キャンパー注目の新作は?mont-bell(モンベル)2019-2020秋冬 新アイテム展示会に潜入!

公開日:2019 / 07 / 16
最終更新日:2019 / 09 / 11

mont-bell(モンベル)の2019-2020秋冬の新商品展示会に、「LANTERN-ランタン-」が潜入取材。

順次発売される新作ラインナップの中から、キャンパー注目アイテムをピックアップ紹介します。

焚き火に!難燃性素材「フエゴ」シリーズにサムエや女性用パーカが新登場

モンベルが独自に開発した難燃性素材「フレアテクト」を使用したウエア、フエゴシリーズ。

焚き火などで火の粉を受けても、穴が開きにくい特長があります。

すでにフエゴエプロンや、フエゴハットなどが登場していますが、あたらしく3アイテムが追加されます。

フエゴ サムエ(男女兼用)

フレアテクト製の、日本古来の「作務衣」。

ゆったりとした着心地で、作業着としてや、キャンプ・アウトドアでのリラックスウエアに良さそうです。

こんなのを探していた!という個性派の方、きっといらっしゃると思います。

フエゴ サムエ イージーパンツ(男女兼用)

フエゴ サムエと合わせて着用したい、作務衣のズボンです。

フエゴ パーカ Women’s

男女兼用のフエゴパーカはすでに販売されていますが、こちらはレディースで、丈が長めにデザインされています。

難燃素材のウェアながら、無骨さやワイルドさは感じさせない、お洒落なシルエットが印象的。

焚き火が欠かせない、寒い季節のキャンプに行かれる女性は、注目です。

Helinox秋冬用アイテムも!冬用キャンプギア

mont-bellで購入できるキャンプギアの中でも、大人気商品のHelinox(ヘリノックス)製品や、ステラリッジテント用のスノーフライが登場します。

ベンチワン

総重量はわずか2,053gの、Helinox製の超軽量ベンチです。

コットと同じテンションシステムで、座り心地が良いとのことです。

ウィンターキット チェアワン

チェアワン専用の、保温材入りのオプションシートです。

ソロキャンパーなど、冬キャンプでも、軽量なチェアワンを使いたい方は、必見ですね。

ウィンターキット コットワン

同じく、コットワン専用の、保温材入りのオプションシートです。

コットの下側からの冷たい空気の影響を軽減でき、これがあるだけで寝袋のあたたかさも、かなり変わりそうです。

ステラリッジテント スノーフライ

mont-bellの名作テントの一つ、ステラリッジテント専用の、スノーフライ。

ステラリッジテントは、過酷な環境下で真価を発揮する、世界トップクラスの軽量性と剛性を謳うテントですが、スノーフライさえあれば、雪中でテント泊をしたいときに、防寒防風性を高められます。

グレイルの浄水ボトルに大容量モデル

ジオプレスピュリファイヤー

わずか8秒で水を浄化できる、グレイルの浄水ボトルの大容量タイプです。

有害物質除去率は、

  • ウィルス除去率 99.9999%(ロタウィルス、ノロウィスル、A型肝炎ウィルスなど)
  • バクテリア除去率 99.9999%(大腸菌、サルモネラ菌、コレラ菌、赤痢菌など)
  • 原虫除去率 99.999%(エキノコックス、ジアルジア、クリプトスポリジウムなど)

※製造元提供データ

取り替え可能な浄水カートリッジ式なので、繰り返し使用できます。

緊急時への備えはもちろん、野営やサバイバルに挑戦する方も注目のアイテムです。

ジオプレス カートリッジ

ジオプレスピュリファイヤー専用の交換用カートリッジです。

1つで350回(250L)を目安に使用できます。

秋冬Kid’sウェア新作!

確かな品質と、リーズナブルな価格で評価の高い、mont-bellの子供用アウトドアウェアにも、複数の新作が登場しています。

ライトサーマラップパーカ Kid’s(100-120 / 130-160)

冬でもアクティブに遊び回る子ども向けの、化繊の中綿入りアウター。

汚れても気軽に洗えるのが嬉しいポイント。

脇にはストレッチ素材が使われていて動きやすく、キャンプ・アウトドアだけでなく、登校・登園や、外遊びで日常的に着用するのにも、とても良さそうでした。

プリント コットンスウェット Kid’s(100-120 / 130-160)

肌触りの良さと、乾きやすさを両立させた、コットン・ポリエステル混紡のスウェットです。

肌寒い季節のキャンプ、アウトドアアクティビティから、普段使いまで、活躍の場は広そうです。

クリフパンツ Kid’s(100-120 / 130-160)

