• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

滋賀県初のグランピング施設「Okubiwako Marvelous Green」琵琶湖を望む施設、プラン、見どころを紹介!

2016 / 12 / 22

2016年10月、滋賀県初のグランピング施設が高島市「奥琵琶湖マキノグランドパークホテル」にオープンしました。その名も「Okubiwako Marvelous Green(オクビワコ マーベラス グリーン)」、略して「OMG!」です。

四季ごとに姿を変える、奥琵琶湖という立地

slide3
「滋賀県の中でも湖北・湖西は風光明媚で有名。澄み渡る湖面から登る日の出は圧巻です!」とチーフマネージャーの磯石裕子さん。春は海津大崎でお花見、夏は湖水浴やカヤック、SUP(スタンドアップパドルボート)などのアクティビティ、秋は紅葉、冬はウィンタースポーツと、一年を通して楽しめるのがマキノの魅力だそうです。そんなマキノにある「奥琵琶湖マキノグランドパークホテル」だからこそ、「四季の移り変わりを肌で感じながら特別な時間を過ごしてもらえる自信がある!」と磯石さんは言います。

グランピングエリアがオープン!

テントは玉ねぎ型で有名なイギリス「ロータスベル」社のラグジュアリーテントです。全部で5棟あるテントはそれぞれコンセプトが違うので、どこに泊まるか選ぶのも楽しいですね。
%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%82%b9%e3%83%99%e3%83%ab

5つのグランピングテント

リンネル


唯一ウッドデッキの上に立ち、砂浜より高い位置から琵琶湖を眺望できるリンネル。リネンの優しい風合いがやわらかい空間を演出しています。

ヒュッテ


山小屋をイメージしたヒュッテ。松林内に立っているため、森の中にいるような感覚で琵琶湖の風を感じる贅沢な時間を過ごすことができます。

ラバース


上品でエキゾチックなモロッコの宮殿がコンセプトです。「ラバース」とは、出会った人とすぐに打ち解けられるベルベル語(モロッコの公用語)の魔法の言葉です。

ボンボン

bonbon
コンセプトはカラフル。明るくて楽しい、心躍る空間です。「ボンボン」とはフランス語でキャンディーという意味だそうです。

コーラル

ko-raru
コンセプトは外国のビーチリゾートです。部屋から寝転んで琵琶湖をのぞくと、水平線と同じ目線になるよう設置されています。

豪華な夕食・朝食つきプラン

夕食はアウトドアディナー

%e5%a4%95%e9%a3%9f
「アウトドアディナーでは、野菜・肉・海鮮・デザートのフルコースをご堪能いただけます!」と磯石さん。焼いた野菜をポトフとして楽しむためのスープや、締めのリゾットのためのごはんとチーズも用意されています。バーベキューの醍醐味となる肉はブロックのまま提供され、カッティングボードで切り分けてから食べるスタイルです。帆立やカニなどの海鮮も充実しています!デザートは、バーベキューコンロに入れるだけで完成する焼きリンゴと、串に刺したマシュマロです。野外調理の利点を最大限に活かしたメニューに、満足すること間違いなしです!
※ 季節により変更あり

朝食はビーチブレックファースト

%e6%9c%9d%e9%a3%9f
ビーチブレックファーストでは、かごに朝食を詰めて提供してくれます。ビーチサイドやテント、ホテルのラウンジなど、好きな場所で朝食をとることができます。メニューは、サラダ、スープ、ヨーグルト、パン3種。高島市の安曇川で採れたアドベリーのジャムや、高島産の柿など、地域ならではの食材を堪能できます。コーヒーは、自分で豆を挽きフレンチプレスで淹れるスタイル。朝から贅沢な1杯が楽しめます。
※ 季節により変更あり
※ 素泊まり・デイユースでの利用も可能

周辺観光は「メタセコイア並木」と「竹生島」がおすすめ!

shinryoku
metasekoiya
磯石さんがおすすめするメタセコイア並木は、延長2.4㎞にわたって植えられた約500本のメタセコイアがまるで外国のような雰囲気を思わせる人気スポットです。「奥琵琶湖マキノグランドパークホテル」からは車で10分、レンタルサイクルでは30分ほど。風を感じながらサイクリングで足を延ばしてみてはいかがでしょうか。
また、琵琶湖のパワースポットとして注目を集めている竹生島観光もおすすめだそうです。プライベートビーチの桟橋から直行便が出ているので、アクセスしやすいのが嬉しいですね(土日祝限定・要予約)。

「奥琵琶湖マキノグランドパークホテル」の今後の抱負は?

gramping_night
「アウトドアチェア作りやボタニカルキャンドル作り、朝日を見ながらのヨガ教室など、お客様に喜んで頂けるワークショップを開催していきたい!」と磯石さん。お花見、観月祭、星空の観賞会など、自然の中でくつろげるイベントの企画にも意欲的です。
「グランピングという最旬のスタイルで、時間を忘れて贅沢なひとときを過ごしていいただきたい。タイムリーでタイムレスなグランピングを目指します!」という言葉が印象的でした。
今後の「奥琵琶湖マキノグランドパークホテル」に注目です。

取材協力「奥琵琶湖マキノグランドパークホテル」
〒520-1812滋賀県高島市マキノ町西浜763-2 ▶MAP
公式サイトはこちら

関連記事:
【滋賀県高島市】四季折々、碧色のびわ湖を望む水の郷の魅力 キャンパーのための観光案内

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る