• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

滋賀県初のグランピング施設「Okubiwako Marvelous Green」琵琶湖を望む施設、プラン、見どころを紹介!

2016 / 12 / 22

2016年10月、滋賀県初のグランピング施設が高島市「奥琵琶湖マキノグランドパークホテル」にオープンしました。その名も「Okubiwako Marvelous Green(オクビワコ マーベラス グリーン)」、略して「OMG!」です。

四季ごとに姿を変える、奥琵琶湖という立地

slide3
「滋賀県の中でも湖北・湖西は風光明媚で有名。澄み渡る湖面から登る日の出は圧巻です!」とチーフマネージャーの磯石裕子さん。春は海津大崎でお花見、夏は湖水浴やカヤック、SUP(スタンドアップパドルボート)などのアクティビティ、秋は紅葉、冬はウィンタースポーツと、一年を通して楽しめるのがマキノの魅力だそうです。そんなマキノにある「奥琵琶湖マキノグランドパークホテル」だからこそ、「四季の移り変わりを肌で感じながら特別な時間を過ごしてもらえる自信がある!」と磯石さんは言います。

グランピングエリアがオープン!

テントは玉ねぎ型で有名なイギリス「ロータスベル」社のラグジュアリーテントです。全部で5棟あるテントはそれぞれコンセプトが違うので、どこに泊まるか選ぶのも楽しいですね。
%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%82%b9%e3%83%99%e3%83%ab

次ページで、5つのグランピングテントをご紹介します!

1 2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る