いちごよりも作るのも簡単です♪)

焼き団子

【用意する物】10本分
(a)白玉粉50g+水50ml
(b)上新粉150g+砂糖8g+熱湯100ml
味付け材料※

 
~作り方~

  1. 自宅にて:(a)の白玉粉と水を混ぜ合わせる。
  2. (b)上新粉、砂糖に熱湯を加え、全体によく混ぜる。
  3. (a)と(b)を混ぜ合わせ、ひとまとまりになるまでよく混ぜる。
    (ベタベタしてしまったら上新粉をプラス。逆に固すぎた場合は、水を足して調節する。)
  4. 耳たぶぐらいの硬さになったら、ジッパー式袋+クーラーボックスに入れて出かけます♪
  5. キャンプ場にて:30個に分けて丸める。
    (茹でるとふた回りぐらい大きくなるので、丸めるときは小さめにしておいて下さいね。)
  6. 茹でる。浮かんできてから2分程度しっかり茹でます。
  7. 冷水にとって、ぬめりを取ります。
  8. 団子を竹串に刺し、炭火で焼く。
  9. お好みのタレをかけて完成!

※味付けは、丸美屋のおもちとからめて!シリーズがオススメです。小袋に分けられているので必要な分だけ使えるし、何種類か持っていけばいろいろな味で楽しめますよ。

抹茶チョコレートクリームサンド(トースト)

【用意する物】3人分
ホワイトチョコ 1枚
抹茶粉末 小さじ1
コーヒーポーションミルク 8個
レーズン、アーモンドフレーク、食パンやクラッカーなど

 
~作り方~

  1. (a)コーヒーポーションミルクに抹茶を溶かす。
  2. (b)湯煎でホワイトチョコレートを溶かす。
  3. (b)に(a)を入れよく混ぜる。
  4. レーズンやナッツ類を入れる。
  5. 軽く焼いた食パンに塗ったり、クラッカーにサンドしたりしてお召し上がりください♪

photo by tomokko107

まとめ


焼き団子は家で下ごしらえして行くことになるですが、市販のものとは比べ物にならないほど美味しく作れます。丸めたり、串に刺したりするのも楽しいので、子ども達も大興奮。小さいお子さんは、大きさに気をつけてあげてくださいね!

抹茶の粉末は、スーパーなどでも手に入り、小さな缶やパウチで売られています。「お抹茶」は、スモアなど甘いお菓子とも相性抜群ですので、コーヒー代わりに飲んでみるのもいいですよ。

ご家族みなさんで、美味しいキャンプをお楽しみくださいね♪

Campeena 安井 直子

整理収納アドバイザーとして働くかたわら、母と子のためのアウトドアイベントCampeenaを主宰し、乳幼児連れのファミリーキャンプデビューをサポートする活動をしている。自身も3児の母。日本オートキャンプ協会公認インストラクター。

Campeenaブログ:http://campeena.com

「別冊ランドネvol.3親子でアウトドア」(枻出版社)に掲載
「母と子のためのハイキング&キャンプ」(地球丸)キャンプ同行、掲載
「LDK2017年6月号」アウトドア(公園デビュー用品)監修

Campeena 安井 直子の記事一覧