秋・冬・春など、肌寒い季節のトレッキングで、子どもに履かせたい、中厚手のトレッキングパンツ。

2WAYストレッチ素材や、独自パターンの採用により、動きやすさを重視しているとのこと。

ニットマフラー フォレスト Kid’s

カジュアルなデザインが目を引く、良質ウールの混紡糸を使用した、子供用マフラー。

冬キャンプで注目!高機能な防寒小物

晩秋から冬、春先にかけてのキャンプで重宝しそうな、防寒用アイテムの新作も多数登場していました。

クリマプラスニット イヤーウォーマー

フリース地「クリマプラス」のイヤーウォーマーです。

折りたたみ式。

エクセロフト キャンプシューズ

モンベル独自の化繊綿「エクセロフト」を封入した、キャンプ用保温シューズです。

「エクセロフト」は、保温性はもちろん、濡れに強く、汗抜けも良い特長があるので、蒸れやすい足を覆うシューズにするにはぴったり。

底は合成皮革で、滑りにくい仕様です。

防風グローブ|ウインドストッパー サーマルグローブ Men’s / Women’s

「ゴアテックス インフィニアム ウィンドストッパー ファブリクス」という、防風性と透湿性を高レベルで両立させた素材を使った、防風グローブです。

指先、手のひらには、滑り止めと補強を兼ねた、ヤギ皮を使用。

タッチパネル操作にも対応しています。

フリースグローブ|クリマプラス ニットグローブ Men’s / Women’s

暖かいフリース地「クリマプラス」のグローブです。

日常で使いたい、すっきりとしたシルエット。

こちらもタッチパネル操作ができるタイプです。

クリマエア ブランケット S / M

毛足の長いハイロフト構造で保温性に優れる「クリマエア」素材のブランケットです。

滑らかな毛並みで非常に手触りがよく、アウトドアで手元に置いておけば、肌寒いときに羽織ったり、腰に巻いて下半身の冷えを防いだり、活躍の場は多そう。

ダウン ブランケット L

ダウン(羽毛)の、やや大きめのブランケットです。

ホックで留めて筒状にでき、寝袋のようにすっぽり全身を収めることも可能。

寝袋の対応温度がもう少しほしいな、というシチュエーションでも、しっかり防寒ができそうです。

冬キャンプで完全防寒!真冬用のアウター

パウダーステップ パーカ Men’s / Women’s

スノースポーツや、寒い季節のトレッキングなど、冬の活動量の多い場面で活躍する、防水性と保温性に優れたアウターです。

温かい化繊の中綿として評価が高い、エクセロフトを、フード以外(身頃と袖)に封入しています。

価格はなんと、Men’s、Women’sともに、¥15,400(+税)!

スキーウェアや、スノーボードウェアとしても、しっかり機能することを考えると、このリーズナブルさがわかるはず。

パウダーホップ パーカ Men’s / Women’s

こちらは、エクセロフトを、フードを含む全面に封入。

パウダーステップ パーカよりもさらに暖かく、mont-bellのアルパインウェアの中でも、最も高い保温性を備えたスノースポーツモデルです。

価格は一回り上がりますが、それでもMen’s、Women’sともに、¥18,800(+税)です。

ドライテック インシュレーテッド ライトパンツ Men’s / Women’s

パンツは、薄手でも優れた保温性を発揮する「シンサレート」を封入した、軽量モデルが登場。

価格は、Men’s、Women’sともに、¥12,000(+税)。

冬キャンプの防寒はもちろん、これからスノースポーツを始めたい、というときに、高いウェアをいきなり購入するのは気が引けますが、そんな方にも最適なモデルになっています。

3 in 1 フォールライン パーカ Men’s / Women’s

インナーとセットになった、スノースポーツ用パーカです。

スノーレジャーのシーズンでも、真冬と春先では、まったく気温が違うもの。

気温に合わせて、3通りの使い方ができ(アウターのみ、インナーのみ、アウター+インナー)、これ一つあれば、様々な状況に対応できます。

イグニスダウン パーカ Men’s / Women’s

防風性と透湿性を両立させた、「ゴアテックス インフィニアム ウィンドストッパー ファブリクス」で、最高品質のダウン(羽毛:1000フィルパワー・EXダウン)を包み込んだ、軽量なフード付きダウンウエアです。

これは、木枯らし吹きすさぶキャンプ場でも、心強いですね。

スペリオダウン パーカ W0men’s

こちらは防風素材を使用していない、通常のフード付きダウンウエア。

ダウン(羽毛)は800フィルパワー・EXダウンです。

U.L.サーマラップ シリーズ Women’s(モデルチェンジ)

ストレッチ エクセロフトを封入した、行動着のダウンウエア「U.L.サーマラップ シリーズ(パーカ、ジャケット、ベスト)」Women’s がモデルチェンジ。

新しいカラーリングになります。

※写真はU.L.サーマラップ パーカ

冬キャンプの重ね着に!インナー着用で威力を発揮する防寒着

トレールシェル ジャケット(男女兼用)

