• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2017年(春)LANTERN編集部がキャンパーにおすすめする「ふるさと納税ランキング」を発表!

2017 / 04 / 10

2017年4月1日付で総務省は、「(抜粋)社会通念に照らし良識の範囲内のものとし、少なくとも、返礼品として3割を超える返礼割合のものを送付している地方団体においては、速やかに3割以下とすること」という通達を出しました。

ふるさと納税に係る返礼品の送付等について
※総務省>関連資料>総務大臣通知より

今後、各自治体は上記の対応を求められることが予想されます。

そこで!!!

LANTERN編集部は、返礼割合が下がる前にアウトドア・キャンプなどの返礼品を勝手にランキングしてみました!
参考記事とともに是非参考にしてみてください!

LANTERN編集部がおすすめするランキング TOP 5を発表

第1位 コールマンオンラインポイント(初心者~上級者向け)


2017年よりコールマンは、長野県小谷村の「今後の未来を担う子どもたちに必要とされる “生きるチカラ”をやしなう自然体験活動」を賛同し、ふるさと納税をキッカケとして、自然豊かな小谷村の創生を応援すると共に子どもたちの自然体験活動の機会提供に貢献していくと発表。
※詳しくは、コールマンWEBサイトでご確認ください。
選考理由は以下。
・初心者から上級者まで全てのキャンパーに対応する商品ラインナップ
・オンラインショップで使えるポイントだから自分の欲しいアイテムが手に入る
・2017年3月下旬からスタート(※間もない)

関連記事
【超速報!編集部レポ】コールマンのオンラインショップで利用できるポイントがふるさと納税の返礼品に登場!

第2位 モンベルポイントバウチャー(初心者~上級者向け)


モンベルは、地方創生「ふるさと納税」を応援し、2017年4月10日現在、宮城県加美町、長野県小谷村、長野県大町市、大阪府千早赤阪村の4自治体が取り扱っています。
※詳しくは、モンベルWEBサイトでご確認ください。
選考理由は以下。
・取扱自治体が多いので、寄附者が自治体を選べる
・登山関連商品が強い

関連記事
【編集部レポ】長野県小谷村に寄附!ふるさと納税でモンベルポイントバウチャーを申し込んでみた!(前編)
【編集部レポ】長野県小谷村に寄附!ふるさと納税でモンベルポイントバウチャーを申し込んでみた!(後編)

第3位 ペレットグリルヒーター「KIRINSAN」(中級者~上級者向け)


足寄町で生産されている木質ペレット燃料「エコット」をアウトドアでを楽しむためのセットです。組立も簡単で、携帯性も抜群で、調理用グリルにも、暖房器具としても働く優れもの。
※詳しくは、足寄町WEBでご確認ください。
選考理由は以下。
・非常時、災害時にも活躍できる
・他キャンパーと被らない
・収納がコンパクト (縦)21×(横)61×(高さ)39.5cm

関連記事
時代のニーズに合わせ環境と共生する「マルショウ技研」
【LANTERN紀行】北海道足寄町ふるさと納税の旅 ~自然豊かな大地で育む地場のリアルを徹底取材 ~

第4位 スノーピーク手ぶらでキャンプ(初心者向け)


キャンプに必要な道具を全てスノーピークが用意してくれます。購入を考えられている方は、一度使ってからでも良いのでは?
※詳しくは、新潟県三条市(ふるさとチョイス)でご確認ください。
選考理由は以下。
・道具レンタルだけでなく、使い方のレクチャーがある
・大人2名・お子様3名の計5名様までOK(大人だけなら4名まで)

関連記事
【編集部レポ】スノーピーク キャンプフィールド(新潟三条)編集長レポート! 好条件サイト、トイレ&シャワーから近隣の温泉、買い出し情報まで

第5位 SOTOステンレスダッチオーブン(初心者向け)


シーズニング不要のSOTOステンレスダッチオーブン10インチST-910。ステンレス製なので、家庭用の鍋と同じようなメンテナンスで使用できるのが嬉しいポイント。
※詳しくは、長野県駒ヶ根市(ふるさとチョイス)でご確認ください。
選考理由は以下。
・シーズニング不要で初心者でも扱い易い
・キャンプだけでなく家庭のキッチンでも使える

関連記事
【編集部レポ】シーズニング不要!手入れも楽ちん「SOTO」ステンレス製ダッチオーブンと、料理のレパートリーが増える保温調理器で簡単調理!

編集長より

今回の総務省の通達により、「ふるさと納税」は新たな局面に入りました。
各自治体は返礼割合の引き下げを対応してくると思われます。納税(寄附)者側も「返礼品」だけでなく、納税(寄附)先の自治体との「付き合い方」を考えていく必要があります。

LANTERN編集部では、今後の「ふるさと納税」の展開を注視するとともに、地方の魅力とキャンプ、アウトドアの素晴らしさを結びつけた情報発信を行いながら、キャンプシーンをさらに盛り上げていくことを目指します。

LANTERN(ランタン) - 編集長 中道 麦

LANTERN(ランタン)編集長。三人の子供の父。
キャンプ好きが高じてキャンプ情報メディア - LANTERN(ランタン)をつくる。
自然体験やアウトドア体験は、子どもの成長に必要と考える。

LANTERN(ランタン)編集長の記事一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る