【北海道帯広市】ソーセージ・アイス・バター・チーズ、畜産物加工を通じて命を育む「食」の大切さを学ぶ

公開日:2017 / 06 / 08
最終更新日:2020 / 03 / 30

北海道帯広市ってどんなところ?

食料自給率1250%を誇る十勝地域の中心に位置し、豊富な農畜産物を使った豊かな「食」にあふれる地です。それぞれに特色のある魅力的なお菓子屋さんが数多くあり、「スイーツ王国」と呼ばれるほど。
また、帯広に訪れた際には、帯広発祥の「豚丼」や世界で唯一の「ばんえい競馬」をぜひ体験していただきたいです。

夏休みに行くなら、ココがオススメ!

スノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド

【夏】帯広市街地から約35キロのポロシリ自然公園にある「スノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド」は、コンディションの良いふかふかの芝生の上で思いっきり遊べるほか、夜は満点の星空に包まれるキャンプ場。キャンプビギナーでも気軽に楽しめます。

岩内仙峡

【秋】雄大な自然の中に美しい渓流風景が広がる「岩内仙境」は紅葉の名所。切り立った渓谷にかかるつり橋からの眺めは美しく、毎年10月には「岩内仙境もみじまつり」も開催され多くの人で賑わいます。

お子さんと一緒に学ぶ、楽しむ自然はこちら!

畜産物加工研修センター

日ごろ体験できないソーセージづくりやアイス・バター・チーズ作りなど、畜産物加工を通じて食品の製造過程や命を育む「食」の大切さについて学ぶことができる研修センターです。

営業期間:1月4日~12月28日まで
※毎週月曜定休(月曜日が祝祭日の場合はその翌日)
住所:〒080-2336 北海道帯広市八千代町西4線194 MAP
電話番号(ご予約はこちら):0155-60-2514
※定期研修・随時研修は1週間前までにご連絡下さい
HP:http://www.city.obihiro.hokkaido.jp/nouseibu/nouseika/tikusanbutukakoukensyuusenter.html