コールマン2020年最新2ルームテント「4S ワイド2ルーム コクーン3」どこよりも詳しく解説!コクーン2とコクーン3の違いは?

公開日:2019 / 09 / 12
最終更新日:2020 / 03 / 25

2020年度コールマン新製品展示会でお披露目された、「4S ワイド2ルーム コクーン3」。

コールマンのフラッグシップである、マスターシリーズの最新2ルームテントです。

トータル100泊以上「ウェザーマスター ワイド2ルーム コクーン2」を使い倒してきたライターが、コクーン2とコクーン3の違い、変更点、改良ポイントを、どこよりも詳しく解説します。

コールマンの大型2ルームテント「コクーンII」で100泊以上! メリット&デメリットまとめ

名称が変わった?「4S」=オールシーズン対応

まず注目は、商品名です。

コクーン2からコクーン3へのリニューアルですが、名称は「ウェザーマスター ワイド2ルーム コクーン2」から「4S ワイド2ルーム コクーン3」へと変更になりました。

“ウェザーマスター” が “4S” に変わりましたが、結論を言うと、呼称が変わっただけで、中身は変わっていません。

“4S” とは、“4 Seasons(シーズンズ)” つまり、マスターシリーズのテントの中でも、真冬から真夏まで、日本の四季に完全対応する、「ウェザーマスター4シーズンズコンセプト」のこと。

マスターシリーズの2ルームテントは、元々「ウェザーマスター4シーズンズコンセプト」のラインナップに属していました。

これまでの商品名は、“4シーズンコンセプト” に当たる “4S” が省略されていましたが、2020年度新商品からは、逆にウェザーマスターを省略して、4Sであるかどうか(オールシーズンに対応しているかどうか)が、商品名を見るだけでパッとわかるようになりました。

同時に発表された、少し小さめの2ルームテント「4S ワイド2ルーム カーブ」や、オープン2ルーム(タープ一体型のドームテント)「4S ワイド2ルーム エアリウム」も、同様の商品名になっています。

1 / 3

寄金 佳一

フリーランス。「LANTERN(ランタン)」企画編集ディレクター。

自身でもキャンプ&アウトドア事業を手がけるほか、「asobi基地・関東 アウトドア部」代表など、親子向けのアウトドア活動を様々に展開する。親子キャンプ&アウトドア引率のべ約1,000名。

寄金 佳一の記事一覧