• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スクエアタープを一人で設営してみた。一人で設営するコツ、動画あり。

2017 / 08 / 09

キャンプの時のリビングスペースは、どうされていますか?
2ルームテントやテント+シェルターなど色々なパターンがありますよね。
今回は、タープを活用するシーンをイメージし、タープを一人で設営する方法を紹介します。
筆者も今までは複数名で設営した経験しかありませんでしたが、実際に設営してみると思っていたよりも簡単でした!

目次
▼早速、設営をしてみる
▼設営を動画で見る
▼スクエアタープを設営してみて
▼商品紹介

早速、設営をしてみる

手順1 中身を確認する


中には、タープ本体・ポール収納袋・ペグ収納袋(ハンマー、ロープ(張り綱)含む)が入ってます。

それぞれの収納袋から取り出してみると、メインポール2本、サイドポール4本、ペグ12本、ロープ10本(メインポール用ロープ2本、サブポール用8本)、ハンマーが入っていました。

手順2 タープを拡げる


写真は、タープを広げた半分の大きさです。

手順3 メインポールとタープを結合させる


メインポール用のロープには、深緑の模様がついています。
中心部には最初から結び目があり、ポールをタープの穴に差し込み、その結び目を引っ掛けてください。

以前のレポートでも取り上げましたが、風対策をします。
下から吹き上げる風などでタープが飛ばされないように、メインポールをロープで交差させることで摩擦力を高めましょう。

<関連記事>
【タープ連結】コクーンⅡ+ヘキサタープで快適空間をつくる!3つのタープ連結バリエーションとポイントを紹介

手順4 メインポール用のロープをペグ打ちする


写真のように、メインポール、ロープを配置します。
左右のロープはメインポールに対して45度くらいを意識し、ポールと同じ長さの位置にペグダウンします。
ペグを打ち込んだら、ロープを引っ掛け、自在金具を締めます。
この時にピンと張りすぎないように注意しましょう。これを両側行います。

手順5 メインポールを立ち上げる


片方のメインポールを立ち上げます。

次に、もう一方のポールを立ち上げます。

メインポールの角度を調整します。
スクエアタープの場合、メインポールを地面から垂直に立ち上げることを意識してください。

手順6 サイドポールを立ち上げる


メインポールと同じように、四隅にポールを差し込む穴がありますので、サブポールを差し、ロープを張りましょう。
サブポール用のロープには、黄色の模様が付いています。

タープを設営するコツは、

ポールに自在ロープを巻き付ける


巻き付けることで、強度がUPします。ちょっとしたひと手間を忘れずに!

タープの背骨をしっかりと張る


たるみがある時は、メインポールを地面から離さずに、ポール上部を外に傾けましょう。

タープの中心から対角線に引っ張る


中心から引くことで、テンションが均等にかかるので綺麗に張ることができます。

<関連記事>【タープ連結】コクーンⅡ+ヘキサタープで快適空間をつくる!3つのタープ連結バリエーションとポイントを紹介より

手順7 完成


今回は、メインポール用のロープ2本、サイドポール用のロープ4本のみで設営をしました。
風が強い時は、残り4本のロープを張り、強度を高めてください。

参考 メーカーサイトより

次ページ:設営を動画で見る

1 2

LANTERN(ランタン) - 編集長 中道 麦

LANTERN(ランタン)編集長。三人の子供の父。
キャンプ好きが高じてキャンプ情報メディア - LANTERN(ランタン)をつくる。
自然体験やアウトドア体験は、子どもの成長に必要と考える。

LANTERN(ランタン)編集長の記事一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る