【連載企画】新しいキャンプの教科書:第7回「車載別の積み込み例」

2017 / 08 / 08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

前回、車への「荷物の積み込みテクニック」をピックアップしましたが、使用する車種によっては積載スペースがことなるのは当然です。今回は車種別の積み込み例をご紹介します!

関連記事:【連載企画】新しいキャンプの教科書:第6回「荷物の積み込みテクニック」

ステーションワゴン


ミニバンに比べ高さがないので、天板やたたんだチェアなどは立てるなどして省スペースを図ります。座席側に不安定なものを積み、それを押えるように手前にクーラーボックスなどを並べると崩れにくいでしょう。

ミニバン


キャンプといえば大きめのクルマ、というイメージがありますが、後方に荷室のあるミニバンなら、小さいクルマでも荷物は十分詰めます。荷物を厳選してコンパクトにまとめれば軽自動車でもキャンプに行くことは可能です。

ワンボックスカー


荷室の高さを生かして2段にし、上段に安定する角形のものを積みます。2段にするための台はぴったりサイズに自作するのが手っ取り早く、テントサイトでサブテーブルなどに使えると、なおよいでしょう。

編集部まとめ

キャンプのことだけ考えた車種選びができれば良いですが、なかなか難しいところ。キャンプを初めてする方にとっては、使用する車の荷台スペースを考慮したキャンプ道具選びは重要な要素のひとつ。気に入ったキャンプ道具が持っていけないなんてことがないように、荷台スペースとキャンプ道具の寸法を事前に計測しておくことをオススメします。

新しいキャンプの教科書【池田書店】

アウトドアの基礎知識と、自然の中で快適に過ごすアイディア

・日常から解放されるためのキャンプのススメ。
・基本知識を丁寧に解説! 初心者向けのキャンプ入門にぴったり!
・テントやランタンなどの道具を使いこなすノウハウから、キャンプを盛り上げるたき火や料理のテクニックまで。アウトドア好きの遊び心をくすぐる情報が満載。
・キャンプの知識を災害時や困ったときに応用するアイディアも提案。(火を起こして暖を取る、お米を炊く、テントを張り寒さをしのぐなど、アウトドアでは当たり前の事が被災時に多いに役立ちます。)
・失敗しない米の炊き方、自然の中で遊ぶ方法、豪快な料理!お父さんが家族にいいところを見せられるノウハウが満載!!

■監修者:STEP CAMP
■発行者:池田 豊
■発行所:株式会社 池田書店
■定価:1,296円(税込)
■判型:A5横
■ページ数:144
Amazonで確認する

【連載企画】新しいキャンプの教科書

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ランタン取材コンテンツ実際に行った体験レポート!