• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「青の洞窟」「茜色に染まる水面」息をのむ絶景を堪能できる、西伊豆トリップのススメ

2018 / 08 / 03

国内屈指の観光地として知られる伊豆。
都内からのアクセスも良く、旅行先の候補に常に上がる人気スポットとして有名ですが、今回はその中でも特に「超絶景ロケーション満載!」といわれる西伊豆エリアにスポットを当てて、絶景スポット、アウトドア体験、おすすめグルメ・お土産などを紹介していきます。

”ふるさと”と言いたくなる夕陽のまち「西伊豆町」

地図からもわかる通り、伊豆半島の西側駿河湾に面した西伊豆は、「日本一の夕陽」が眺められる場所としてもよく知られています。
特に”マジックアワー”と呼ばれる日没後のひと時は、言葉には表せない美しさがあり、一度味わったらきっと忘れられない光景になるはずです。
まずは、そんな夕陽日本一のまちが誇る絶景のサンセットスポットを紹介します。

美しいサンセットシーンと、神秘的な光景が堪能できる「堂ヶ島」


【堂ヶ島エリア】“伊豆八景”の一つに数え上げられる堂ヶ島。岸壁や小島が織り成す景色の美しさから「伊豆の松島」とも称えられる、最高のサンセットスポットです。駿河湾の水平線の彼方に沈む夕陽を眺めていると、まるで時間が止まったかのような感覚を味わえます。

堂ヶ島(どうがしま)
住所:静岡県賀茂郡西伊豆町仁科 MAP

夕陽を浴びて岩肌が黄金色に輝く「黄金崎」


【宇久須エリア】夕陽を浴びて黄金色に輝く岩肌は、海底火山の噴出物が温泉水や地熱の作用によって変質・変色したものです。馬の頭にそっくりの岩壁があることから「馬ロック」の愛称で親しまれています。
黄金崎は岬全域が公園となっていて、遊歩道・芝生公園・展望台・お花畑などが整備されており、富士山と駿河湾の眺望も美しい絶景スポットです。

黄金崎(こがねさき)
住所:静岡県賀茂郡西伊豆町宇久須 MAP

港町の懐かしい風情が漂い、”いつか見たあの夕陽”の情景が思い出される「仁科漁港」


【大浜・仁科エリア】港側のエリアに並ぶ家並みはほとんどが民宿で、そぞろ歩けば港町の懐かしい風情がたっぷり。子どものころ”誰もがどこかで見たことのある景色”と思えるような哀愁を感じることができます。地元の人たちも飾らない温かな笑顔で迎えてくれます。

仁科漁港(にしなぎょこう)
住所:静岡県賀茂郡西伊豆町仁科 MAP

標高750mの高台から、澄んだ空気と美しい夕陽を堪能「西天城高原」


【宇久須エリア】宇久須より約10kmほど上った標高約750mの位置にあるさわやかな高原。眼下に山並みや雄大な海を望むことのできる西天城高原は、夕陽のひと時もとてもロマンチック。茜色に染まる絶景をさわやかな大気の中で楽しめます。

西天城高原(にしあまぎこうげん)
住所:静岡県賀茂郡西伊豆町宇久須3609-1 MAP

日本一の夕陽!との呼び声も高い「大田子海岸」


【田子・浮島エリア】3月の春分の日と、9月の秋分の日の前後に、男島と女島のふたつの島の間に夕陽が沈む様子は、まさに神秘の光景。メガネッチョと呼ばれる奇岩があることでも知られる、人気のサンセットスポットです。

大田子海岸(おおたごかいがん)
住所:静岡県賀茂郡西伊豆町田子 MAP

映画のワンシーンのようなノスタルジックな夕陽が見られる港「安良里港」


【安良里エリア】以前は「安良里と言えばイルカ漁」と言われるほど全国的に有名でした。いまは静かな情緒をたたえる港で、黄昏時の散策もノスタルジックに満ちています。

安良里港(あらりこう)
住所:静岡県賀茂郡西伊豆町安良里 MAP

夕陽だけじゃない!西伊豆エリアは「自然が創り出した芸術」の宝庫だった

青の洞窟が見られる「堂ヶ島・天窓洞」

【堂ヶ島エリア】天然記念物に指定された天窓洞は、凝灰岩でできている海触洞窟です。
東口・南口・西口の3か所に入口があり、中央にある天井が丸く抜け落ちた天窓から差し込んだ光が白い岩と蒼い海を絶妙に照らすことで神秘的な光景を見ることができ、まさに「自然が創り出した美しい奇跡」。
この天窓洞は、堂ヶ島遊歩道のコース上にあり天窓洞を上からも見ることができます。
平成30年7月1日から、伊豆半島ジオパークが世界認定されたことを記念した新コース「堂ヶ島ジオめぐり」コースがスタートしました。
「堂ヶ島ジオめぐり」は、既存の「洞くつめぐり」コースとほぼ同じコースですが、所要時間は「洞くつめぐり」より10分長く、堂ヶ島ジオサイトをジオガイドが説明する、期間限定のお得なコースです。
出港時間は毎週土曜日の13:30、日曜日の12:30と13:30。料金は大人1,200円、子ども600円で、既存の「洞くつめぐり」と同額です。

堂ヶ島マリン「洞くつめぐり遊覧船」
住所:静岡県賀茂郡西伊豆町仁科2060 MAP
お問合せ:0558-52-0013
料金:大人/1,200円、子供/600円、団体(15名以上)/1,080円
運行時間:8:15~16:30(出発間隔:10~15分、所要時間:20分)
HP:http://www.izudougasima-yuransen.com/
※運行コースやスケジュールは、HPよりご確認ください

海が割れる!?トンボロ現象が見られる「三四郎島」

【堂ヶ島エリア】三四郎島は、沖あい200mほどの場所にある伝兵衛島・中ノ島・沖ノ瀬島・高島からなる4つの島です。見る角度により3つに見えたり4つに見えたりすることが「三四郎島」の名前の由来です。
普段は海なのに、干潮時になると陸地から島へ幅30mの砂州ができ、陸から島へ歩いて渡ることができる「トンボロ現象」という珍しい光景を見ることができます。

三四郎島(さんしろうじま)
住所:静岡県賀茂郡西伊豆町仁科 MAP

ジオサイトならではの自然の造形「浮島海岸の三ツ足」

【田子・浮島エリア】浮島海岸は長さ100m程の小さな石ころの海岸、かつての海底火山にマグマを供給したマグマの通り道である岩脈群(火山の根)を観察することができます。海岸にそびえたつ板状の奇岩のひとつひとつがかつてのマグマの通り道でした。

浮島海岸(ふとうかいがん)
住所:静岡県賀茂郡西伊豆町仁科 MAP

>次ページ:伊豆半島最大&絶品の夕陽スポット&海水浴も楽しめる「宇久須キャンプ場」の魅力

1 2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る