朝霧ジャンボリーオートキャンプ場 体験レポート! トイレ&水道は◎、まったりできる近隣温泉もGood

公開日:2016 / 06 / 13
最終更新日:2020 / 03 / 30

水洗トイレ、水道、シャワーなど設備は充実。清潔度も好印象

キャンプ場内には、水道が10カ所、トイレが7カ所、シャワー1カ所が完備されています(シャワーは繁忙期以外は無料!)。
rDSC08623
木造のトイレ棟。
rDSC08627
屋根付きの炊事場。
rDSC08629
シンクも十分な大きさ。洗い物も快適です。

編集部が陣取ったPエリアはもちろん、どのエリアも水道・トイレが近く、トイレは水洗でほとんどが洋式。

編集部が確認した範囲では、いずれも清潔に管理されていました。ファミリーキャンプには安心できるポイントでしょう。

ちなみに、水道の水はすべて地下180mから汲み上げた富士山の伏流水だとか(飲めます!)。
rDSC08743

電源サイト、バンガローも。秋にはビッグイベントが開催!

10カ所あるエリアのうち、1カ所が電源サイトとなり、ここだけはフリーサイトではありません。
rDSC08653
rDSC08665
区画されているとはいえ、こちらも十分スペースが取れそうです。

また、ペット不可のエリアが1カ所(他のエリアは基準を満たせばペットOK)。バンガローが合計3棟設置されています。電灯やAC電源付きです。
rDSC08646
120m×80mの大きなイベント広場がキャンプ場の中央に! こちらも全面芝生で、イベント時にはテントの設営も可能。ここで毎年開催されているのが、音楽フェスティバルの「朝霧JAM」です。

また、中央付近のIエリアには、ちょっとした遊具も。
rDSC08673
身体を動かし足りない子どもを連れて、遊びにきてもよいかもしれません。

東京から2時間。東名・中央の最寄りインターからは30~40分と、アクセスはまずまず

東名高速道路の富士I.C.から約30分、中央自動車道河口湖I.C.からで約40分の朝霧ジャンボリー。渋滞がなければ、東京文京区のランタン編集部から中央自動車道経由で、およそ2時間の道のりです。

富士I.C、河口湖I.C.のどちらを使っても、国道139号線から少し東に入った受付へ向かいます。少々わかりづらいのですが(編集部の車は間違えました)、下の交差点を曲がり、500mほどの位置に受付があります。
rDSC09029
「朝霧ヴィーナスガーデンゴルフコース」の看板が目印です。

次ページは近場のスーパーやコンビニ、温泉情報・・・