• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

家族4人でファミリーキャンプ!群馬県スウィートグラスでキャプテンスタッグのギアを満喫

2016 / 09 / 18

キャプテンスタッグをフル装備!北軽井沢にあるスウィートグラスにキャンプに家族4人でファミリーキャンプをしてきました!
スウィートグラスはテントサイトのほかに、コテージやツリーハウス、ドックサイトもあります。その中で今回宿泊をしたのは、林間にあるテントサイトです。
179_640

さっそく設営スタート!

今回使用したテントは、6人用のオルディナ スクリーンドームテント
キャプテンスタッグの他のテントと比較するとサイズ感は以下の通りです。

テント hikaku_3 hikaku_1 hikaku_2
横幅(cm) 340 280 270
奥行(cm) 420 420 430
高さ(cm) 180 180 184

キャプテンスタッグの他の6人用テントと比べてみると、少し横幅が大き目のつくりになっています。

今回の設営は、子ども2人も手伝い家族4人で行いました。初めてなので説明書を見ても勝手が分からず戸惑ったところもありましたが、全体的には比較的簡単にテントを張ることができました。オルディナ スクリーンドームテントは窓が二重構造になっていて、内側のメッシュ窓が内外どちらからでも開閉できてとても便利です。また、メッシュ窓が大きく通気性は抜群なうえ、蚊などの虫の侵入もありません。4人で使用したのでテント内はゆったり快適でした。
721camping_5840
次に設営をするのは、オルディナリビングスクリーンドーム。オルディナ スクリーンドームテントより組み立ての工程が少なく、簡単に設営できました。入口はメッシュとの二重構造なので、昼はメッシュ、夜は風除けのため布を下ろすことで、室温を調節できます。

キャンプタイムスタート!

快適なリビングスペースを実現するために登場したのは、ジャストサイズ ラウンジチェアで食事がしやすいテーブル。設営はフックを外して開くだけの簡単構造。持ち運びは取っ手がついているので片手でも楽々。4人で食事をするのに最適な大きさです。
721camping_5445
その他に重宝したのが、ジュール アルミFDトレーテーブル。小さめでロースタイルに合う机です。設営は足を開くだけ。キッチン用とサイドテーブルとして使いました。テーブルのふちはトレーのように高さがあり、置いたものが落ちにくいので安心です。重ねて置くと棚にもなります。
721camping_2180
椅子は、ジュール ロースタイルディレクターチェアを4人分用意。座り心地が良く、軽くて持ち運びも楽々です。
子どもが特に気に入っていたのは、CS アルミ背付きチェア。収納時は2つ折りで薄くなり、車に乗せてもスペースを取らないところがよかったです。

クッキングタイム!

キャンプ料理で重要なのは、キッチン!2口コンロのステイジャーコンパクトガスバーナーコンロを使用。コンパクトに収納でき持ち運びも楽です。
721camping_4068
分厚いお肉もこの通り、あっという間に調理することができました。
721camping_8107
完璧で便利なキッチン周りを演出してくれたのは、マック システムフリースタンド、システムスタンド用受けバー、システムスタンド用ゴミ袋ホルダー、システムスタンド用棚網 の4点。組み立てがとてもシンプルで簡単。説明書を見なくても直感的に組み立てていくことができました。
721camping_4424
調理器具やまな板も置ける便利な機能があるだけでなく、コンパクトで収納時もかさばらないという魅力的な商品!とても使い勝手が良かったです。安定感があるのも、代々キッチン用品を扱い続けるパール金属(キャプテンスタッグブランドの会社)の大きな魅力といっても過言ではないでしょう。
721camping_8419
お鍋やフライパンは、マルチステンレスクッカー。取っ手を取り外すことができ、なおかつコンパクトに収納できるので、とても重宝しました。このセット1つで料理回りは十分やりくりできました。

キャンプサイトを便利、快適に過ごすため

721camping_6919
キッチン周りでもテント回りでも一躍買ったのは、CSクラシックス 木製4段ラック。食器や小物を置くのにとても便利です。もう1つ持っていけば、もっと小物をすっきりまとめられたと思いました。3段のラック(CSクラシックス 木製3段ラック)もあるようで、次回はキッチン周りにもう1つ買いたいです。

キャンプの必需品、闇夜を照らすランタン

今回は、フィールド ガスランタンリムーブ LEDランタンDXゴッド 暖色LEDランタンの3種類のランタンを持参。キャンプシーンに応じて、使い場所を考え使ってみました。
721camping_1624
フィールド ガスランタンは、パワーガスカートリッジPXを使ったランタン。実はガスランタンの使用は今日が初めて。使用時はとても緊張しましたが、よく説明書を読みながら作業を進め、無事明かりが灯りました。キャンプサイト全体を明るく照らしてくれるランタンです。

ゴッド 暖色LEDランタンは、闇夜のテーブルを柔らかい光で照らすランタン。テーブルに置いたり、テントでぶら下げたり、その時の気分に応じて使えます。最後に紹介するのは、リムーブLEDランタンDX。こちらはしっかり明るく、なおかつ取り外しができるので、夜道を歩くのに持ち歩いたりと、とても重宝しました。

就寝のお供は?

今回使用した寝袋は4種類。
(1)洗える人型シュラフ180
(2)洗えるシュラフ800
(3)フェレール 封筒型シュラフ1200
(4)ウォッシャブル シュラフ

(1)と(2)は、大型洗濯機で丸洗い可能。(3)と(4)は、裏地が外せて洗えます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(※写真左から(1)洗える人型シュラフ、(3)フェレール 封筒型シュラフ1200、(2)洗えるシュラフ600)

nebukuro
生地の厚さは、
(2)洗えるシュラフ <(3)フェレール 封筒型シュラフ1200

(2)洗えるシュラフは、軽くてやわらかく、速乾に優れた「ウルトラファインファイバー」が使用されています。使用温度目安が約12℃以上のため、少し暑さの残る時期にはピッタリなシュラフ。対して、家庭で使用する布団と同じふんわりとした感触を味わえたのは、(3)フェレール 封筒型シュラフ1200。使用温度目安が約7℃以上なので、夜露が残る肌寒い夜には最適でした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
裏地もしっかりとしており、保温性に優れていました。キャプテンスタッグのシュラフは「フルジッパー仕様」なので、夏場の暑い時期は広げて使用するのも良いでしょう。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(1)洗える人型シュラフは、特に保温力が優れていました。人型だからこそ、シュラフ内に隙間ができにくく、隙間風を感じることが一切ありません。シュラフのままで、動けるのも魅力的でした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回キャンプに持っていったもの詳細記事はこちら
■テント
【夏のテントは通気性が重要!キャプテンスタッグおすすめの快適テント】
■その他アイテム
【ファミリーキャンプ初心者の必需品と便利アイテムをキャプテンスタッグに聞く!】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る