【チャムス2021年新製品】注目はTC素材の陣幕にチャムス初のキャンバスチェア。表参道店限定アイテムもご紹介!

公開日:2021 / 04 / 25
最終更新日:2021 / 04 / 26

アパレルからキャンプギアまで、色鮮やかな可愛らしいデザインが人気の「チャムス(CHUMS)」から、2021年の新製品が続々と発売されています。発売後間もなくオンラインショップで完売となったアイテムもあり、チャムスが送り出す2021年の新製品は、見逃せない注目のアイテムばかりです。

チャムス2021年の新作の中から陣幕(横幕)の「ブラインドウォール(Blind Wall)」、同社初となるキャンバス素材の「キャンバスチェア(Canvas Chair)」をピックアップ。ブラインドウォール、キャンバスチェアの特徴、魅力を、チャムス表参道店店長の武井さんに伺ってきました。

表参道店限定、オススメ製品と合わせてご紹介します。

TC素材の陣幕「ブラインドウォール」

チャムス2021年新作ブラインドウォール
まずご紹介するのは今季の新作となる「ブラインドウォール」です。風除けやフリーサイトでは間仕切りと、キャンプサイトにプライベート空間をもたらしてくれるアイテムです。TC素材を採用しているため、火の粉にも強いという魅力があります。

武井店長にブラインドウォールの特徴、オススメの使用方法を聞きました。


「4面になっているので、キャンプサイト、区画によってL字型にできたり、コの字型にも応用可能です。素材がTC素材なので、多少の火の粉も問題ありません。

陣幕内で焚き火などの火を扱う時の風除けや、煙が隣のサイトにいかないという配慮ができます」

設営方法はポールをスリーブに差し込み、表裏どちらも二股に分かれているロープをペグダウンし、本体を立ち上げロープを張ればOKです。風が強い時には、中心のゴム部分にもペグダウンし、補強することができます。

ちなみに発売間もないブラインドウォール、オンラインショップでは売り切れですが、直営店にはまだ在庫があるそうです(4月21日時点)。

同じ素材のテント・タープと合わせて統一感を!

チャムス2021年新作ブラインドウォール
チャムスからは昨年、TC素材のテントとタープが発売されていて、新たに登場するブラインドウォールとそろえて使えば一気にサイトに統一感をもたらせるデザインです。

またブラインドウォールだけに施された、チャムスらしい遊び心を感じさせる仕掛けもあります。


「同じTC素材のテント、タープが(昨年)発売されていて、色見とデザインでキャンプサイトに統一感をもたらすことができます。是非、合わせて使ってほしいですね。

また(チャムスのマスコットである)ブービーバードの足跡が入っているのは、ブラインドウォールだけです。それにチャムスのロゴも、2カ所に贅沢使いしています。

アウター、マグカップにも同配色の製品があるので、合わせても楽しめます」

「ブラインドウォール」製品情報

HP:https://www.chums.jp/shop/g/gCH62-1580-0000-00/
価格:27,280円(税込)
サイズ:約幅500×高さ136cm
重さ:約7.4kg

チャムス初!キャンバスチェア

チャムス2021年新作キャンバスチェア
人気のキャンバス地のローバーチェアが、チャムスより初登場します。4月末より発売予定ですが、武井店長によると「ファンの方も発売を待ちわびているようで、問い合わせもかなり多いです」と、チャムスファンの方も大注目しているとのこと。

元々は軍用に使用されていたローバーチェアがデザインのベースなので、作りは非常にしっかりしています。背面にはチャムスのロゴがプリントされています。
チャムス2021年新作キャンバスチェア


「これまではポリエステル地のチェアのみでしたが、最近はナチュラルテイストを打ち出しています。今後も全体の統一感を出せるような提案をしていきたいですね。

雰囲気がすごく良くなると思うので、可能なら何脚かそろえて統一感を出してください」

「キャンバスチェア」製品情報

価格:9,680円(税込)
サイズ:約幅52×奥行59×高さ74cm
重さ:約3.2kg

次のページでは、チャムス表参道店でしか買えない限定アイテムを紹介します。

1 / 2

LANTERN編集部

キャンプの楽しさを伝えるLANTERN編集部です。
旬な情報からキャンプスタイルまで、キャンプに役立つ情報を幅広く発信します!

LANTERN編集部の記事一覧