• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【キャンプ×自転車】キャンプに最適化した自転車『キャンプチャリ』を開発してみた

2018 / 10 / 24

アウトドアがより心地よい季節になってきましたね、いかが野外でお過ごしでしょうか。

自転車もはかどるこの季節、今回は「キャンプ×自転車」というテーマ。弊社クリエイティブでは最近、キャンプに最適化させた『キャンプチャリ』という自転車を制作しました。

アウトドアライターという視点、自転車ビルダーという視点、そしてカルチャーを俯瞰してみるクリエイター視点を総動員して、キャンプを盛り上げつつソーシャルグッドになるプロジェクトとして、やり過ぎカスタム遊びしてみました。

 

キャンプにハマるチャリの要素ってなんだろう?

キャンプに最適化した自転車、便利で楽しい自転車の使い方を考えたらどんな要素が重要なのか?まず最優先したいのは安心安全、そして積載性能。いくら荷が多く運べても危険がつきまとうなら使えませんよね。まずはそんなリスクを可能な限り排除しつつ、積載量と使い勝手を向上させた自転車がハマると考えました。

安全性メンテ性からシャフトドライブ車を選択


自転車にまつわるトラブルはチェーンにまつわるものがほとんど。汚れたり外れたり、ケガしたり。これは電動自転車でも同じ事。自転車の根本リスクを回避するには、必然的にチェーン駆動ではない駆動方式が最も近道です。

その点を可能にするのがレアなベース車「世界初のシャフトドライブカーゴ自転車」。ちょい値は張りますが、トレンドのサステナビリティ性は高。電動自転車とほぼ同価格帯なので、街足としてキャンプの相棒として、選択肢にかなりアリかと思います。

そんなもろもろから、世界初の「シャフトドライブのカーゴバイク」をベース車にセレクト。これによりチェーンにまつわるリスクから解放され、高い安全性確保への道が開かれました。

世界初のシャフトドライブカーゴバイクCycle Boy『TrunkGO』

数々の異彩を放つオーダーメイド自転車を造りだしている湘南の自転車工房サイクルボーイ。
本体価格:15万円

荷台高が低くロー&ロングで広大なキャリアスペース

このベース車には、シャフトドライブ以外にも外せないキャンプチャリたりえる要素があります。それは他の車両にはない荷台高の低さとロー&ロング具合。

荷台地上高が低いという点は、全体の重心を下げ安定感を増すと同時に、万が一荷が落下してもダメージが少ないという強力なアドバンテージがあります。「荷を運ぶ自転車」の重要なポイントの一つです。

積載量を倍にするワンオフカートも制作!

やはり、『合体して強くなる』みたいなことに惹かれるわけです。そんな切り口から、「積載量が倍になるサブマシンを装備したらなんかいろいろ良いかも!」という思考にいたり、キャンプチャリに従属するマルチカートを制作してみました。その名も『Container Go!』。


Gentle Container Go! 参考商品

荷物を大量に運べるキャンプチャリ。そのキャラを、効果をさらにパワーアップさせるサブアイテムとして、けん引できるオリジナルカートにしました。カーゴバイクの荷台のクローンとなる同サイズの荷台を設置することで、セットで使用した際にはぴったり二倍の積載量に。

またキャンプやガレージで使用する際、サブのストレージスタンドとして、作業台としても使用できる仕組みで利便性も二倍!なんか得した気分!

1 2 3

アウトドアライター&クリエイター夏野 栄

山岳部出身のアウトドアライター。数多くの紙面やWEBなどの媒体で活躍。湘南の牛舎ガレージのアートディレクション廉プロデュース担当も務める。自転車ビルダーでもある。

夏野 栄の記事一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る