【神奈川でグランピング】都心から約90分で味わえる極上の癒し!日比谷花壇初の宿泊施設がグランドオープン

公開日:2020 / 07 / 16
最終更新日:2020 / 07 / 20

日比谷花壇の”STAY”『里楽巣 FUJINO(リラックスふじの)』のルリ

神奈川県相模原市藤野に、日比谷花壇がプロデュースする初の宿泊施設、グランピングサイト「日比谷花壇の”STAY”『里楽巣 FUJINO(リラックスふじの)』」が、誕生します。グランドオープンは8月21日。

8月1日より、公式サイトで予約受付を開始します。

都心から車で約90分とアクセス抜群の「里楽巣 FUJINO(リラックスふじの)」の魅力、早速ご紹介しましょう。

「里」「楽」「巣」 FUJINO(リラックスふじの)

グランピング「日比谷花壇の”STAY”『里楽巣 FUJINO(リラックスふじの)』」がオープン
施設名の里楽巣(リラックス)は、
自然豊かで穏やかな空気が流れる「里」―
ゆったりくつろげて遊びも充実の「楽」―
心静かに落ち着いて過ごせる「巣」―
からとったもの。

「ココロもカラダも喜ぶ場所」をコンセプトに、自然に囲まれ穏やかにリラックスできる環境で、日比谷花壇がこだわった極上の癒しを体験することができます。

和と洋のグランピングサイト

日比谷花壇の”STAY”『里楽巣 FUJINO(リラックスふじの)』のテラス
里楽巣 FUJINOには、和風と洋風の2種類のグランピングサイトが展開されます。どちらもドーム型テントで、テント内には日比谷花壇らしい植物があり、ガーデンテーブルは藤野市にある工房で作られたものというこだわりようです。

美しい山々を望めるパノラマデッキにカウンターテーブル、バーベキュースペース(食材の用意はオプション)もあります。

ウェルカムドリンクでほっと一息ついた後、藤野の自然を全身で感じながら、心からリラックスできる空間ですね。

和風「ルリ(RURI)」

和風の「ルリ(RURI)」には、キャンプ場やグランピングでは珍しい畳が敷いてあります。寝転がってのんびり読書をして、そのままお昼寝。という贅沢な時間を過ごしてももちろんOK。
日比谷花壇の”STAY”『里楽巣 FUJINO(リラックスふじの)』のルリ

洋風「エクリュ(ECRU)」

洋風の「エクリュ(ECRU)」は、フローリング風の床。落ち着いたインテリアに囲まれて、外に広がる山々を眺める。都会の喧騒から離れ、至福の時間を過ごすことができますね。
日比谷花壇の”STAY”『里楽巣 FUJINO(リラックスふじの)』のエクリュ

シェフ監修によるフルコース料理

日比谷花壇の”STAY”『里楽巣 FUJINO(リラックスふじの)』が神奈川県にオープン
食事は、シェフ監修の地元藤野産の朝採れ無農薬有機野菜に、海、山の幸を使った季節ごとのフルコース料理が提供されます。

朝食ももちろん豪華。
日比谷花壇の”STAY”『里楽巣 FUJINO(リラックスふじの)』の朝食
オプションを利用してバーベキュー(BBQ)を満喫してもOK。
日比谷花壇の”STAY”『里楽巣 FUJINO(リラックスふじの)』のバーベキュー

施設内外で楽しめるアクティビティ

日比谷花壇の”STAY”『里楽巣 FUJINO(リラックスふじの)』のアクティビティ
里楽巣 FUJINOは、アクティビティも充実しています。ヨガや工房体験、ブルーベリー狩り、フラワーレッスンなどなど多彩なメニュー。

美しい自然に囲まれて行うアクティビティは、非日常を体験できる忘れられない思い出になりますね。

「日比谷花壇の”STAY”『里楽巣 FUJINO(リラックスふじの)』」

公式HPhttps://hibiya-stay.com/relax/
オープン:2020年8月21日(金)
予約開始:2020年8月1日(土)(HP 上で予約受付)
住所:〒252-0186 神奈川県相模原市緑区牧野 4611-1 藤野倶楽部内
電話番号:042-649-0286
チェックイン:15:00~17:00
チェックアウト:8:00~11:00
アーリーチェックイン:13:00~(有料)1サイト…8,000 円/1 時間
定休日:オンシーズンなし、冬季休業あり
アクセス
車の場合: 新宿 IC~相模湖 IC 相模湖 IC から約 7km
公共交通機関の場合:新宿~里楽巣 FUJINO 約2時間半 JR 中央本線藤野駅から、
タクシー(約8分)またはバス(神奈川中央交通・野 11 または野 12 中尾バス停→徒歩約 2分)

LANTERN編集部

キャンプの楽しさを伝えるLANTERN編集部です。
旬な情報からキャンプスタイルまで、キャンプに役立つ情報を幅広く発信します!

LANTERN編集部の記事一覧