キャンプ初心者必見!グループキャンプのタイムスケジュールを公開

公開日:2017 / 10 / 05
最終更新日:2017 / 10 / 06

「キャンプって、実際何をするの?」という質問をうけることがあります。今回は、ランタン編集部が朝霧ジャンボリーでキャンプをした1泊2日のタイムスケジュールを紹介します。グループキャンプに限らず参考にしてみてください。

1日目
AM9:30 現地集合&買い出し

大人12名、子ども6名が参加したグループキャンプ。待ち合わせ場所は、「マックスバリュ-富士河口湖店」。
camp20160604_001_R
c0803_R
河口湖I.C降りて、車で6分程度のところにあります。
おすすめポイントは、

  • 営業時間が早い(AM7:00OPEN)
  • 路面駐車場が広い(見つけやすい)

点です。ここで食材やお酒などを買い揃えます。

【注意点】
キャンプを始めたばかり頃は、色々買い過ぎてしまうこと。1泊3食の献立を考え、買い出しすることをおススメします。
個人的におすすめの役に立つ食材は、「そうめん」や「パスタ」。

  • 大人も子ども食べれる食材
  • 腹持ちが良い
  • 余ったら持ち帰れる

AM11:00 チェックイン

rIMG_5273_R
※朝霧ジャンボリーの場合、管理棟とキャンプサイトは離れているので、焚き火を行なう方は、管理棟で購入してからキャンプサイトに向かいましょう。

AM11:30 場所を選び、設営へ

camp20160604_004_R
私のテントを張る場所選ぶポイントは、

  • トイレまでの距離(※子連れの時は重要です!)
  • 水場までの距離
  • 広さ(グループキャンプの時はみんながまとまっている方が楽しいです!)
  • 平坦(キャンプ初心者に限らず、傾斜地やデコボコしていると寝にくいです)
  • 遊び場があるか(※子連れの時は重要です!)

camp20160604_007_R
camp20160604_008_R
みんなで設営をします。
camp20160604_051_R
camp20160604_022_R
もちろん、子どももお手伝い。

PM1:00 昼食

camp20160604_083_R
camp20160604_110_R
「そうめん」。設営に時間がかかるので、昼食は簡単に調理できるのをおすすめします。
camp20160604_142_R
大人たちは、まずは乾杯。

PM2:00 子どもたちと一緒に遊ぼう

camp20160604_006_R
camp20160604_021_R
camp20160604_080_R
子どもたちは、遊びを見つける天才。大人も子ども一緒に自然と遊びましょう!
camp20160604_109_R
夢中で遊ぶ子どもたちに水分補給を忘れずに。

PM4:00 晩ご飯の準備開始

camp20160604_250_R
大人たちは火起こしをします。
camp20160604_202_R
IMG_0227_R
同時進行で子供たちはお母さんと一緒にピザ作り。

使用したのは、「LOGOS the KAMADO」。編集部おすすめギアです。
<関連記事>
2015年ロゴスの大ヒットアイテム!! 「LOGOS the KAMADO」でピザとダッチオーブン料理をつくる~編集長レポート~
「LOGOS the KAMADO」でピザを作る!~リベンジ編~
【子どもが喜ぶキャンプ飯】さけるチーズを使った創作キャンプ料理

PM6:00 お楽しみの晩ご飯

camp20160604_290_R
キャンプと言えば、カレー。子ども向けの甘口です。
camp20160604_289_R
ダッチオーブンで鶏と野菜をハーブで香りづけ。こちらは大人向けですね。
camp20160604_292_R
みんなで食べる食事は美味しい!

PM8:00 大人のための焚き火タイム

camp20160604_303_R
camp20160604_306_R
火を見ながら仲間と会話。いつも以上に楽しく、話題は尽きないものです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
女性が好きな焼きマシュマロ。焼いた後、リッツで挟んで食べるスタイルがおススメです。

PM10:00 就寝

IMG_0873_R
マナーは重要です。他のキャンパーに迷惑をかけないようにしましょう。
(※私の経験だとPM10:00消灯のキャンプ場が多いです。)

次ページは2日目・・・

1 2