• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

進化するアウトドアワゴン!これがあればテーブル不要!!-コールマン2018年春夏展示会-

2017 / 10 / 06

キャンプの時の荷運びはどうしていますか?

重たいキャンプ道具や、こまごましたギアも一気に運べる優れものの、アウトドアワゴンを利用しているキャンパーが多いですね。
これからキャンプを始めようと考えている方、既にアウトドアワゴンをお持ちの方は必見です。
2018年にコールマンのアウトドアワゴンに新たなオプションアクセサリーが追加されます!

コールマンのアウトドアワゴンをおさらい


累計販売台数20万台以上の販売実績を誇るアウトドアワゴン

使用時サイズ:約1,060×530×1000(h)mm
収納時サイズ:約180×400×770(h)mm
荷台サイズ:約880×420×310(h)mm
重量:約11kg
耐荷重:約100kg
付属品:フック付きラバーバンド、収納ケース


キャンプだけでなく、ピクニックや運動会など様々なシーンで活躍するアウトドアワゴン。最大の特長は簡単に折り畳めてコンパクトになること。専用のカバー付です。

何が拡充するのか?

今までは、荷物を運ぶだけの用途でしたが、オプションパーツでアウトドアワゴンがテーブルとしても利用できるようになります。


製品名:アウトドアワゴンテーブル
使用時:約100×55×6.5(h)cm
収納時:約56×27×5(h)cm
重量:約1.7kg

使用時のサイズが約100×55cmのアウトドアワゴンテーブル。既に販売されているナチュラルモザイク リビングテーブル/90プラスとサイズ比較してみると、

天板サイズは約90×60×40/70(h)cm

天板の大きさは、アウトドアワゴンテーブルの方が横が10cm長く、奥行は5cm短いです。

面積にしてみると
・アウトドアワゴンテーブル:5,500㎠
・ナチュラルモザイク リビングテーブル:5,400㎠
とアウトドアワゴンテーブルが若干大きいです。テーブルとしても十分な面積ですね。

天板の組み立ては、簡単!


天板を裏返すと、スリーブが付いています。

付属のポールを通します。

4辺にポールを通せば完成!所要時間もわずか1分でした!

写真のように開け閉め可能な設計です。必要なものを出し忘れた時など、取り出しやすく工夫されていますね。

天板を被せるだけで、4名で利用できるテーブルに早変わり。
キャンプ用品が多く積載に困っている方や、ピクニックで利用する方など多くのユーザーが待ちわびていた活用法ですね。

収納時は4分の1の大きさ

表は、汚れても拭き取りやすい表面加工になってます。

天板の折り目に沿って、折りたたむだけで4分の1の大きさへ。

使用しない時は、ワゴン本体と一緒に収納が可能。コンパクトに収まるのが嬉しいポイント。

ありそうでなかったレインカバー


製品名:アウトドアワゴンレインカバー

突然の雨にも対応できるよう、レインカバーも新しく登場しました。

まとめ

キャンプだけでなく、色々な場面で役に立つアウトドアワゴン。アウトドアワゴンテーブルとレインカバーが新たにラインナップに加わることで、さらに便利なりますね。キャンプはもちろんピクニックや運動会でも活躍間違いなしです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る