• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

あなたはどっち派?「コールマン」コクーンⅡVS「スノーピーク」ランドロック

2016 / 12 / 20

人気の2ルームテント。何といっても魅力はその「大きさ」。寝室とリビングが一緒になったオールインワンテントは圧倒的な居住性を確保しています。
前室の大型パネルを開け、タープと連結するとさらに利便性が高くなります。
LANTERN編集部が、2016年行なったキャンプ場での取材・撮影でも多くのキャンパーが利用していました。

その中で、「コールマン」ウェザーマスター(R)ワイド2ルーム コクーンⅡと「スノーピーク」ランドロックは国内最大級と言われる大型2ルームテント。今回は、編集部が実際にキャンプで使用した経験から、この2つのテントをサイズ、機能・装備、価格の3点で比較を行ないました。

比較1 サイズ
%e5%9b%b32

本体サイズは、全長:45cm、全高:15cmコールマンのウェザーマスター(R)ワイド2ルーム コクーンⅡの方が大きく、全幅は5cmスノーピークのランドロックが大きい。本体だけをみると、ウェザーマスター(R)ワイド2ルーム コクーンⅡに軍配が上がります。ただし、インナーテントは、スノーピークのランドロックがリビング側10cm、後側5cmとひと回り大きく、サイズでは1勝1敗ということになります。
最後に重量に注目。ランドロックの方が8kg軽いですが、フライシートとキャノピーポール2本は別売りで、それを加えた重量は約25.75kg。それでもランドロックが4.25kg軽いので、持ち運びを考えるとサイズの面ではランドロックが優勢

比較2 機能・装備

%e5%9b%b33
2つのテントを比較してみると、基本的な機能や装備に大きな差は見られません。では、全く違いないのか?というと細かい気遣いの差が見受けられます。

コールマンのウェザーマスター(R)ワイド2ルーム コクーンⅡは、「呼吸するテント」というコンセプトを持ち、高温多湿な日本の気候に対応するベンチレーションシステムを採用してます。ランドロックには無いルーフのベンチレーションやユーザビリティーの面で◎の評価。
また、面白いのが「クリアルーフフライ」。本体のルーフベンチレーションを開けると、クリアルーフフライを通して空が見える設計になってます。夜にリビングスペースから見上げると、テント内にいながら星空を眺めれます。
10003
もう一つ挙げると、サイドウォールの有無です。
%e9%ad%85%e5%8a%9b6
ランドロックにはサイドウォールがありません。
以前にご紹介した「【動画あり】スノーピーク・トルテュPro.ユーザーの編集長がその魅力を伝える!」にあるように、
8aa09ea6d7822fbb10331635d428d488
「トルテュPro.」には付いている装備ですが、ランドロックにはついていません。

一方のウェザーマスター(R)ワイド2ルーム コクーンⅡは、
10002
サイドウォールがあり、更にキャノピーをアレンジすることができます。これがあることで、横からの雨風を凌ぐときは特に重宝します。

以上のことから、機能・装備の面ではウェザーマスター(R)ワイド2ルーム コクーンⅡが一枚上

比較3 価格

本体価格をコールマンスノーピークのWEBサイトで比較してみると、
%e5%9b%b34
ウェザーマスター(R)ワイド2ルーム コクーンⅡが162,000円(税込)、ランドロックが159,000円(税別)と記載されてます。
ランドロックの159,000円×消費税8%を加えると、171,720円(税込)となり、約1万円ほどウェザーマスター(R)ワイド2ルーム コクーンⅡが安く購入できます。
また、ランドロックには無く、ウェザーマスター(R)ワイド2ルーム コクーンⅡには標準に付属されているものがあります。それはフライシートとキャノピーポール2本です。
ウェザーマスター(R)ワイド2ルーム コクーンⅡと同様にランドロックにフライシートとキャノピーポール2本を追加購入を計算してみると、
10001
ランドロック シールドルーフ 11,800円(税別)→12,744円(税込)
アップライトポールセット 7,400円(税別)→7,992円(税込)となり、
追加購入を合わせると、(ランドロック)171,720円+(シールドルーフ)12,744円+(アップライトポールセット)7,992円=192,456円 です。
つまり、3万円ほどウェザーマスター(R)ワイド2ルーム コクーンⅡが安くなり、価格の面ではウェザーマスター(R)ワイド2ルーム コクーンⅡが割安に感じる

次ページ:編集部の見解

1 2

LANTERN(ランタン) - 中道 麦

LANTERN(ランタン)初代編集長。三人の子供の父。
キャンプ好きが高じてキャンプ情報メディア - LANTERN(ランタン)をつくる。
自然体験やアウトドア体験は、子どもの成長に必要と考える。

LANTERN(ランタン)編集長の記事一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る