シーズニング不要!LOGOSが初心者におすすめする家庭で使えるダッチオーブン

公開日:2016 / 07 / 27
最終更新日:2017 / 02 / 23

キャンプ料理の『なんでも屋』ダッチオーブン。焼く、炒める、煮る、蒸す、揚げる、という5種類もの調理方法に対応します。今回は、はじめてダッチオーブンを購入する方におすすめのアイテムを、LOGOS東京店の店長であり、LANTERNのキャンプマスターを務める高橋岳さんに選んでもらいました。

ダッチオーブンのアピールポイント

ダッチオーブンは、鋳鉄(ちゅうてつ)と呼ばれる分厚い金属で作られた、蓋の上にも炭火を置ける鍋です。
上下から熱が送られるため、鍋の中の熱は円を描くように循環します。ムラなく加熱でき、蓄熱性・保湿性の高さが大きな魅力です。ずっしり重い鍋と蓋が圧力をかけ、素早く火を通します。
キャンプシーンでは、あらゆる料理に使われます。カレーやスープなどの定番料理から、パエリアやリゾット、鶏肉のオーブン焼きや塩釜焼き、燻製……活躍の場は幅広く、凝った料理も存分に楽しめます。

SLダッチオーブン

P7151039
LOGOSがおすすめするのはこちらのダッチオーブン。初心者の方がうれしい『2つの魅力』をそなえたヒット商品です。

魅力① シーズニング不要ですぐに使える

従来のダッチオーブンは、購入後すぐには使えません。
錆や焦げ付きを防ぐべく、『シーズニング』と呼ばれるお手入れが必要です。
焦げ付きの原因になる、鍋の表面の微細な穴をふさぐために、油を引いては加熱して、という作業を繰り返します。調理できる状態に辿り着くまでの手間が多く、「大変そう……」と購入をためらってしまう方も少なくありません。
こちらの製品は、あらかじめ焦げ付かないように作られており、シーズニングが不要。
購入したままの状態で、すぐさま調理を楽しめます。

魅力② IHヒーター対応で家庭でも大活躍

こちらのダッチオーブンは、IHヒーターに対応しています。
家庭で本格派の料理を楽しめるため、キャンプの頻度が高くないライトユーザーの方でも持て余しません。これ1つで家庭料理の幅がグンと広がります。
特に活躍するのは冬場。蓄熱性が抜群なので、時間が経ってもアツアツの鍋料理をいただけます。
Amazonで確認する

ダッチオーブンユーザーの便利な周辺アイテム

ウッドグリップリフター

wood
ダッチオーブンを熱すると、蓋の温度は100℃を超えます。蓋の開閉には、先端を引っかけて持ち上げられるリフターを使いましょう。木製のグリップには熱が伝わりません。
Amazonで確認する

ダッチミトン

miton
ダッチオーブンを取り扱うときは、必ず耐熱性のグローブを着用しましょう。軍手を使っているユーザーをたびたび見かけますが、熱を防ぐ機能はないため、とても危険です。こちらの製品はヒジまで覆ってくれるサイズで、安全性に配慮されています。
Amazonで確認する

ステンレスダッチゴトク

gotoku
高温のダッチオーブンは、置き場に困ります。家庭用の鍋をテーブルに直置きしないのと同様に、ダッチオーブンにも『ダッチスタンド』と呼ばれる鍋敷きが必要です。
こちらのダッチスタンドは11×11cmの手のひらサイズ。2つに分解できるため、収納に優れています。
Amazonで確認する

LOGOS SHOP東京店 店長 高橋岳

学生時代に、仲間とキャンプを始め、アウトドアの魅力に惹かれる。LOGOS入社のきっかけは、「玄関を一歩でも出れば、そこはアウトドア!」というコンセプトに共感したこと。現在はキャンプ初心者の方から、ベテランユーザーまでが幅広く来店するLOGOS SHOP東京店の店長に就任。

株式会社ロゴスコーポレーション
<店舗情報>
LOGOS SHOP 東京店
東京都江東区豊洲2-4-9 アーバンドック ららぽーと豊洲 3F map
TEL:03-5859-0673
営業時間:午前10時~午後9時

LOGOS SHOP の記事一覧