運動量が多い場面に最適な、ストレッチ性に優れるソフトシェルです。

ライニングには、薄手のフリースを使用。

アウターとしてはもちろん、防寒性を高めるための重ね着でも活躍しそうです。

クラッグパーカ Men’s / Women’s

すでにラインナップにある、クラッグジャケットに、フード付がついた、クラッグパーカが新登場。

身体にぴったりフィットする、ソフトで薄手のジャケットながら、防風性と撥水性を備えます。

クラッグジャケットは個人的に愛用していますが、適度な保温性能で、春秋のキャンプやトレッキングにぴったりです。

クリマプラス シーリング シリーズ Men’s / Women’s

mont-bellのフリース素材の中で、最高の保温性を持つ「クリマプラス シーリング」シリーズが新登場します。

厚手で、ふっくらとした生地が特長。

  • クリマプラス シーリング ライニングジャケット  Men’s / Women’s
  • クリマプラス シーリングジャケット  Men’s / Women’s
  • クリマプラス シーリングベスト  Men’s / Women’s

の3商品が発売されます。

※写真はシーリング ライニングジャケット

メリノウールプラス シリーズ

高機能素材「メリノウールプラス」シリーズがモデルチェンジされます。

ウール生地の肌面に、吸水拡散性に優れるポリエステルを混紡。

保温性が高いのに、汗を早く吸水拡散するため、気温の低い環境での、ハイクオリティな行動着や下着として選ばれています。

モデルチェンジされるのは、以下のラインナップです。

  • メリノウールプラス アクション ロングスリーブT Men’s / Women’s
  • メリノウールプラス アクション ジップネック Men’s / Women’s
  • メリノウールプラス ボーダーロングスリーブT Men’s / Women’s
  • メリノウールプラス ハイネックシャツ Men’s / Women’s
  • メリノウールプラス ハイブリッドジップシャツ Men’s / Women’s
  • スーパーメリノウール M.W. Vネックシャツ Men’s

※写真はメリノウールプラス アクション ロングスリーブT

2019秋冬パンツ新作!

速乾性に優れるコットン素材「コアスパン」シリーズが拡充されます。

また、暖かな裏地起毛のストレッチデニムも新登場。

コアスパン カーゴパンツ Men’s

ポリエステル芯糸の周りをコットンで包み込み、コットンの風合いを持ちながらも、高い耐摩耗強度と速乾性を備える、コアスパン。

汚れて洗濯をしても乾きやすく、キャンプほか様々なアウトドアにぴったり。

カーゴパンツは、収納力のあるポケット付きの、防風性・保温性を考慮したモデルです。

コアスパン コーデュロイパンツWomen’s

すでにMen’sが発売されている「コアスパン コーデュロイパンツ」に、レディースが登場します。

コアスパン ランブラースカート

ストレッチ性が高い生地を使用した、アウトドア向けのスカート。

背面にスリットがあり、足上げしやすく、トレッキングなどで活躍しそうです。

ストレッチ サーモ デニム(男女兼用)

ストレッチ性を備えたデニムの裏地を起毛させ、暖かな感触に。

製品加工後に洗いをかけ、最初からはきやすく、また色落ちもしにくくなっています。

まとめ

秋冬新作ということで、キャンプギアは少なかったものの、近年、流行の気配を感じる「冬のソロキャンプ」という視点で見ると、ウエアを中心に注目アイテムが多数ありました。

mont-bellは、原則(終売品の在庫を一掃するためのアウトレット販売を除き)ディスカウントをしませんが、それは最初から価格を抑える努力をしているから。

ハイブランドと比較すると一目瞭然ですが、こだわりの品質がありながら、コストパフォーマンスに優れている特長のあるメーカーです。

そんな中、リーズナブルな価格帯の、スキー&スノボにも使えるアルパインウェア(パウダーステップ パーカや、パウダーホップ パーカなど)の登場は、最大の目玉に感じました。

mont-bellの担当さんに伺ったところ、「ウインタースポーツをこれから始めたり、久々にウインタースポーツを再開したり、というときに、気軽に手にとっていただけるアイテムです」とのこと。

また、ハイエンド品では、防風性と透湿性のあるゴアテックスで、羽毛を覆った「イグニスダウン パーカ」は、最高レベルの暖かさを保証してくれそうで、個人的には大注目です。

どれくらいの性能なのか、真冬のキャンプ場で着用してみたい、と思わせるアイテムでした。

寄金 佳一

フリーランス。「LANTERN(ランタン)」企画編集ディレクター。

自身でもキャンプ&アウトドア事業を手がけるほか、「asobi基地・関東 アウトドア部」代表など、親子向けのアウトドア活動を様々に展開する。親子キャンプ&アウトドア引率のべ約1,000名。

寄金 佳一の記事一覧