あのコクーンがアップデート!コールマンの2020年春夏展示会は新作テント祭り

公開日:2019 / 09 / 17
最終更新日:2019 / 10 / 17

毎年恒例のこのシーズン。2020年の新作は大漁の予感!あの最高峰モデルもアップデートのコールマン2020年春夏展示会の模様をLANTERN編集部がレポート。

マスターシリーズに新ラインナップ


コールマンが誇る最高峰モデル「マスターシリーズ」。
長年蓄積されたノウハウ、研究をベースとして、日本の気候を考慮した機能性と最高の素材を組み合わせて作り上げられた最上位モデル。

展示会で新たに登場した3つのモデルを紹介します。

4Sワイド2ルームコクーン3




サイドキャノピーの搭載、インナーテント、ベンチレーションの改良など、これまでのコクーン2から大幅にアップデートしたコクーン3。今まで通り居住性の高さを維持しながら、今まで以上に快適さを体感できる工夫が随所に施されています。

コールマン2020年最新2ルームテント「4S ワイド2ルーム コクーン3」どこよりも詳しく解説!コクーン2とコクーン3の違いは?

4Sワイド2ルームカーブ




コクーンの機能をそのままにサイズダウンしてコンパクトになった4Sワイド2ルームカーブ。コクーンはちょっと大きすぎて…という方にちょうどいいサイズ感で、4~5人の家族やグループにピッタリ。2人で贅沢に広々使うのもいいですね。

4Sワイド2ルームエアリウム




オープンタープとドームテントが一体化した新しい発想のオープン2ルームテント。テントとオープンタープを上手に組み合わせて設営するのは案外難しいもの。

最初から連結されていれば、位置決めもしやすくポールも邪魔にならないので初心者にもピッタリです。


ちなみに、マスターシリーズのインナーテントの素材は、すべてコットンポリエステルになり、遮熱性と通気性が大幅にアップ。今まで以上に快適さが向上しています。

バタフライテーブル90(右)バタフライサイドテーブル(左)


軽くて人気の120サイズに加えて90サイズが新登場。さらに竹製で重量感のあるバンブーサイドテーブルが軽量グラスファイバーの天板になって新たに登場しました。軽くて持ち運びも楽々です。

1 / 2

LANTERN(ランタン)編集長 田川 浩徳

LANTERN(ランタン)二代目編集長。
日常がキャンプのような山と川に囲まれた自然環境で生まれ育ったので都会と人混みが苦手。キャンプの楽しさを伝えるべく日々奔走中。
日本オートキャンプ協会公認オートキャンプインストラクター。コールマンジャパンメンテナンスライセンス。

LANTERN編集長の記事一覧