• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

湘南唯一のシーサイドキャンプ場 “映え”間違いなし!期間限定グランピングを開催

2018 / 12 / 22

湘南で唯一「海まで30秒」のシーサイドキャンプ場である『茅ヶ崎 柳島キャンプ場』で、期間限定グランピング体験できるイベントを開催。
都心からもほど近い湘南のシーサイドでキャンプができるスポットをご存知?インスタ映え過ぎる海のグランピングイベントは今だけ。

海まで30秒。シーサイド過ぎる茅ヶ崎柳島キャンプ場


「シーサイドっていうけど、どれくらい近いの?」
シーサイドといいつつ徒歩圏内じゃない、みたいなことはレストランやホテルあるあるですが、柳島キャンプ場はガチなやつです。キャンプ場内に入口とは反対側、防砂林を潜り抜ける裏口があります。ドアを開けばそこは海、そんな本気のシーサイドキャンプ場なのであります。

2018年から私営化されパワーアップ。注目アクション続々


茅ヶ崎柳島キャンプ場はもともと茅ヶ崎市営でした。市営の際にベーシックな部分をしっかり整えているのでその点も安心。その上で、2018年4月より満を持して私営化。早速フットワーク軽やかに様々なアクションを発信しています。グランピング体験もその一つ。今後ますます注目のキャンプ場なんです。何を隠そう茅ヶ崎市民である著者もそしてLANTERNも、いろいろと連携させていただきます。

茅ヶ崎 柳島キャンプ場HP

“映え”なグランピングはじまる・期間限定お早めに


グランピングイベントは2018年12月26日(水曜)~2019年3月17日(日曜)まで開催。
テント一張りの金額で1~2名が13,500円から、3~4名で15,500円からと、グランピングとしてはリーズナブル。初挑戦の方も普段通常のテント泊の方も泊まりやすい価格設定ではないでしょうか。

手ぶらでOKなまるで野外ホテル


テント泊と違ってインテリア等整っているのでキャンプが初めてという方でも安心です。
また宿泊のほかに、13~17時の間で利用できる日帰りプランもあります。手軽なデイキャンプのほか、“映え”を狙いたい女子のおしゃれピクニックにも狙い目ですよ。
詳細は以下のページをチェック!

グランピングイベント予約はこちら

JR茅ヶ崎駅から11分・都心から日帰りでもOK


サザンの桑田さんが「江の島が見えてきた 俺の家も近い」と唄われているように、まさにその立地。都心から江の島ドライブの距離感で楽しめるエリアにあるキャンプ場です。そうですここでキャンプを楽しめば、不随して湘南&鎌倉ドライブ、少し足を延ばせば箱根探訪もできちゃいます。茅ヶ崎良いとこ一度はおいで。

設備充実で初心者も即キャンパー


湘南ドライブのついでにキャンプができたらお手軽ですよね。「でもキャンプ経験がなく心配……」そんな方もご安心ください、初心者や初めての方にとっても優しい充実設備でシャワーもトイレも完備

。一歩キャンプ場を出れば買い物も遊び場もいくらでもある茅ヶ崎(現役市民が断言いたします)「キャンプで凍死したらどうしよう……熊に遭遇するかも……」そんな想像力豊かな方もキャンプに誘えます。山に出る前の入門キャンプスポットとしてもおすすめですよ。

湘南の観光スポットめぐり放題


湘南の範囲は……、これは非常にデリケートかつ難しいお話になるので割愛。とにかくついでドライブできる範囲に観光名所が目白押し。東は鎌倉やそのお隣の逗子、西は歴史ある大磯から少し先には小田原、箱根が。もちろん茅ヶ崎のサザンビーチやお隣の寒川神社もぜひに。アウトドアシーンにも影響をもたらした大作家で釣り師の開高健先生の記念館もありますよ。名産の生しらすも現地で食べてみてください。大きなイオンだってあるよ!

グルメな同行者もご満悦


出典:あさまる

しらす以外にも地産のバリューある食材がいっぱい。平塚には湘南エリアで初めて米の最上位である「特A級」に輝いたブランド米“はるみ”があります。JA湘南でゲットしてキャンプ飯にいかがでしょう? また外食では新鮮な魚介はもちろん、イタリアンからフレンチ、有名パティスリーにいたるまでグルメ通の方も楽しめるエリアです。

まとめ


“映え”過ぎる茅ヶ崎グランピングは期間限定です。大切なことなので繰り返します。

茅ヶ崎柳島キャンプ場はかくもキャラのたった魅力あるキャンプ場です。決して同胞がゆえの推しではありませんよ。海まで30秒、設備充実、初心者にも優しく、イベント等のアクションも期待大。しかも都心から1時間弱です。湘南ドライブの新しいネタにもどうぞ。

そしてただでさえ海で撮影し放題のキャンプ場で楽しめる映え過ぎるグランピングイベントは期間限定です。この機会を逃したら次回いつ体験できるか解りません。湘南シーサイドでグランピング体験ができるのは今だけ。チャリで帰れる距離に住む私ですが、期間中泊まらせていただきます。

アウトドアライター&クリエイター夏野 栄

山岳部出身のアウトドアライター。数多くの紙面やWEBなどの媒体で活躍。湘南の牛舎ガレージのアートディレクション廉プロデュース担当も務める。自転車ビルダーでもある。

夏野 栄の記事一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る