アーバンリサーチ初のキャンプ施設「TINY GARDEN 蓼科」が2019年9月21日(土)にグランドオープン

公開日:2019 / 09 / 18
最終更新日:2019 / 09 / 20

「Tiny Garden Festival」など、居/食/住/遊をテーマにした野外フェスを開催している株式会社アーバンリサーチが、宿泊滞在型施設を2019年9月21日(土)にオープンさせます。

その名も「TINY GARDEN 蓼科」。

八ヶ岳の麓、蓼科湖畔に佇むこの施設には澄んだ空気と穏やかな自然があふれています。

さっそくご紹介していきましょう。

「TINY GARDEN 蓼科」とは

「TINY GARDEN 蓼科」は、新宿から車や電車で2時間半、長野県茅野市内にある蓼科湖の湖畔に位置している施設です。

株式会社アーバンリサーチとしては初の試みとなるこの施設には、客室はもちろんのこと温泉やカフェ、湖畔をテーマにしたオリジナルファッションブランド「EKAL」やキャンプギア、地元野菜などを販売するショップが併設されています。

湖畔の綺麗な空気を味わいながら、様々なアクティビティで自然を感じ、温泉と客室で体を癒す。

そんな贅沢が「TINY GARDEN 蓼科」には待っています。

キャンプ・キャビン・ロッジの3タイプからなる客室

客室はテントサイト、キャビン、ロッジの3種類があります。

テントサイトではオートサイトとフリーサイトの2種類が選べ、白樺の木々に囲まれながら穏やかな時間を過ごすことができます。

テントサイトを取り囲むように立ち並ぶ24棟キャビンはファミリーキャンプやグループキャンプに最適な宿泊施設です。

「TINY GARDEN 蓼科」の目玉でもあるロッジは温泉旅館をリノベーションした建物です。

和室と洋室からなる計7部屋の客室には、アーバンリサーチのオリジナル家具やアメニティが揃っています。

蓼科温泉が併設

ロッジのB1Fには、蓼科温泉を堪能できる温泉施設が併設されています。

武田信玄の隠し湯として知られるこの温泉は弱酸性のさらりとした泉質で、訪れる人たちの体を癒してくれます。

湖畔でのアクティビティや八ヶ岳のトレッキングを楽しんだ後に体をさっぱりと洗い流すことができるでしょう。

ショップ・カフェスペース

ロッジの1Fには、ショップとカフェスペースが設けらえています。

高原野菜を使用したビュッフェスタイルの朝食や、地元の味を堪能できるコース料理など、蓼科の魅力を舌で楽しむことができます。

ショップでは、湖畔をテーマにしたオリジナルファッションブランド「EKAL」やキャンプギア、地元野菜などが販売されます。

TINY GARDEN 蓼科 - Camp, Lodge & Cabins –

住所:長野県茅野市北山8606-1 MAP

グランドオープン:2019年9月21日(土)

アクセス:
【車】中央道「諏訪IC」もしくは「諏訪南IC」より約30分
【電車】JR「茅野駅」よりバスで約30分「蓼科湖」下車後徒歩4分/タクシーで約25分

オフィシャルサイト:http://www.urban-research.co.jp/special/tinygarden/

翻訳アウトドアライター KON

アウトドア派な翻訳ライター。留学先で訪れたカリフォルニアでキャンプに目覚める。
学生時代から万年金欠。格安キャンプ術を考えることが趣味。

海外経験を活かしたアウトドア情報や金欠キャンパーに向けた情報を発信中。

twitter:@KON_camp

近藤 巧の記事一覧