空気を入れるだけで自立する「READY Tent」ファミリー向け新ブランド “M.W.M” より2019年10月リリース

公開日:2019 / 09 / 29
最終更新日:2019 / 09 / 29

今、ファミリー層に大人気のテントと言えば、2ルームテントやシェルターですね。

広さや居心地は満点だけど、立てるのに手間がかかって大変そう……。

そんな悩みを吹っ飛ばす、空気注入式のテントシェルター「READY Tent」が、ファミリーキャンプに特化した新ブランド “M.W.M”より、2019年10月下旬にリリースさる予定です。

「READY Tent」は、あっという間に立ち上がる!

設営方法はとてもカンタン!

グレーのフレーム2本と、天井のリッジポール1本に空気を入れるだけで、しっかりと立ち上がります。

専用ポンプでシュコシュコするだけ

専用の空気ポンプを使って、1人でもラクラク。

手早く設営を済ませ、お子さんとゆっくり遊べます。

アウトドア・アクティビティや、キャンプ料理に時間を充てることもできますね!

変幻自在なキャノピースタイル

付属のポール2本で、長いキャノピーを立ち上げれば、タープ風の屋根が出現。

ファスナーでサイドウォールを接続すると、シェルター風にトランスフォーム!

何通りにも使えるギミックで、様々なスタイルに対応します。

広々&かゆいところに手が届く!

サイドウォールを開けば、開放感あふれる広いリビングに!

インナーテントは高さ約195cm、床面は約280×280cmと、大人4人でも余裕の広さ。

サイドウォールと、テントの4面がメッシュになるので、涼やかに風が通り抜けます。

電源サイト利用時に重宝な、コンセント引き込み用のファスナー口もしっかり装備。

手間なしフライシート

フライシートは、画像右側のテント本体にあらかじめ接続済みで、立てるだけで全てが整います。

「あっ、フライシート入れ忘れた!」そんな悲劇ともオサラバ。

「READY Tent」なら、ゆったり充実したファミリーキャンプが楽しめそうですね!

2種のキャンプファニチャーもリリース

1. ロースタイルに最適なテーブル

キャンプライフをさらに盛り上げる、オシャレなキャンプファニチャーも発売されます!

ブナ材の風合いが美しいローテーブル「READY Table」は、幅約120cm、高さは約45cm。

4〜5名で使えるサイズ感で、重量は約9.5kg、耐荷重は約30kgだから、重い鍋を乗せても安心。

収納に便利なロールトップ式

天板はロールトップ式で、組み立てカンタン。

分解すれば持ち運びもラクラク。

2. クールなローチェア

ブラックで統一されたローチェア「READY Chair」は、包み込まれるような座り心地。

天然木のアームレストが好アクセントです。

コンパクトな収束式で、スタッフバッグも付属し、積載や収納に困りません。

フレームは頑丈なアルミ製、重量は約3.3kg、耐荷重は余裕の110kg。

大注目の “M.W.M” に、Check it!

ファミリーキャンプに特化した、“M.W.M”(エムダブリューエム)は、「いつでもキャンプ準備OK」がコンセプト。

設置に時間をかけず、その分家族の思い出をたくさん作って欲しい……。

製品には、そんな思いが込められています。

出来たてホヤホヤのブランドだから、他とあまり被りたくない人にもオススメ!

※テントは2019年10月下旬頃、テーブルとチェアは2019年10月1日(火)発売予定。

公式サイト:https://mwm-outdoor.com

アトリエばく 関 美奈子

武蔵野美術大学卒業後、絵画・工作教室経営を経て、デザイナー、アウトドアライターとして活動中。アトリエばく代表。

ガールスカウトでアウトドアに目覚め、高校生の時アメリカで体験したオートキャンプがきっかけで、キャンプが生涯の友となりました。キャンプ歴は約45年。気張らずにキャンプを楽しむための有用な最新情報をわかりやすくお伝えするのがモットー。

公益社団法人ガールスカウト日本連盟・キャンパーズライセンス取得
1982年度ニュージーランド・ガールスカウト・ガールガイドジャンボリー日本代表

Facebook
https://www.facebook.com/atelierbaku/

Instagram
https://www.instagram.com/minako_seki_atelierbaku/

Twitter
https://twitter.com/sekiminako

アトリエばく 関 美奈子の記事一覧